当サイトはアフィリエイト広告を使用しています 面白いトリビア

あなたはモスキート音が聞こえるか!?耳年齢を回復させる方法とは?

モスキート音とは未成年には聞こえるが大人になると聞こえなくなる

音の周波数です

 

 

人間が聞く事ができる音は20Hzから20,000Hzだと言われています。

加齢によって聞こえる音域が狭くなってくるというわけです。

 

人間は歳をとると高音が聞こえなくなってくる

会話の音域じゃないから気づかないけれど20代から徐々に耳が悪くなる。

 

 

 

モスキート音とはどんな音?

17,000Hzくらいの高周波音で蚊の羽音のような高い音

聞こえる人にはとても不快に感じる音である。

かなり耳響く音なので不快に感じる人は多い

 

人によってはイライラした頭痛になったりする。

 

こればっかりは聞いてみた方が早いです。

YouTube動画

モスキート音は何歳まで聞こえる?

モスキート音は20歳を過ぎた頃から聞こえなくなる人が増える

20代から聴力の老化が始まっているからですね。

加齢性難聴は気づきにくいですね

 

 

  • 10000Hz:60代の方まで聞こえるレベル
  • 12000Hz:50代の方まで聞こえるレベル
  • 14000Hz:40代の方まで聞こえるレベル
  • 15000Hz:30代の方まで聞こえるレベル
  • 16000Hz:20代の方まで聞こえるレベル
  • 18000Hz:モスキート音

 

 

このように徐々に高い音が聞こえなくなる。

モスキート音を使えば耳年齢をチェックする事ができます。

 

 

モスキート音 なぜ流す?

モスキート音(高周波、超音波)発生装置は音の聞こえ方が年齢や生物によって違う事を利用して

特定の対象に対して不快な音を出して(主に高周波域の領域の対象を撃退

 

※遠ざける。一定以上の距離に近づかせない・

 

 

モスキート音は元々、未成年が夜にお店でたむろしたりするのを防ぐために使われたのが始まり

嫌な音がする場所でわざわざ遊んだりしないので

自然とそういう未成年が夜に寄り付かないようになるというわけです。

 

 

大人は何も感じないけど子供には聞こえる不快な音が出せるため

的確に子供を排除できる

 

 

 

 

耳年齢は回復するの?

2022年現在、加齢性難聴を回復させるのは難しいというか不可能だと言われています。

だから、できるだけ耳へダメージを与えないようにしましょう。

 

 

イヤホンやヘッドホンを長時間つけて音楽を聴いたりするのは避けましょう。

スマホが普及したせいか長時間、イヤホンをつけて動画を見たり音楽を聴いたりする人が増えているので

聴力が衰えている人が多くなっているそうです。

 

気を付けたいですね。

 

 

まとめ

モスキート音は(高周波、超音波)で未成年だけが聞こえる音

不快に感じる音なので夜中にお店で若者がたむろしないようにするために使われたり

 

動物を遠ざけるために使われたりする。

またモスキート音の周波数を下げていきどの音域が聞こえるかで耳年齢が分かる。

 

 

モスキート音は聞こえないのですが何となく不快な感じがする気がするのは気のせいでしょうか?

ぜひ試してみてください。

 

この記事もおすすめ

iPhoneのスピーカーを掃除しましょう、爪楊枝とかで簡単に

 

 

イヤホンガンガン伝言ゲームのやり方と気をつけべきポイント

 

 

 

 

 

管理人の著書

 

-面白いトリビア
-, , , , , , , , , , , , ,