仕事のやり方を変えるヒント

裁量労働制のメリット・デメリットについて拡大するならこうすべき

2018年3月現在、国会で揉めている裁量労働制の拡大ですが

一体、何が問題なのか?メリット・デメリットについて書いていこうと思います。

時間、時給という考え方から裁量労働制に移行する事で生産効率が良くなるという意見もある中

 

 

逆にサービス残業が増えるのでは?という反対意見も聞こえます。

本質としてどういう問題があるのでしょうか?

 

どうも~時間労働で低賃金@kesuikemayakuです。

個人的には裁量労働制はいいと思います。

 

 

優秀な人材が幸せになれるシステムだと思います。

 

 


 

裁量労働制とは?

wikiによると
裁量労働制は労働基準法の定めるみなし労働時間制のひとつとして位置づけられる。

制度が適用された場合、労働者は実際の労働時間とは関係なく、労使であらかじめ定めた時間働いたものとみなされる。

 

業務の性質上、業務遂行の手段や方法、時間配分等を大幅に労働者の裁量にゆだねる必要がある業務に適用できるとされる。

適用業務の範囲は厚生労働省が定めた業務に限定されており、「専門業務型」と「企画業務型」とがある。

導入に際しては、労使双方の合意(専門業務型では労使協定の締結、企画業務型では労使委員会の決議)と事業場所轄の労働基準監督署長への届け出とが必要である。

 

 

ざっくり言ってしまえば月給で○○万円払うよ!

仕事をして結果を出してくれさえすれば時間や手段は問わないよ。

 

 

これが裁量労働制です。

会社が設定したノルマをクリアすれば給料がもらえる仕組み。

 

裁量労働制は優秀な人材ほど得をする仕組みと言えます。

 

 

 

裁量労働制のメリット

裁量労働制のメリットは

  • 時間に縛られない
  • 結果を出せば早く帰っても良い
  • 満員電車に乗らなくてもいい
  • 満員電車が減って痴漢も減る

・・・痴漢うんぬんはバタフライエフェクトなので気にしなくていいか

 

大きなメリットとしては時間に縛られない、遅刻や早退という概念がなくなって

結果出すなら短い時間でもいいという感じになります。

 

ノルマが設定しやすい仕事や目に見える成果が分かる仕事には裁量労働制はいいと思います。

例えば契約を月に3件とりなさいというノルマを1週間で達成したのなら

 

残りの3週間は出勤しなくてもいいみたいな感じになります。

ノルマを達成したら出勤しなくてもいい、もしくはノルマを達成したら早退してもいい

 

こうなると何が起きるかと言うとお金持ちになるチャンスが増えます。

ノルマを達成した後は別の仕事をしてもいい副業もOKとなると働ける幅も増える。

時間給だと1日8時間、職場にいなきゃいけないけど

 

それが4時間になったら残り4時間を別の仕事に使えるというわけです。

他にも早く帰って趣味に没頭したり、恋人とデートしたりできます。

 

つまり上手くいくとプライベートの時間が増えます。

 

けいすけ
裁量労働制になって得をするのは会社内の2割
まちゃこ
2割?
けいすけ
2:6:2の法則で言うところのエリート層が得をする。
まちゃこ
優秀な人材が得をするわけね
けいすけ
よく、Twitterとかで俺は5分で仕事を終わらせたのに上司が~
まちゃこ
居るわね~そういうツイートしてる奴
けいすけ
そういう人はさっさと1ヶ月のノルマを達成するから早く帰れる。
まちゃこ
じゃあ、パソコンでこっそりソリティアやっているおっさん共も駆逐できるじゃない
けいすけ
仕事のノルマは労働組合と話し合って決める感じじゃないだろうか?

 

 


 

裁量労働制のデメリット

裁量労働制のデメリットとしてはアホみたいにノルマを課して残業代を払わないという

サービス残業地獄になりかねないという事ですね。

 

 

過剰なノルマを設定してしまうブラック企業が横行してしまうというマイナス要因が強い。

長時間労働をしても残業代が支払われなくなるのでは?という懸念が今の労働基準法にはあると思っている。

つまり、長時間労働をした場合、残業代が支払われないというのが裁量労働制のデメリット。

 

ただ、これは法改正でどうにでもなる。

 

裁量労働制を実現するには残業に関する法律もいじる必要がある。

裁量労働制はあらかじめ定められた時間を働いたものとするという縛りがあり。

一日15時間働こうが8時間分の給料しか出さないという括りになっている事が問題。

個人的には残業というのは個人の能力以上、機械のスペック以上の事を要求したから起こり得る現象だから

 

 

残業代をきっちり支払うべき、裁量労働制の拡大を狙うなら

  • 残業代は支払う。
  • みなし労働は8時間まで

ときっちり契約時間と契約外を区別する必要がある。

つまり

8:00~17:00までは契約時間内

17:00~からは時間外この縛りを強化する必要がある。

 

フレックスタイム制を導入している企業なら裁量労働制にしてもきちんと残業代を支払える。

更に言えば労働基準法違反に対するペナルティの強化をしなければいけない。

サービス残業が発覚したり賃金未払には強いペナルティが必要。

けいすけ
結局のところ、裁量労働ができないと思ったら時間給に戻せる制度があれば万事、解決
まちゃこ
ノルマ設定を見てどちらにするか見極めるという事?
けいすけ
そういう事、じゃないとむちゃくちゃなノルマをふっかけてきて働かせまくる事ができる。
まちゃこ
でも、これって無能な管理職がいなくなるんじゃない?
まちゃこ
まともに仕事を割り振れぬ上司なぞいらぬ!とか言われそうwww
けいすけ
言うだろうな~

 

まとめ

裁量労働制を実現するなら

  • 適切なノルマを設定
  • フレックスタイム制を導入
  • 残業代の支払いを厳格化

タイムカードできっちり仕事をしている時間を把握できるわけだから

残業代は絶対に支払わせるような法律を作ればいい。

 

メリット・デメリットがあるけど優秀な人材はドンドン出世する仕組みだと思いますね。

ブラック企業の過剰なノルマ+サービス残業が裁量労働制で起こるかと言えば起きそうな気がするけど。

優秀な人材ほどすぐに逃げるからドンドン潰れていく気がする。

 

ではでは(^ω^)ノシ

この記事もおすすめ

#ゾンビになった親しい人を撃てるか Twitterまとめ

 

#世界史の流れを変えてみる 独断と偏見でまとめましたwwww

 

マナー講師が害悪な理由

 

 

 


 

 

-仕事のやり方を変えるヒント
-,

© 2020 トリビアとノウハウノート