ブログ検索

結婚・離婚

再婚禁止期間が6ヶ月な理由とは?理由を聞いても2015年の科学技術から見て納得いかん

男性は関係ないけど女性は離婚したら6ヶ月は再婚禁止という法律があります

なんだか理不尽な気がしますがこれには理由があって

 

 

生まれてくる赤ちゃんが離婚した夫との子供なのか現在、結婚した子供なのかわからないというのが理由

ただ、今の時代、妊娠を検査する精度も高いし、DNA鑑定があるわけだから法律自体が古臭いよな。

 




 

法律婚ができないだけでお付き合いも結婚式もできる。

この法律が無意味だと思うのはDNA鑑定があるじゃないという事もあるし

男性とのお付き合いを禁止できないという事です。

 

 

 

事実婚、内縁の妻にする事もできるし、結婚式だってあげられる

当然、夜のお付き合いも禁止できない時点で無意味だと言える。

 

昔は父親が確定しないのは不味いと思って自粛したかもしんないけど

今はDNA鑑定あるわけだからそこまで気にしないでしょ。

 

100日に短縮しろという意見もある

離婚後100日も経てば妊娠してないのはすぐにわかる

再婚禁止期間を6ヶ月から100日しろという意見もある。

僕は賛成ですね、だって再婚禁止期間と言っても明確に前の夫と今の夫との関係が

ちゃんと区別つくでしょ3ヶ月とちょっとあれば

 

医者の証明書とかDNA鑑定をすればいいだけの話だからそう思うのですが。

 



 

女性差別だ!という意見もあるようで

こういう法律にありがちだけど差別だ。

法律変えろという意見も出ている

これは頭り前の流れなのかもしんないね

男性は離婚してすぐに再婚できるのに女性は6ヶ月も待たないといけないなんて

差別と言うよりも体の違いとそこから生じる問題を回避するための区別なんだろうけど。

 

もはや科学技術で生まれた子供がどっちの父親かなんてわかるわけだから

意味がなくなっているのは確かなんだろうな

 

こういう部分で女性は大変ですね。

優遇されている部分もある気がしますが

ではでは(^ω^)ノシ

 




 

 



-結婚・離婚
-

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.