社会問題 時事

反安保、左翼のデモは人格攻撃に走りがち

更新日:

反安保デモが2015年、話題になりましたが反安保、左翼のデモはどうしても

人格攻撃や感情的な主張が多いように思う。

安保反対派のデモを見たあとに安保賛成派のデモをみてその差は歴然でした。

 

左翼は人格攻撃、罵詈雑言をあびせるようなことばかりのような気がしますね

Twitterでもその事が言及されていました。

 

 




 

 

ツイート

 

 

 

 



 

 

Twitterの反応

だって、政策批判出来るおつむ持ってないですもん

 

 

感情論と憲法盲信の教条主義ですからねえ

 

 

辺野古では基地内のパーティーに参加する子供に、反“新基地”派の人が「乞食」と罵声をあびせるもっと酷い事例もありまして。政治家や政策立案者ではなく、地元の子にこの仕打ちですから。

 

坊主憎けりゃ袈裟まで、と言いますが、自分たちに同調しない全てのものを憎むようなあの負のエネルギーはどこから生まれてくるんでしょうね

 

 

反対派の中でも、発言に気をつけようというツイートは見たのですが、それ以上に反対アピールが目立ってて、この件をどう考えてるのかとかが見えません。

最近、沖縄での活動は先鋭化してますよね……変な事件に発展する前に機動隊出したのは正解だと思いますよ。

辺野古でやってる反対派が使ってないのは火、刃物、爆発物、銃火器位ですかね(沖縄県外では爆発物使用例あり)。あと反対派がやたらと機動隊の言質を取る傾向にあるので、機動隊はそこに留意しつつコントロールでしょうか。

 

ああいうのは戦略的にやっているのではなくて、自分たちが楽しいと思う行為をやってるだけなので、それで満足して終わりなんですよね。

 

ほんと、政治的な主張の皮を被っていなかったら、たんなる路上●◎○ーとかわらないですよね(下品な表現で失礼)

飽きずにまだやってるんですかw

すぐに信号渡れたんで、最盛期よりだいぶ人数へった感じですかね(笑)

争本能がありますから、大義名分のもと他人を叩くのは楽しいでしょうね

すでに言葉の暴力ですからね
あれがクラスメイトに向くと、いじめになるわけです。
イジメより“正義感”なる厄介な自己正当化が加わるのでよりたちが悪いかと
まともに政策を語れる知能がないからヘイトスピーチ紛いの真似しか出来ないんですよ。完全な自慰行為です。
○○◎ーしてる姿を衆目に晒して恥ずかしくないんですかね。露出癖かな?
羞恥心という概念があればとても出来ない恥知らずな行為です

筆者の感想

どんな事でも具体案を出さずに感情論や印象操作しかしない人っています。
そういう意見は耳を貸す必要がないと@kesuikemayakuは考えます。
具体的な対案や具体的な指摘がないというのはぶっちゃけ誰でも主張できるからです。
理論的な主張こそ、民主主義で我を通すために必要な事。
感情的になり他人の人格を攻撃するような事はリベラル、保守どちらでもやってはいけない
大切なのは議論の余地がある事。
議論ができないのならはっきり言って主義主張を振りかざすな!とすらおもえます。

 

 

関連記事

ヘイトスピーチとは?わかりやすく解説!

 

反差別を訴える人の方が差別的なのではないだろうか?

 

LGBTの問題点・・・日本の場合は?2018年7月のLGBTデモってどう思う?

 




 

 



-社会問題 時事
-,