身だしなみ

髪が広がるのを改善する方法って?

更新日:

湿気が多い季節は髪の毛がボサボサと広がってしまう。

髪のボサボサ加減で天気がわかるくらいという人もいるが

やはりサラサラな髪に改善したいですよね。

 

 

僕は天然パーマで湿気の多い季節は髪がもう大変な感じになっているから短髪にしてしのいでいます。

 

今回は髪が広がるのを防ぐ方法を紹介します。

 

 

 

何故、髪は広がるのか?

髪が広がってボサボサになるのは髪の毛のキューティクルが剥がれているからです。

 

キューティクルには水をはじく「疎水性」という性質があります。

 

キューティクルが剥がれると水分を吸い込みところどころ膨らんでしまいます。

 

つまり皮が剥がれて水を吸ってしまうから髪はボサボサになってしまうという事です。

 

なのでキューティクルを再生するか保護をすると髪は広がらないというわけです。

 

トリートメントでキューティクルを復活させる

トリートメントは髪に必要な栄養を補う成分が含まれていて

キューティクルを再生させる効果もあります。

 

なのでシャンプーの後は必ずトリートメントをしましょう。

それだけでもかなり違い出る。

 

 

 

寝る前にドライヤーで乾燥させる

髪が濡れたまま寝ると布団と髪の摩擦が強く起こってしまい

キューティクルが剥がれやすくなるし、水分もついてるから水を吸い込んでしまう。

 

 

寝る前にしっかりドライヤーで髪を乾かす事でキューティクルが剥がれる事を防ぎます。

 

 

正確にはお風呂上がりに髪をしっかり乾かす事が大切という事です。

ヘアオイルや流さないトリートメントで髪を補修

ヘアオイルや流さないトリートメントで髪を保護する事で髪は広がらず艷やかな髪の毛になります。

 

 

ドライヤーで髪を乾かす前にもヘアオイルか洗い流さないトリートメントをつけてみてください。

 

ヘアオイルや洗い流さないトリートメントで髪の毛が乾燥し過ぎないようにします。

 

毎日、寝る前のケアが髪を艶やかに保つ秘訣です。

 

 

 

髪を染めるのを止める

髪を染めるというのはそれ自体が髪にダメージを与える行為

髪の毛を美しく保つなら染めない方がいい。

 

髪の毛を染めたら髪が広がるようになった人とか高校卒業して大学生になったから髪の毛を染めたらボサボサになるというのはよくある話みたいです。

 

クセっ毛の場合

天然パーマの髪の毛は直毛の髪の毛と比べて楕円形になっている

つまり歪な形をしているからクセが出てしまう。

 

キューティクルが剥がれてしまうとより大きく髪の毛が広がってボサボサになってしまうというわけです。

 

まとめ

  • シャンプー後のトリートメントを忘れない
  • ドライヤー前に流さないトリートメントorヘアオイルをつける
  • ドライヤーでしっかり乾かす

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

授業中に寝ない方法! 9つのポイントとは大学生編

 

 

 

-身だしなみ
-