食事の雑学

ねっとり黄身のゆで卵をフライパンで作る!

ゆで卵の茹で加減は非常に好みが分かれるところですが

黄身は半熟でねっちりした食感が好きというゆで卵愛好家は非常に多いと思います。

 

 

しかし、ゆで卵はお湯を沸かす時間があり茹で時間の関係で非常に時間がかかる。

そこでフライパンで作れる半熟ねっとりゆで卵の作り方を紹介します。

 

 

ゆで卵なら何個でも食べてしまう@kesuikemayakuとしては見逃せない情報だったのでシェアします。

 

 

 


 

卵をフライパンに入れる。

冷蔵庫から出してすぐの卵をフライパンにIN!

レシピによっては常温に戻せとか書いてあるけど、今回のレシピはズボラレシピなのでこれでよし。

 

水は大体、1cmくらいをフライパン、今回は中学生の頃から愛用してる中華鍋に入れます。

 

 

 

 

見て分かる通り、水はかなり少ない。
卵の3分の1くらい浸してあればいい感じ。

 

 

このまま強火で沸騰させます。

水が少ないし熱伝導が抜群な中華鍋なので沸騰するのも早い

 

 

 

沸騰するのに1~2分くらいお味噌汁を作るような鍋で作るよりも早い

 

 

 

蓋をして5分

この状態で蓋をして5分、火加減は強火のまま

 

 

 

フライパンの蓋は大きいサイズの方がカタカタと音がしなくて良い。

今回は小さい蓋を使ったから沸騰の影響で蓋がカタカタとうるさかった。

 

 

思わず蓋を手で少し浮かしてしまった。

テレワーク中の家族がいたから気を使ってしまった。

 

 

スマホのタイマーで5分を正確に測り5分たったら火を止めて5分蒸らす。

 

 

 

 

氷水で冷やす

氷をボールに入れて氷水を作りそこでゆで卵を冷やしてから殻を剥く

触った感じが硬過ぎず柔らか過ぎずと絶妙な感触に期待が膨らむ。

 

 

 

殻を剥いて包丁で切ったのがこちら

 

 

絶妙な黄身の出来栄えは最高。

殻もきれいに剥けるからストレスもなかったし。

サンドイッチにするにしてもラーメンに入れるにしても最高の出来栄え

 

 

 


 

 

実際に食べてみて

黄身が固まりきらずにねっとりねっちりとした感触でありつつ

液体ではない絶妙な茹で加減で感動。

 

 

半熟至高派からの評価はかなり高いとみた。

マヨネーズにつけて食べるといくらでも食べられる。

 

 

誇張じゃなくてマジで

 

今回はそのまま食べたけど、つけ汁を作って漬けて味付け卵にしたら

コンビニやラーメン屋で出てきそうなクオリティ

 

 

フライパンで作るメリット

少ない時間で簡単に作れるのは大きい

一人暮らしの人だとフライパンしか持っていないなんて人も多そうだし

 

何よ短い時間でたくさんゆで卵が作れるからかなりおすすめ

フライパンと蓋のサイズを大きくすればかなりたくさん作れそう。

 

豚の角煮とかを自分で作ったりとにかく大量のゆで卵が必要な料理を作る時もおすすめ

半熟だけど水っぽくない絶妙な茹で加減なのでサンドイッチなんかにも使えるから自信を持っておすすめできる。

 

まとめ

ねっとりねっちり半熟ゆで卵の作り方まとめると

 

  1. フライパンに1cmくらいの水を張る
  2. 冷蔵庫から出した卵をフライパンに入れる
  3. 強火で沸騰させる
  4. 蓋をして5分茹でる
  5. 5分たったら火を止めて5分蒸らす
  6. 冷水で冷やす
  7. 殻を剥く
  8. 完成

 

大体、12分くらいで作れる殆どが待ち時間だからタイマーを使いながら他の料理をしながらでも作れるのがポイント高い

時間の管理さえ失敗しなきゃ誰でも美味しいゆで卵が作れる。

 

 

ゆで卵好きが小躍りするクオリティが簡単に作れるからぜひお試しあれ

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

【簡単!】味付けゆで卵の作り方!ツイッターで紹介されて絶賛!

 

 

ゆで卵のむき方!簡単4ステップ!

 

生卵を飲むシーンが映画【ロッキー】にあったけど当時のアメリカ人の反応が日本人と違う件

 

 

 

 


 

-食事の雑学
-

© 2021 トリビアとノウハウノート