ブログ検索

子育ての悩み

子供の教育に悪い【アニメ・ポルノ】を排除しろ!という主張は親の怠慢である。

よくアニメや漫画、ポルノを子供の教育に良くない。

悪影響を与える!なんて意見があるようですがいまいち私の心に響かない

何故かと言えば私@kesuikemayakuはアニメや漫画を読んで真っ当な一般人に育っています。

 

 

親が毎週、少年ジャンプや少年サンデー、少年チャンピオンを買っていたのでそれを読んでいました。

面白く読んていましたがそれをマネしようとは思わなかった。

いや、幼稚園で友達と喧嘩した時にかめはめ波を打とうしたんだっけ?

 

 

 

何かを反対する時に子供の教育に悪いと大人は言いますが具体的に何が教育に悪いのか考えたのですが

全く分からない、ドラゴンボールを読んで人を殴るようになったお子さんが大量に出たという話はあまり聞かないですよね?

 




物語は人に影響を与える。

物語というのは人に影響を与える、これはもちろんです。

ただ、フィクションと現実を混同したりはしない

 

 

自分だったらこの場面はどうするかなんて考える事もあり得るけれど

それを現実世界に持ってきたりする人間は少数派

 

 

ナタを使った殺人事件で犯人の部屋から「ひぐらしのなく頃に」が見つかった。

作中、ナタで人を殺すシーンがあったから悪い影響がうんぬんかんぬんと偉い学者先生が主張したとしても

その犯人は元々、犯行を行うつもりだったから漫画に書いてあったから影響されたというよりも手頃な方法を探してた。

 

 

物語は人に影響を与えるのは確かだけど、それ以上に感じ取る教養も大事になる。

 

 

子供が疑問に思った時は教育の出番

子供が疑問に思った時、親がきちんと説明できないといけない。

格闘技の漫画を読んでなんで格闘技なんてものがあるのか考える。

 

 

ポルノを見てしまったら性教育のチャンスです。

子供に一つの考え方、基準になるものさしを小さい頃から作っていれば

漫画に影響されたりしない。

 

 

というよりも子供はそこまでバカじゃない。

きちんとアンパンマンやドラえもんをサザエさん、クレヨンしんちゃんなどの刺激の少ないアニメを見て

学習している。

 

 

映画だって戦うシーンはあるし、刑事ドラマだって殺人事件が起きるわけです。

むしろ、フィクションと現実の区別をつけるためにフィクションを見せて耐性をつけさせる事の方が大事だと思う今日このごろ。

 

 

子供のなんでに答えられないというのが怠慢だと感じます。

 



 

結局、自己満足に過ぎない

子供の教育に悪いというのは結局のところ、自分が嫌いだから言ってるに過ぎない

フィクションと現実の違いが分かる子供にとってなんの問題もない事について問題視する。

 

 

フィクションをフィクションとして処理できない大人の方が問題ありです。

教育に悪いと騒ぐような作品があるけど、本当にやばい表現は公共の場には出ない。

 

 

少なくとも店の中にしか展示しない、何故なら法律違反だから

きちんと区別されています。

 

 

何が問題なのかきちんと説明できるから区別されています。

それに対して教育に悪いから撤去しろという主張は具体的なポイントがない。

 

 

子供は柔軟にいろいろなものを吸収して成長します。

過激なコンテンツを排除したからといって健全な成長をするとは限らない。

禁止して排除しても、もっと歪なコンテンツが世の中に入り込むかもしれません。

 

 

結局のところ、誰かの自己満足で教育に悪いコンテンツを排除しても新たに歪なコンテンツが入り込むだけなのかもしれませんね。

 

 

まとめ

子供の教育に悪いというコンテンツは存在しない。

何故なら親がしっかりとした物事の判断基準を教えておけば子供はフィクションと現実の違いを理解するからです。

 

 

影響を受けるけど、親の教育で健全な方向に導ける。

物語にしか存在しないような邪悪をきちんと見せておくのも大事だと思う。

 

なんの耐性もついていない状態でいきなり、強烈なエログロに直面するよりも何倍もマシ。

 

 

下手に禁止するよりもある程度、見せてあげて耐性をつけるべきだし、物語から感じ取れる良い教訓も受け取れないのは良くない。

大事なのは良いもの、悪いものがある物語を見せてきちんと耐性をつける事だと思います。

 

ではでは(^ω^)ノシ

 




スポンサーリンク



-子育ての悩み
-,

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2019 All Rights Reserved.