ブログ検索

法律とは簡単に解説 社会問題 時事

戦争法案反対運動をしている奴らは2進数でしか物事を見れない機械脳

戦争法案反対運動をしている奴らは余りにも考えが浅いと思う。

日本国民の中で戦争がしたい人など誰もいない。

戦争というのは日本にとってデメリットしかないからだ。

戦争というのは国にとってメリットがある場合や侵略があった時のみ行われるという事を頭に入れた方がいい。

 

 

誰のための安保法案

ここで注目したいのは安保法案はどこの国に対しての牽制かと言うことだ。

安保法案が改正した内容はざっくり言うと日本の危機に対してアメリカと連携して軍事行動が取りやすくなったというだけ

ここで困るのは尖閣諸島やサンゴの密漁などアジアでやりたい放題している中国に対しての牽制になる。

 

 

安保法案自体はアメリカと協力体制を作って日本を守りやすくする意図で作られています。

 

 

日本の周辺国に対しての警戒

韓国や中国、ロシアなど領土問題で日本ともめている国は多い。
日本としてはそういう背景があるからこそアメリカとの連携を密にしたいという思惑があるのだろう。

 

 

 

 

安保法案、改正=戦争開始という謎理論

戦争法案反対と言っている人は安保法案が成立すると戦争が起こると言っているがその理論には穴がある。
日本が戦争をする理由が全くない

 

 

確かに不景気だなんだと騒がれちゃいるけど経済は上手く回っているし
あらゆる分野で進歩があるのが日本だと1日本国民としては感じるわけです。
なのに戦争をする可能性が高くなると戦争法案反対派の人は言うわけです。

 

何も知らない人がデモとか聞いてると安保法案が実施されると日本は戦争する国になるという印象になるが絶対にそんな事はない。
軍事行動というのは金食い虫だし敵がいなければ戦う意味もない。

 

 

憲法九条を守る会みたいなのが憲法を改正すれば戦争が起きる。

安保法案が可決すれば戦争が起きるという主張は全くのでたらめ

国民が侵略戦争を許すはずがないし、更に言えば戦争を行うメリットもない。

 

戦争法案反対という人は戦争をよくわかってない

僕自身、経験していないのでどういう物なのかは知りません。

しかし、戦争は利益か侵略者がいないと成立しないというのは確か。

それを理解しない限り愚かな主張になってしまう。

 

 

 

戦争法案は違憲だ!なんて言う前に

じゃあ自衛隊はどうなるんだ?

という話しになる、安保法案を違憲だと指摘するのならば自衛隊こそ違憲ではないだろうか?
自衛隊を解散したらあっという間に侵略される可能性がある。
外交をしても舐められると思う。

 

 

 

-法律とは簡単に解説, 社会問題 時事

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2019 All Rights Reserved.