仕事のやり方を変えるヒント

女性の平均的な給料が低い理由と対策?

女性の給料というのは低いというイメージがあります。

実際に調べてみれば女性の平均年収は男性の平均年収と比較すると

年齢が高くなればなるほど格差が出てくる

 

 

女性の場合は非正規雇用、派遣社員や契約社員が多いというのもありますが

結婚や出産など人生の節目があり、会社を休職したり退職したりして

その後、正社員として復帰するのが難しいという背景もあります。

 

 


 

 

女性の管理職は少ない

また女性の管理職が少ないというのもある

管理職になりたがらない女性が多いというのもあるけど

まだまだ、男性が有利になる仕組みがあるのかもしれんね

 

後、女性の平均的な給料が安いのは非正規雇用が多いせいもあるけど

専業主婦をしている人も多いからだと思う。

 

家の中で家事だけをしている女性ですね

大変な仕事だけど給料は出ないからな。

 

そんな事情もあって貧困女子なんて言葉もあるくらいだ

 

 

若い女性が中心だから

最近じゃ兼業主婦も増えてきたけど

結婚して寿退社なんてパターンもそれなりある。

 

子育てが一段落してから再就職という形になる

やっぱり、お給料は低くなる。

 

そもそも、寿退社してそのまま専業主婦という人もいるという事は

 

男性の労働者よりも女性の労働者は少ない

男性の場合は年齢層が満遍なくいるわけだから当然、平均も大きくなる。

 

 


 

 

日本では女性と男性のお給料の平均が同じになる事はないのでは?

 

女性の賃金が同じ年齢の男性と同じくらいになるのは日本ではなかなか難しいのかもしれませんね

結婚せず、キャリアップを続ければ給料は高くなるけど

結婚や出産をせずに人生を過ごすのは多くの女性は嫌だと思う。

 

 

日本の女性は意識として責任ある立場になりたくない

お金はほしいけど正直面倒臭いと考えている。

 

社内で出世してやろうという意識は低いのかもしれません。

 

 

そうなってくるとやはり会社の給料以外から収入を得る事が必要になってくるわけです。

 

貯金という手もありますが結局どん詰まりなのは変わらないという事も頭に入れておきましょう。

女性にこそ副業や投資が必要なのかもしれませんね

ではでは(^ω^)ノシ

 


 

 

 

 

トップページ

-仕事のやり方を変えるヒント
-, ,

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.