ブログ検索

ブログ検索

面白いトリビア

エベレストとチョモランマの違いってなんですか?

更新日:

エベレストとチョモランマは同じ山です。

しかし、名称が違うのはなぜか?というと

エベレストは英語、チョモランマはチベット語なんですね。

 

他にもいろいろな国でいろんな呼び方をされているそうですよ

 

 

 

エベレストのいろいろな呼び方

  1. チョモランマ(チベット語)
  2. サガルマータ(ネパール語)
  3. 珠穆朗瑪峰(Zhūmùlǎngmǎ Fēng)(中国語)
  4. 聖母峰(Shèngmǔ Fēng)(中国語)

 

こんな感じでいろいろな呼ばれ方をする

 

日本と違って大陸にある山だからいろんな言語の民族に見られているためいろいろな言語で名前がある。

日本では何となくエベレストがメジャーな呼び方だけど

国が変われば呼び方も変わる。

 

 

チベットの名前、ネパールの名前、中国の名前、そしてイギリスの名前がある。

世界一高い山だからいろいろな国で見る事ができる山、だからいろいろな名前がある。

それがなんだか面白いですね。

 

なんでエベレストと名付けたのか?

もともとチョモランマという名前があったのにエベレストと英語で名づけ直したのかは

植民地支配のエゴなんじゃなかろうかと僕は思っているのですが

1852年、インド測量局がチョモランマを測量した時に標高8840mと世界一高い山だと判明した

その時にインド測量局(Survey of India)で長官を務めたジョージ・エベレストにちなんでエベレストと命名された。

 

 

まさかのイギリス人名が由来!世界一高い山だと証明した機関の長官が由来というのはびっくり

思った以上に最近の呼び方なんですね、エベレスト

 

 

登山家の人にはエベレストという呼び方を嫌う人も

イギリス人が勝手につけた名前という事でエベレストという名前を現地言うのは失礼なんじゃないか?

と考える人もいるようでチョモランマという呼び方に統一している人もいるようです。

チョモランマの周辺にはチョモランマ国立公園とかサガルマータ国立公園などがある。

なお、エベレスト公園はない模様

 

 

確かに昔ながらの名前があるのに200年くらい前に侵略者がつけた名前を使うのは地元住人と良い関係を作るうえで邪魔。

例えるなら富士山に登る登山家がガイドに富士山以外の名前を使っていたら日本人は嫌な気持ちになるかもしれません。

それが侵略者が名付けた名前なら尚更ですね。

 

 

エベレスト登山中に現地住民とトラブルになっても誰も助けてくれない

そして殺されても見つからない可能性すらある。

 

何せエベレストで遭難して死亡するなんてのは珍しくないですからね。

 

 

まとめ

チョモランマとエベレストの違いは言語が違うだけです。

日本ではエベレストがメジャーなのは英語圏の国と仲が良い影響だと思います。

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

 

-面白いトリビア