日記

消費税、増税前の駆け込み需要にご注意

更新日:

 

2014年4月から消費税が8%になるけどその前に高価な買い物をしようとする人がふえる

俗にいう駆け込み需要というやつだ。

 

 

駆け込み需要によっていろいろな場所で影響が出てきている。

 

 

引っ越し屋さん

 

今、駆け込み引越しでトラックも足りていない。

というか増税のタイミングが4月ということもある。

 

 

もともと3月に引っ越す予定だった人と4月になると増税でお金が余計にかかるから

急いで引越しを決めた人が重なって、今、引越し業界ではトラックが足りないという。

 

 

増税だ~高くなるからと急いで引越しをするよりも

割引サービスを使った方がお得かも、インターネットを使えばネット見積もりで断然安くなるし。

 

 

 

消費税増税に踊らされる前に、割引サービスや料金がいくら変わるか確認しておくべき。

サービスによっては消費税が増税しても料金を変えないところもあったりします。

 

 

 

買いだめ注意!

 

こういうある意味、煽りを受けて買いだめをしてしまうのがよくありません。

腐るものだったり、必要ないものまで買ってしまいかねません。

 

 

こういう【高くなる!】【無くなる】ということがわかると煽られて一気買いをしてしまう人が大勢いますが

そういうのは避けましょう。

 

 

駆け込みで物を買わないコツは

欲しいものはあらかじめ買っておく

必要なものを必要な分だけ買う。

買い物の予定はしっかり管理

 

 

 

無くなるかもしれない、高くなるかもしれないと思う前に値段を調べて比較しておく

これが買い物上手な人のやり方です。

 

 

確かに105円が108円になるのは厳しいですが。

そこは上手くやりくりするしかないですね。

 

 

2015年10月には消費税10%なんですから。

この8%に増税したときの人の動きを覚えておいたほうがいいかもしれません。

 

 

きっと同じようなことがおこるはずですので

 

追記2019年、消費増税10%について

 

2019年に消費増税が行われるようです。

軽減税率が適用される商品と適用されない商品があって

 

 

基本的には食品は軽減税率8%のまま。

 

嗜好品は消費税10%になるようです。

お酒以外の食品は基本的に軽減税率の対象になります。

 

 

後、新聞が軽減税率の対象になるそうです。

 

クレジットカードなんかは消費増税に合わせてポイント還元するようですが

駆け込み需要はあんまりないんじゃないでしょうか?

 

 

食品は安いままだし、ただ外食に行く人は増えるかもしれません。

10月になったら外食は値上がりするわけだからレストランとかファーストフード店は大変ですね。

 

 

景気が悪くなる可能性は高い、消費増税を止められなかった与党、野党にはある種、絶望している今日このごろです。

 

 

-日記