面白いトリビア

フランチャイズの話に出てくるロイヤリティってどんな意味?

更新日:

フランチャイズの話になると必ず出てくるロイヤリティという言葉

いったいどういう意味なのでしょうか?

ロイヤリティについていろいろ調べていこうと思います。

 

まちゃこ
けいすけ(@kesuikemayaku)はロイヤリティって言葉をいつ知ったの?
けいすけ
マルチ商法に勧誘された時

 

 

まちゃこ
いきなりきな臭い導入止めてくんない?もちろん断ったのよね?
けいすけ
いや、入会したけどろくに活動しなかった口、結構面白い世界だったよ

 

 

まちゃこ
客観的な視点で見てたのね
けいすけ
俺のアップのアップがチェーン店のフランチャイズでオーナーしていたわけさ

 

 

まちゃこ
そこでロイヤリティって話を聞いたわけ。
けいすけ
そうそう、マルチ商法もロイヤリティとは切っても切れないものだしな

 

 




 

ロイヤリティとは?

ロイヤリティとはノウハウやレシピ、お店の名前、特許技術、制作物などを貸し出す時や販売した時に支払われるお金の事だ。

 

ロイヤリティの相場は契約によって決められる。

 

研究者の研究結果とかを借りて新製品を作る場合などにもこのロイヤリティ契約は必須

またソフトのライセンス契約などもロイヤリティという事になる。

 

特定の権利を利用する時に、権利者に支払う対価の事、権利収入とか不労所得とか言われているやつですね。

まちゃこ
つまりどういうコトだってばよ!!
けいすけ
簡単に言うと俺の作ったものを貸してやるから月謝を払えって事

 

 

まちゃこ
急に話が簡単になったのだけど
けいすけ
セブンイレブンのフランチャイズだと看板とか内装を同じにして更に仕入れのシステムも使わせてもらえる。

 

 

まちゃこ
セブンイレブンの仕組みを全部使わせるからその代わり売上の10%くらいを払えって事
けいすけ
まあ、そんな感じ名前や仕組みを貸して使用料を取ってるという寸法さ

 

 

 

 

ロイヤリティの具体的な例!

僕らの身近な所で言えば、ファミレスやコンビニのフランチャイズだ。

また、アーティストが作った曲をカラオケの機械に登録するのもロイヤリティが発生する。

後は、Kindleストアの電子書籍とかにロイヤリティが発生します。

これは印税です。

 

つまり、ロイヤリティとは持ち主から必要な物や権利を借りて商売する事をいいます。

まちゃこ
カラオケの曲も?
けいすけ
カラオケ屋というかカラオケマシーンの企業と契約しているんじゃないか?詳しくは知らんけど

 

 

まちゃこ
カラオケをすると何らかの形でアーティストにお金が入るのね
けいすけ
TSUTAYAのCDレンタルはこんな感じ

CDレンタル1回あたりの使用料
・作詞・作曲家:アルバム<70円> シングル<15円>
・実演家:アルバム<50円> シングル<15円>
・レコード製作者:アルバム<50円> シングル<15円>

 

まちゃこ
Kindleのロイヤリティって?
けいすけ
電子書籍を出版している人はAmazonに電子書籍っていう商品を貸している。だから売れたら売上の35%とか70%をロイヤリティにしている。

 

ロイヤリティとロイヤルティー

ロイヤリティには「ショップのロイヤリティを高める」などの使われ方をする事があります。

実は日本ではロイヤリティという言葉が2種類あってそれがごっちゃになっているからです。

 

 

冒頭で紹介したロイヤリティは

「ロイヤルティ(royalty)」という意味で

ノウハウやレシピ、お店の名前、特許技術、制作物などを貸し出す時や販売したりするとお金が支払われる契約を意味しますが

もう一つ「ロイヤルティ(loyalty)」は、誠実・忠義・忠実の意味で、
会社やショップなどに対する親密性や信頼性を指します。

 

僕の意見としてはロイヤリティとロイヤルティで使い分ければ問題ない

実際のところ、世間ではロイヤリティとロイヤルティで分けて使っている。

 

 



 

ロイヤリティが支払われるもの

  • コンビニフランチャイズ
  • ファーストフードのフランチャイズ
  • ファミレスのフランチャイズ
  • 特許技術
  • 本の印税
  • アーティスト楽曲
  • 商標など

ロイヤリティを支払わなくてよいものはロイヤリティフリーと呼ばれています

ロイヤリティとは権利収入の事だと思って間違いないです。

ではでは(^ω^)ノシ

 




 

 



-面白いトリビア
-,