仕事のやり方を変えるヒント

農業を始めるために土地を探している人に朗報!農地バンク制度とは

更新日:

本格的な農業がやりたくても土地がないと悩む人や農地を広げたいけど土地がなくて悩んでいる人もいます。

逆に歳を取って畑仕事がしんどいし、後継もいないけど、畑を売っても二束三文にしかならなんしと悩む

高齢者もいます。

 

 

そんな悩みを解決するのが農地バンクです。

 

 




 

 

 

農地バンクとは?

 

農地中間管理機構に土地を登録しておけば借りたい人がくる。

制度としては不動産契約と似ているのかな、こっちは国が主導しているけど。

 

農地を集約して管理したい国の思惑が垣間見えますね。

農地中間管理機構に問い合わせれば詳しい話が聞けるはず。

 

 

この農地バンクのメリットは新しい人が参入しやすい事と会社的な運用が可能になる事ですね。

大学を卒業してすぐのような若者が農地を持てるようになるという制度です。

 

貸す人にとってデメリットがあるとすれば借り物の土地だからすぐに手放せるという点ですね。

うまくいかないからとすぐにやめられてしまっては美味しい野菜は誕生しないです。

 

 

 

 

 

企業がオリジナル製品を開発する時にも使われる。

 

また農地バンクを活用して企業がオリジナル製品を開発するなんて事もあります。

イオンとかがそうです。

 

国としては大企業に大規模な農業をしてもらいたいってのが本音かな?

やはり大資本を使って整備した農地で集約的に作物を収穫した方が食料自給率上がるし。

 

 

まとめると農地バンクは新たに農業を始めたい人にとっても参入しやすくなるし。

企業からしても農地の確保が簡単にできるようになるので非常にいいのだろうな。

 

問題点があるとすれば集約的に大規模農業をして外国に勝てるかという事になるけれど

日本の農業は味で勝負だと思うのだけどその辺どうよう。

 

コストで外国に勝てないと嘆くよりも味と品質で勝負するのが日本の生き残る道だと思うの

ぶっちゃけ安いけど何が使われたかわからない外国産の野菜より無農薬の日本野菜を食べる人の方が多いんじゃない?

 

Twitterの反応

農地バンクの失敗。国はあまくみている。無駄とか効率とかでははかれない。例え損だとしても土地に執着する人が多いということが全ての再編化の妨げになっていることに気がつかないものかね。それが理由で失敗した公共事業がやまとあるだろうに。 使ってないから貸すという簡単な図式にはならないよ。

? サトウコウスケ(北いわて親善大使) (@kosukesato) 2015, 5月 19

 

 

 

メモ「国際農政研究所の服部信司代表は、集約が進まないのは農地バンクの制度自体に問題があると分析。「土地の貸し借りは、相手の顔が見え、信頼できる相手だからこそ成立する。農地バンクに土地を貸しても、誰が耕作するのかわからなければ、貸し手がちゅうちょするのは当然」としている。」 ? 笹山登生 (@keyaki1117) 2015, 5月 19

 

 

 

あー…これすごくいい仕組みなんだけどなー…貸したがらないってもうね。>農地バンク、目標の16%…貸し手農家集まらず(読売新聞) - Yahoo!ニュース http://t.co/OC6xl4y7bj

? ゆや (@yuya_neko) 2015, 5月 19

 

 

 

近い将来、田舎の町で空き家バンクと農地バンクを利用すれば、固定資産化せずに手っ取り早く夢が実現できそうだな。 pic.twitter.com/qHNESeKW8Y ? *彌龍幡木* (@RjujaKohata) 2015, 4月 9

 

 

 

農地中間管理機構(農地バンク)による農地集約が低調な最大の要因は、農地の貸し出し希望者が増えないことだ。貸し手の掘り起こしや交渉に当たる人材も不足している。農家の高齢化や耕作放棄地の拡大が深刻で、農地の大規模化は避けて通れない課題だが、国主導の一律な仕組みでは容易に進まない。

? Bo (@agrinews_watch) 2015, 3月 26

 

 

 

 

 

↓農地バンクは「出し手と受け手のマッチング(からの生産力向上)」こそが目的であるはずなのに、集積率向上と予算消化だけを目的にして、土地権利や年金や税金、補助金が絡む複雑な事務を適切なマニュアルもないまま地方に突然「なんとかやって」と無茶ぶりだからなぁ。最初から無理があるよなぁ。 ? 岩迫 (@ohafuku) 2015, 3月 8

 

 

 

デメリットというか

まだまだ制度がマニュアル化されていない、貸し手が少ない(2015年5月現在)のが問題みたいですね。
ではでは(^ω^)ノシ

 




 

 



-仕事のやり方を変えるヒント
-,