日記

ワタミを例にして考えるブラック企業チェックリスト。

ワタミと言えば今や、ブラック企業の代名詞というほど

 

悪評が広まっています(2014年3月23日現在)

 

僕が考えるブラック企業の条件はこれです

 

 

 

スポンサーリンク

 

ブラック企業チェックリスト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 長時間労働
  • サービス残業
  • 社員を休ませない
  • パワハラ・セクハラの黙認
  • ハードワーク
  • 離職率が異常に高い
  • 人手不足
  • 個人の負担が大きいがリターンは少ない
  • アルバイトを雇った方がいい事態になっても雇わない(儲からないから)
  • 社員の生活をないがしろにする傾向
  • 怪我や病気になる人が多い。
  • 成果を上げているし会社も黒字だが昇給しない

 

長時間労働やサービス残業をさせる。

社員から不当に休憩時間や休日を奪う行為は最低。

 

パワハラやセクハラを黙認する会社なんてのもひどい

ハードワークについてはなんとも言えない

 

きつい仕事や仕事量をこなしていも高いお給料としっかり休憩時間や休日が設定されていればブラックとは言えないからです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

でワタミはというと、

 

過労自殺をした女性の例をあげてみると

「連日午前4時から6時までの調理業務」および「朝5時までの勤務が1週間連続」

「最長で連続7日間の深夜勤務を含む長時間労働」

「1か月の残業が約140時間」に達し「4月から6月の2か月間の残業は計約227時間」

「『休日』には午前7時からの早朝研修会やボランティア活動およびリポート執筆」

ソース

https://trivia-and-know-how-notes.com/matome/?p=8192

 

チェックリストと比べてみると

 

長時間労働

社員を休ませない

社員の生活をないがしろにする。

ハードワーク

 

 

きっとこの女性はプライベートな時間をもつことも許されなかったと思います。

家に帰って寝たいとしか考えられなくなっていたと思います。

 

ワタミグループには居酒屋の他にも

お弁当の宅配サービス「ワタミタクショク」や介護サービス「レストヴィラ」でも問題が発覚している。

 

 

ワタミタクショクでは安否確認もサービスに盛り込んでいたが実際には安否確認をせず

そのままにした。

ソース

http://megalodon.jp/2014-0323-1722-55/www.kimasoku.com/archives/7563441.html

 

 

レストヴィラでは介護ミスや怠慢な勤務態度が伺える。

ソース

http://megalodon.jp/2014-0323-1751-45/agentleaks.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

 

 

心に余裕が持てない

こんな状況になってしまうのは「心に余裕がない」これにつきます。

長時間労働と休日のない生活、ハードワークによるストレス

これが心の余裕を削り取ってしまう。

 

 

 

これはサービス業としては致命的だ。

ワタミに限らずブラック企業というのはスタッフのこともお客さんのことも

ちゃんと考えていない、ことが多い。

 

 

ひたすら利益だけを追い求めている。

これは短いスパンでビジネスをするにはいいだろうが

長期間、ビジネスをするならマイナスにしかならない。

 

 

完全出来高制の罠

 

ワタミタクショク配達スタッフは完全出来高制

車の管理費込です。

お金を稼ぐにはたくさんの家にお弁当を配らないといけない

安否確認を考えると完全出来高制は失敗だろう。

 

 

 

たくさん配らないといけないのに安否確認とか時間をとられる仕事を課しているのは

明らかなにシステム的なミスだ。

外国のようにチップがもらえるなら、こんなことにはならないだろうが

日本にはその習慣がないため、配達スタッフは数をこなさないといけない。

 

 

たくさん稼ぐために働いているスタッフがやりたくない仕事がある

これが問題だ。

 

 

ブラック企業かどうかは上層部の人間を調べればすぐにわかる。

 

 

マニュアルなどを読んでいくと必ずある。

非常識な文面

 

 

社員にハイリスクローリターンなことをさせるのが普通になっている。

環境

 

 

ワタミで言えば理念集がそれだと言える

「365日24時間死ぬまで働け」、「出来ないと言わない」

 

『「仕事は、成し遂げるもの」と思うならば、「勤務時間そのもの」に捉われることなく仕事をします。

なぜなら、「成し遂げる」ことが「仕事の終わり」であり「所定時間働く」ことが「仕事の終わり」ではないから』

 

 

365日24時間働けという考えかたはむしろ

ハイリスクハイリターンな経営者のマインド(考えかた、姿勢、行動)

時給1000円のアルバイトや月給20万円~30万円の正社員にそれを求めるのは酷だ。

 

 

もしあなた会社もブラック企業チェックリストでチェックしてみてください

3つ以上当てはまるなら、ブラック企業だと思いますよ

 

 

自分の裁量で仕事ができない

自分のペースを保って仕事ができない

上司や上の人間からの指示が絶対になっている。

 

 

はっきり言ってストレスが溜まります。

マニュアルがあるのは当然ですがある程度、休憩や力を抜く時間は必須です。

 

それが休憩時間であり休日、ワタミの場合は休日すらも使わせなかった。

真面目な人ほど損をして不真面目に仕事する人が結果的に得をするシステムになっている。

 

 

 

 

 

 

関連記事

マジでウンザリ!しつこい営業電話の断り方って?

ハローワークの求人を見てブラック企業を見分ける!その見分け方は?

定時で帰る!工場勤めの仕事管理術!こんなに時間に余裕ができる

労働基準法が2015年に改正されたそのポイントはブラック企業潰し?解説します。

労働組合を頼って団体交渉しよう!ブラック企業を良くするにはそれしかない!

中小企業はブラック企業になりやすい。見極めるポイントとは?あなたの勤めている会社もブラックかもしれません。

ハローワークの求人票にアットホームな会社と書かれているけど実際はブラック企業の可能性大

パワハラがひど過ぎ!ブラック企業への対策

ハローワークの求人を見てブラック企業を見分ける!その見分け方は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

-日記
-

© 2020 トリビアとノウハウノート