ブログ検索

ブログ検索

銭ゲバ

Airbnbとは?安全性位は大丈夫?部屋を貸す?部屋を借りる?

更新日:

2016年から日本でも流行しそうなAirbnbってなんでしょうか?

そもそもどういう仕組みなんでしょうか

Airbnbについて深く調べていこうと思います。

Airbnbについて知っておくと旅行が楽になりますよ。

 

 

 

 

Airbnbとは?

日本語で言うなら民泊になるのかな?

ざっくり言うと自分の部屋を他人に貸したり

他人から部屋を貸してもらうシステムの事。

海外じゃバケーション・レンタルとか言われています。

 

 

サンフランシスコで生まれてヨーロッパで大流行したシステムです。

イギリスじゃテニスの大会ウィンブルドンの期間は大会会場周辺の家はみんな旅行に行ってしまうらしい。

旅行中に家を貸しておけばお金も入いるからプラマイゼロというわけ。

 

 

 

Airbnbを利用するには?

Airbnbの公式サイトから利用できます。

使い方は普通のホテル予約と同じ感じで使える。

Airbnbは仲介サイトなので鍵のやり取りなんかは部屋の持ち主と相談してくださいと言った感じです。

 

ホスト(部屋を貸す人)になるにはサイトに会員登録して部屋を登録するだけ。

1泊の値段をつけてこれで借りたい人がいれば予約が入る仕組み。

 

 

 

 

法律的には大丈夫?

Airbnbは優れたシステムだと思うけど日本の旅館業法的には大丈夫なの?

という疑問が出てきます。

2020年の東京オリンピックに向けてホテルが足りなくなるかもしれないという事で旅館業法を緩和

Airbnbで貸した部屋は法律上【簡易宿泊所】と同じ扱いになる

つまりカプセルホテルと同じ扱いになる。

 

追記、2018年6月15日から施行された住宅宿泊事業法(民泊)では、各自治体に届出をして

届出番号を取得する必要があります。

 

あんまり無秩序に民泊が増えると余計なトラブルもあるし

こういう届出をしないといけないというのは当然の処置と言えますね。

 

 

Airbnbを専業にしている人もいるらしい

ちょっとしたお小遣い稼ぎという印象もありますが

Airbnbを専業にしている人もいるみたいです。

1部屋じゃ専業するほどは稼げないかもしれないけど

10部屋~30部屋あればくらいあれば十分稼げるのかもしれませんね。

 

 

管理代行会社もあるらしい

専業で稼ぐならたくさんの部屋を借りなきゃいけないそうなると大変

部屋の掃除から消耗品の補充なんかもしなきゃいけない

 

5部屋くらいならこなせるかもしれないけど10~20部屋となると手が回らない

ちゃんとメンテナンスをしないと部屋の評価も低くなるからメンテナンスは必須だし

鍵のやり取りもしなきゃいけない。

 

なのでそういう管理をする代行会社が産まれたというわけです。

 

 

不動産投資とは違う?

Airbnbは不動産と違って借りている部屋でも始められるのが特徴。

不動産と違って代行会社への手数料や家賃を支払って残ったのが利益になる。

 

 

そうなると宿泊料金の設定を低くすると一つの部屋で出る利益はかなり低くくなってしまう。

長期間、部屋を利用するお客さんがいたりすると収入は安定する。

 

 

不動産投資よりも手間がかかる気がしないでもない、Airbnbの利点として人気のない部屋は簡単に契約解除できるという事

1つの部屋を手放して新たに部屋を借りて同じように雑貨をおけば新しい部屋を貸す事ができるようになります。

 

 

不動産だと部屋とかを売ったりするのも大変です。

どうしたって高額な買い物になるから買い手がすぐにつくわけじゃない、Airbnbみたいに契約解除してすぐに別の部屋を借りてみたいな形は無理。

 

安全性について

Airbnbは安全かという話ですがこれは部屋をどう管理するかという事です。

部屋の備品が盗まれたり、周辺住人とトラブルを起こしたりするかもしれない危険性は常にある。

 

 

そのリスクを考慮してAirbnbを運用する必要がある。

いくらガラの悪い人間でもわざわざ外国でトラブルは起こさない気がする。

 

 

旅行中の外国人だってトラブルはごめんだろうからルールは守るはずです。

あまりにもトラブルが多い場合は何かしらの対策はしなきゃいけない。

 

アプリからでも予約できる

iPhoneアプリ→ダウンロード

androidアプリ→ダウンロード

 

まとめ

Airbnbは部屋を貸す事で利益が得られる仕組みです。

一人暮らしの人でちょっと旅行に行くから部屋が空くなと思ったら思い切って

Airbnbを利用してみるのもいいかもしれません。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

 

-銭ゲバ