日記

少子化の原因は未婚率の高さと晩婚化にあった

更新日:

タイトルの通りだけど
男女が結婚しないことには子供は増えないわけで

まあ、結婚しなくても子供は産まれるパターンもありますが

それは除外で。

少子化の原因は
若い男女の未婚率が高くなっていることだ

1970年代の25〜29歳の男女、未婚率は大体45%だったが

2014年は未婚率が71.8%だ

 

 

ソース

 

https://megalodon.jp/2014-0617-1528-46/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140617-00000037-jij-pol

 

,

 

 

若い頃に産んだほうが楽

生物学的に考えれば20代に子供を出産した方が母体にとっては楽。

30~40代で出産というのはなかなか難しい。

年をとれば取る程、出産するための能力は低下してしまうからだ。

 

 

実際の所、結婚する年齢がドンドン高くなっている感じ

 

結婚も30代くらいからが多くなる
晩婚化が進み

歳をとればいろいろ衰えてくるので
子供を何人も産めない。

 

 

不妊症の女性も出てきます。

では何故、若い世代の未婚率が増えているのか?

 

 

 



 

経済的な理由が晩婚化を招く

 

 

それは経済的な理由が大きい

正社員になれず派遣社員などの非正規労働者が多くなり、給料も安い。

女性も子供を育てながら働かなければならない状態なのに、子供をあずける

保育所が足りていない

かと言ってフリーのベビーシッターに依頼するのも不安な状況です。

 

 

こんな状況で結婚できる人は少ない。
恋人はいるのに結婚に踏み出せない理由はこれしかない。

結婚ができるくらいの、経済的余裕がでてくるころには出産適齢期が過ぎているというわけだ

出産は若いうちにしておいた方がいい。

 

 

出産できる年齢は41〜42歳が限界だと言われています。

閉経になる年齢が51〜52歳なので
大体閉経する10年前が出産できる最後のチャンスです。

経済的な理由さえ改善できれば結婚する
男女も多いので労働問題が改善すれば

多少は少子化対策になる

 

 

少子化対策としては若者が結婚できるような、環境作りが大切

これは、僕の経験だけど長時間労働した後に、女性との出会いを求めるのは正直
体力がもたない。

 

 

それに長時間労働しても給料は高くない
という現実に打ちのめされてしまって

結婚なんて思いつかないですよね。

 

 

もちろん、低賃金な環境でも結婚する男女はいますが少数派です。

晩婚化、未婚率の高さ、少子化問題、長時間労働、なんだかんだで繋がっているような気がします。

 

 

女性が出産して職場に復帰できる環境を整える事が重要

早く結婚して早く出産できる環境を整えるなら、二つの道があって

一つは女性が妊娠出産した後、子供を保育園に預けて速やかに職場復帰できる環境を作る。

もしくは旦那さんの給料が上がって奥さんが子育てに専念できる環境を整える事です。

 

少子高齢化を止めるなら個人の収入を上げて子育てしやすい環境を整える事が大事ですね。

 

 

ではでは(^○^)ノシ

関連記事

5歳児無償化、年収360万円から実施、少子化解決か!?

少子化の原因は未婚率の高さと晩婚化にあった

 

アラサー男子が結婚できない、切ない理由

 

少子化の原因と対策の中心で愛を叫ぶ!

 

 




 



 




-日記
-,