ブログ検索

イベント情報

ハロウィンの日はいつ?準備するものとかあるの?

10月になると盛り上がるハロウィン

9月くらいになるハロウィン商戦が始まっていていつがハロウィンなんだよ!

 

とよくわからない人たちもいるかもしれません。

 

ハロウィンの日はいつなのか?ハロウィンを楽しむなら準備するものはあるのか?

詳しく解説していきます。

 

 




 

ハロウィンは10月31日

もともとはケルト民族、アイルランドが発祥のお祭り。

ケルト人の大晦日(10月31日)のお祭りで豊作を願うお祭りだったけど

 

カトリックの風習とかが混ざって現在の形になっているが

 

ハロウィンは10月31日だ。

 

イタリアのハロウィンは3日続く

10月31日のハロウィンから11月1日の「諸聖人の祝日」11月2日の「死者の日」までハロウィンをするみたいです。

伝統的なお菓子を作ったり、イメージとしては日本のお盆に近い感じですね

 

本場のハロウィンは子供たちが家を回ってトリックオアトリートしている事でしょう。

うん、想像すると、とても楽しそうな感じだ。

 

 

 

昔のハロウィンは年末のお祭りという側面が強い。

今で言うと大晦日みたいな意味合いだったんだと思います。

 

 

ハロウィンのイベントはだいたいその辺り、10月中にやる。

どこでどんなイベントをするかは9月の下旬には発表しているところも多い

なので早めに調べればハロウィンイベントに参加できる。

 



 

 

日本のハロウィン

日本のハロウィンはどちらかと言えば大人が楽しむ感じ

日本人は何かつけてイベントをするのが好きな奴らではあるけど

子供たちが友達の家とか御近所を回ってトリックオアトリートをするにはまだまだ

ハロウィンの知名度は低い

 

 

 

なのでお店が仮装パーティを主催したりコスプレイベントやったり、ディズニーランドとかの遊園地がイベントをするくらいで

大人しいものです、街全体がお祭りムードとかにはならないし。

 

 

 

ヨーロッパとかアメリカみたいにジャックオーランタン、かぼちゃのランタンを家の前に飾る事もない

そこはまあ、宗教的な意味に無頓着な日本人らしい。

 

 

 

なので家でハロウィンパーティをするなら仮装する服とお菓子を準備しとけば十分

特に準備らしい準備はいらない感じですね、日本式は

 

お店のイベントなら説明もあるしそれに従っておけば問題ないと思いますよ。

 

 

お菓子はたっぷり用意しましょう。

友達とハロウィンパーティをするならお菓子はたっぷり用意しましょう。

ビスケットやキャンディ、チョコ、クッキーなどなど

 

 

ハロウィン独特の気持ち悪い目玉風のお菓子とか指の形をしたお菓子なんかも面白い

 

 

お菓子ならなんでもいいけど、子どもたちが食べやすいようなお菓子がベスト

それを考慮すれば和菓子、洋菓子はあんまり関係ない

 

 

後は食事もするだろうからパーティ料理を並べて大人はお酒

子供はジュースを片手にワイワイやればいい

 

 

まとめ

ハロウィンは10月31日

家でパーティーするならお菓子を準備

お店のイベントならお店のルールに従えば問題なしですよ。

 

 

ハロウィンを家で行うならたっぷりのお菓子と料理とお酒があれば大丈夫

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

ハロウィンのタグ トップページ

 

 




 



-イベント情報
-

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.