社会問題 時事

日本学術会議をわかりやすく解説、結局のところ、わがままでしかない

日本学術会議問題というのは菅総理が日本学術会議の推薦メンバー105人のうち、6人を任命しなかった問題。

これについて学問の自由が侵害された~などと騒いでいるわけだが

 

 

 

はっきり言って時間のムダでしかない。

この問題が大きく取り上げられて時間を浪費させられる事に憤りを覚えてしまうのであえて記事として書いておこうと思います。

 

 

結論から言ってしまえば既得権益によって利益を得たい人たちが騒いでいるだけで

日本学術会議自体が日本政府にとって重要な役割を担っているという事はない。

 

 

 


 

 

日本学術会議とは?

簡単にいうと科学的な見地から日本政府に提言する組織。

いろいろなアドバイスを科学的なデータとかを使ってアドバイスするよ!っていう組織。

 

 

いろいろ、ごちゃごちゃ書いている記事もあるけど、ぶっちゃけやっている事はコンサルというか意見をまとめて政府に提出する事です。

仕事をきちんとやっているのか?利権になっていないか?をまず、疑ったほうがいいような立場です。

 

 

あんまり良い提言がされていると思えないし、メンバーが偏っているのではないかと思ったりもします。

 

 

 

学問の自由が脅かされる。

これは全くの事実無根、日本学術会議はあくまでも日本政府に科学的な証拠やデータから政府にアドバイスをする立場。

日本学術会議のメンバーでなくても学ぶ事はできるし、研究を発表する事だって出来る。

 

 

日本人のノーベル賞受賞者にどれだけ、学術会議のメンバーがいたのか?

詳しく調べていないけど、全くいないんじゃないだろうか?

 

もし借りに学問の自由が脅かされるというなら、もっと学者、研究者が大騒ぎしそうなものだけど。

それが全くない

 

 

 

任命拒否は違法?違憲?

これは全く筋の通らぬ話。

推薦されたメンバーを選ぶ側に菅総理はあったわけで。

 

 

例えば、高校受験で推薦された受験生を全て合格させろ!と騒ぐようなもの。

選ばれる側と選ぶ側であっただけ。

 

 

任命権が与えられているのだから誰を任命して誰を任命しないか?

それを決めるのは内閣総理大臣の判断になる。

 

税金で予算が組まれるのだからメンバーをチェックしてふさわしくないと思ってはじくのは普通。

 

 

独立性が~と騒ぐ連中の矛盾

任命拒否に対して独立性が~と騒いでいる連中は矛盾に気づかない

日本学術会議が税金で運営されているという事、メンバーが準公務員扱い。

 

 

全然、独立していない、というか推薦されたメンバーを全員任命させろ!というのは

金は出させるけど口は出させないという非常に無礼な態度。

 

 

バカバカしいとしか言えない。

 

 

独立性を重視するなら民営化するしかない、税金ではなく研究成果とか寄付で運営する組織じゃないとおかしい。

 

 


 

既得権益になっている。

既得権益になっているのではないだろうか?

日本学術会議が提言した内容を盾に物事を進められる可能性もあるし

日本学術会議のメンバーには税金で10億5千万円という予算がつく。

 

報酬としての予算は少ないかもしれないけど

予算の内訳をネットで調べると

 

  • 会議に関する経費は国庫負担
  • 会員への給与
  • 特別国家公務員扱い
  • 特別国家公務員とは検察官、裁判官、防衛省職員などと同じ扱い

 

税金の使用用途は

  • 5億5千万円→人件費や事務費、事務員の給与など
  • 2億5千万円→政策提言費
  • 2億円→国際的な活動費
  • 5000万円→科学の役割について普及・啓発など

 

事務員のお給料も税金から出ている、この事務員も会員のメンバーが選べるんだろうな~

政策提言費がバカ高い気がする。

というのも学会のコネを利用して必要なデータを集めたりする事は簡単にできると思うし

 

 

レポートにまとめるのに費用がかかるとは思えない。

国際的な活動費については学術フォーラムみたいなのに参加する費用なんだけど

基本的に夜の2時間とかだけで後は普通に観光旅行なんじゃなかろうか?とかスタッフも参加してなんて考えるとちょっとどうかと思う。

 

 

推薦方式が利権確保するための形式になっている。

学術会議のメンバーの推薦を受けたメンバーしか推薦されない。

メンバーの推薦がなければメンバーになれないという事は

 

 

身内で役割を交代する事も可能。

 

例えばAさんが学術会議メンバーとして活動し事務員のBさん、Cさんをスタッフとして雇う。

Aさんの任期が終了した時にBさんを推薦して

 

Bさんが学術会議メンバーでAさんとCさんがスタッフみたいな事もできる。

全員を任命するという事はそういう事もできる。

 

あくまでも確証のない推測だけど、身内だけの推薦方式で総理大臣がノーチェックで任命するなら

金回りの良い仕事をグルグルと回すだけで美味しい思いができる。

 

 

まとめ

学術会議問題というのは非常にバカバカしいとしか言えない。

菅総理が任命を拒否する選択は違法でもなんでもない。

 

逆に推薦されたメンバーが全員、無条件で任命されると思っているのか?

メンバーを身内で固めて利権をあさりたいだけなんじゃなかろうか?

 

という疑惑がある。

菅総理には任命拒否の理由を説明しろ~って騒いでいるけど。

 

 

任命権があるんだから拒否権もあるわけで、拒否した理由なんてのは説明する必要もない。

いつも選ばれた理由は説明される事が多いけど不合格だった時の説明はされないもの

 

 

読んでいてバカバカしいと感じた人は正常な完成の持ち主だと思います。

この問題で野党が騒げば騒ぐほど支持率を落とすんだろうな~

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

この記事もおすすめ

NHKはいらない!テレビ業界の既得権益でしかない

 

TPPは農業にどんなメリットを及ぼすのか?実は反対しているのは農協が既得権益を守りたいだけなのでは?

 

種苗法改正に反対する人がいるのはなぜ?Twitterでの議論から分析

 


 

-社会問題 時事
-

© 2020 トリビアとノウハウノート