ブログ検索

個人のSNS活用法

複数のメールアドレスを使いこなせ!

gmailのパスワードや流出や
ベネッセの個人情報流出事件などがあったので書いてみた

gmailのパスワード流出がありましたが
あれはフィッシングサイトから抜き取ったものです。

 

 

 

メールアドレスさえあればTwitterやFacebookの乗っ取りは簡単。

いつの間にかログインできなくなっていることもあります。

もしこれがクレジットカードの明細メールとかだったら?

パスワードを書き換えてログインしてしまえば後は自由自在です。

 

 

 

個人情報もわかるので住所などもわかってしまいます。

ネット銀行なんかに侵入されたら最悪お金が盗まれます。

なので普段使うメールアドレスと大事なメールがくるメールアドレスは別にするべき。

 

 

メールアドレスの使い分け

ハンコとおなじです。

みんな実印とか銀行印を持ち歩かないけどシャチハタのハンコをもっている人は多い。

僕はこんな風にわけてます。

 

 

 

  • クレジットカードやネット銀行の情報がくるメールアドレス。
  • プライベートなメールアドレス
  • TwitterやFacebookなどに登録するためのメールアドレス。
  • 情報収集用にサイトに登録するメールアドレス。

 

 

普段、パソコンやスマホで遊ぶ時は情報収集用のメールアドレスを使います。

そうすることで重要なメールを盗まれないようにしています。

情報収集用サイトでポイントサイトとかに登録する時は住所などは可能な限り書かない。

 

 

 

最近はポイントサイトとかメールマガジンなどでは住所とかの情報は必要ないけど

もし書く時は適当に書いてもいいと思います。

懸賞サイトだとちゃんと書かないと懸賞が届かないから書かないといけないけど
(−_−;)

 

 

 

その時はまた懸賞サイト用にメールアドレスを作るべきですね

 

 

重要な情報を見逃さない

クレジットカード会社からの連絡など

重要度が高いメールを確実に受け取れます。

 

いくらフォルダ分けしても読むべきメールが増えてくるとそうもいかなくなる。

 

なので基本的に最重要な案件に対して一つのメールアドレスという風にすると非常に便利です。

クレジットカードや通販サイトのアカウントなど

 

お金が絡むものはメールアドレスを別にすると良いです。

 

 

メールアドレスを専用にすると絶対に騙されない

フィッシングメールなどのスパムメールが絶対にこないので

変なメールが来ても

 

Amazonを名乗る謎のメールとかが来ても、登録していないメールアドレスで届くので一発で変なメールだと分かります。

なのである種の防犯対策にもなります。

 

 

SNSに登録したメールアドレスなんかも別にしておくとなにか問題が発生してもすぐにメールが届くから異変に気づける。

 

ではでは(^○^)ノシ

-個人のSNS活用法

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.