仕事のやり方を変えるヒント

マタハラとは?流産の危険と防止策

更新日:

マタハラとはマタニティハラスメントの略で妊婦さんに対する嫌がらせ全般ですね。

電車でのマタニティマーク問題とかもありますが、育児休暇を取るのが後ろめたくなるような企業というのはあまりもお粗末。

確かに妊娠すると遅刻や早退が多くなったり休みも多くなるかもしれません。

「仕事が遅くなる、つらい(ーー;)」

これがマタハラをする人の心理です。

 

 

 

子供を産むというのは女性の一大事業であり、最も優先されるものだと思います。

妊婦さんでも働いてほしい女性というのは長期休暇を取られるとまずいと感じる人材ではないでしょうか?

 

 

 

 

一昔前みたいなお茶汲み要員だったら別にいらないはずです。

だから少しでも働いてほしいというのが企業の本音だろう。

ただ妊婦さんが業務中に流産するという事故も発生する。

 

 

 

責任感が強い日本人ですが、優先順位を間違えないでください。

 

 

出産が一番大事です。

 

 




 

マタハラとは?

どういう行為がマタハラに該当するのか?

マタハラとは妊婦さんに対して肉体的、精神的に嫌がらせをする行為を言います。

具体的な例で言うと

  • 産休・育児休暇を取らせない
  • 妊娠を理由に解雇や雇い止め
  • 妊娠を理由に残業の免除を受け入れない
  • 深夜勤務や夜勤の免除を受け入れない

これらの申請は法律で定められた当然の権利です。

そういった権利を侵害する行為をマタハラと言います。

 

 

厚生省はマタハラをこう定義しています。

  1. 従業員が妊娠・出産・育休の申し出・取得等をしたことを理由として、事業主が解雇その他の不利益な取扱いをすること。
  2. 職場におけて行われる上司・同僚からの言動により、妊娠・出産した「女性労働者」や育休等を申し出・取得した「男女労働者」等の就業環境が害されること。

 

状態に対するマタハラとは例えばつわりがひどい女性などもいますがそれに対して

 

「つわりがひどいなら会社辞めろ」

 

などと言ってくる馬鹿者がいたりします。

妊婦さんは多かれ少なかれ体に負担がかかっている状態です。

人生の一大プロジェクトにむかって一生懸命、仕事をしているにの足を引っ張るような言動をする人がいる事にがっかりする今日この頃

 

 

 

他にも大きくなったお腹や胸などに対して中傷的な発言をする事はマタハラに該当します。

最悪なのは中絶の勧告です。

いろいろ複雑な事情があれど産むと決めた女性に対して安易に中絶しろなんて頭が潰れても言えません。

 

 

 

世の中にはそういう事を平気で言うやつがいるみたいです。

実際にそういう事を言われ続けて流産してしまった女性もいるそうです。

 

 

妊娠中の女性にストレスを与え続けるというのがまず信じられない。

 

産休・育児休暇を取らせないのは法律違反

産休・育児休暇を取らせてくれない企業というのは法律違反です。

産休・育児休暇の法律
女性労働者は、出産予定の前に6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、出産後は8週間の休業をとることができる(労働基準法第65条)。

 

 

 

女性労働者が申し出た場合、産前・産後の休業については、契約期間の有無にかかわらず会社はこれを与えなければならない。 (参考:「ポケット労働法」2-9母性を守るために )
育児・介護休業は、「日々雇用される者」、「期間を定めて雇用される者」を原則と して適用除外としている。また、新入社員などを労使協定で適用除外とすることもできる(育児・介護休業法第2条、第6条)。

 

 

 

会社は、産前・産後の休業や育児休業、介護休業を取得することを理由に労働者を不利益に取り扱ってはならない(育児・介護休業法第10条)。

法律はあるけど知られてない感じですね。

 

 

 

今の世の中、共働きが多いし、子供が産まれたのなら今まで以上にお金が必要になる。

なのに職場では妊婦さんへの理解がなく
仕事を辞めさせようとする。

 

 

 

社会の発展を阻害するような行為だと思います。

というよりも、マタハラをするような企業は余裕がなさ過ぎる。

1人が長期休暇に入ったら同僚への負担が大きくなりすぎるとか、そんなことはないはず。

 

 

 

少なくとも妊娠がわかって産休を取る前にいくらでも引き続きやら対策はとれる。

それをやらないで妊婦さんに嫌がらせをするのは間違い。

 

 

 

新人に仕事を教えるチャンスだと思うんだけど(ーー;)

 

マタハラをされた場合

 

それとマタハラをされた場合。
音声を録音しておくと良いですよ。

辞めるにしても仕事を続けるにしても有利になりますし、職場の女性に録音した音声を聞かせれば味方になってくれるはず。

 

 

人事部の人に相談したり、弁護士に相談したりする時に証拠になります。

音声や動画を撮影しておくとマタハラの証拠になるし被害を訴えやすい。

 

女性であればいつ同じ立場になってもおかしくないですから。

マタハラから女性を守るために活動している団体もあるのであらかじめコンタクトをとっておくのも手です。

 

 

まだ、嫌がらせされてないけどいつ嫌がらせされても大丈夫なように知識と人脈を作っておくといいかもしれませね。

 

無神経な奴にはしっかりと対策しておかないとこちらが損しますからね。

ではでは(^○^)ノシ

 




 



-仕事のやり方を変えるヒント
-