ブログ検索

ブログ検索

旅行へ行く前に身に付ける知識

格安バス旅行って危険じゃない?

更新日:

軽井沢スキーバス転落事故があってからやたらとバスの事故が発生しているような気がしますが
これは単に今まで報道されてない事故がピックアップされているからですね。
今回は格安バス旅行は危険じゃないか?という視点で書いていこうと思います。

 

 

 

 

バスの運転手はハードな仕事。

お客さんを乗せて長距離を走るバス。
バスの運転というのは車に比べても疲れやすいと思う。
1泊2日なら休めるけど日帰り旅行になると1日で往復しないといけないというのはかなり厳しい。
バスの運転手はハードワークだと知っておいてください

 

 

東京から長野とか東京から山梨へ、毎日長距離の運転をしていれば疲れるのも当然。

長時間、車の運転した事がある人なら分かると思いますが車の運転というのは体力も遣うし、神経を研ぎ澄ましておかないと事故を起こす。

ましてや、バスになるとめちゃくちゃデカいから事故を起こさないように運転するのはかなりしんどい

 

 

激安バス旅行は薄利多売

 

日帰り旅行バス旅行なんか1人5980円とかでその中から食事代とかを出してる。
中にはお金がかからないプランもあるけど、食べ放題ツアーとかになるとその分の料金が支払われるから

実際のバス会社の利益は2000〜3000円だと思う。

 

 

 

四捨五入して1人6000円だとして20人で120000円だ。

そこから経費が引かれて残るのは1人あたり3000円くらいなのではないだろうか?
つまり6万円しか稼げない。

利益の薄さは手数でカバーするというのがセオリー

 

 

安いというのはお客としては嬉しいけど、労働者としては給料が安くなるし

仕事も多くなるから嫌な事です。

 

 

一人3万円くらいのバスツアーなら1人辺り1万円の利益が出せるなら

20人、乗せたら20万円の利益が出る。

同じ労力なら高い方が労働者としては楽。

 

 

 

事故が起きるのはしょうがない?

 

薄利多売でハードワークという事は疲れからの事故も多い。

軽井沢の事故が報道されてからバスの事故が増えたのではなく。
もともとバスの事故は多い

 

 

 

とまあ、事故自体はすごく多い?

 

 

 

というのも長距離バス運転手の給料が安いからだと思われる。
調べたけど安いところは本当に安い。

給料が高いところは求人に月25〜45万円と書いてあるけど。
安いところは月16万円+諸手当らしい

 

 

バスは事故うんぬんで毎日、どこかしらでバスの事故が起きてる計算になるけど

乗用車全般の事故と比較すればものすごく少ない。

 

バスの事故が多いのか少ないのか?

そいう事ではなく、激安であるが故に無理が出るという事ですね。

 

 

こんな安い給料で激務をこなすのは無理だろう(−_−;)

 

当然、転職する人は多い、転職した人はいいけどその負担は残った人に降りかかる。

激安バス旅行はそういう背景があって運転手が過労とか疲労による事故の可能性も高いって事を覚えておこう。
でも安いから利用しちゃうですよね

ではでは(^○^)ノシ

 

 

 

-旅行へ行く前に身に付ける知識