面白いトリビア

失恋をしたら髪を切るのはなぜ?

女性が髪を切ったら

「失恋でもしたの?」って聞かれる事があったりします。

 

誰の目にも分かるようにばっさり、ロングヘアーを短くした場合はそんな風に言われたりします。

 

 

なぜそんな風に言われるのか?

元ネタは何なのか?

 

女性だけが髪をばっさり切ったら失恋したとか言われるのか?

 

日本独自のものなのか?それとも中国由来なのか?気になりますね。

 

 

後、物語でヒロインが身分を捨てる時に髪をきったりするのもなんか関係がありそう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

鎌倉時代くらいにはあった風習

身分の高い女性は旦那さんが亡くなってしまうと

髪を剃り尼僧となってお寺で過ごすという風習があります。

 

 

鎌倉幕府を作った源頼朝の妻、北条政子は夫がなくなった後、尼僧になり髪を剃りました。

 

 

二夫に仕えぬという思想が日本女性にはあった。

日本では昔から髪を切らない。

長い髪を美しくケアしていた。

 

 

そういう風習が変化して失恋したら髪を切るという風習になったのではないだろうか?

 

 

奈良時代の頃から髪と神をかけていたりしましたのでそういう風習は昔からあった。

 

 

 

髪型を変える事で気分を上げる

これは単純に気持ちを切り替えるために髪型を変える女性もそれなりにいるという事だと思います。

 

尼僧がうんぬんというよりも気持ちを切り替えるために鏡に映る自分を変えるというのは割とあり。

 

長い髪を切る事で見え方が変わり見え方を変える事で気持ちの整理をつける。
 

非常に良い効果だと思います。

彼氏の好みで髪型を選んでいるという人もいます。

 

 

彼との思い出を忘れるためだったりします。

 

 

願掛けをしている。

古来から髪の毛を切らない、または切る事で願い事をする風習があります。

つまり、受験に受かるまで髪を切らないとか

 

 

試験に合格するために髪を切るとかそういった願い事に髪の毛を使う事があります。

ちょっとしたおまじないですね。

 

 

昔から髪には神が宿るなんて言われています。

更に言えば髪の毛を神社に奉納するなんてのは昔ありました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

髪切ったの失恋でもした?と聞くのは最高に空気が読めてない

女性に対してそんなに仲良くもないやつがそういうのを聞くのはNGだろう

最高にデリカシーのない行為

 

すごく仲の良い友だちであればそういう事を冗談で言えると思いますが

会社の同僚、上司程度ではそういう事を言ってはいけない

 

 

単純に気分転換で髪型を変えたり、ドラマの女優さんが最高にきれいなヘアスタイルだったから真似てみたとか

軽い気持ちで髪を切ったのに邪推されるのは気持ちの良いことじゃない。

 

むしろ気持ち悪い。

 

 

本当に失恋していたとしたら傷口に塩を塗り込むような行為でトラブルの原因になりかねないし

嫌われる原因にもなりそう。

 

 

あれ?髪切ってる失恋でもしたのかな?と思うだけにしましょう。

 

 

髪を切る理由は人それぞれ

髪を切る風習が一般的になっている昨今、

願掛けや失恋で髪を切る人は本当に少数派です。

 

 

暑いから髪を切るとか今月はこの前、買った服に合わせて髪型を変えるとか

 

理由は本当にささいな理由である事が多い

身だしなみを気にして美容院にこまめに通うような人もいるから

 

 

失恋でうんぬんは古い考え方かもしれません。

逆に腰くらいの長さに伸ばした艶やかさな髪を突然、ばっさり切ったら驚くけど

そんな極端なヘアースタイルの変更をする人っていないと思う。

 

人によっては数ミリ単位で切っていたりするから

 

 

まとめ

髪を切った時に「失恋でもした?」と聞かれるのは

  • 日本の風習で貴人は夫が亡くなると髪を剃って尼僧になっていたから
  • 髪の毛に願をかけるという風習もある。
  • 今じゃそうでもないけど髪の毛をめったに切らない人が多かった時のなごり
  • 髪の毛を切った事で失恋に話を持っていくのは最高に空気が読めてない
  • 髪の毛を切る理由は人それぞれで現代では当てはまらない

 

昔と今じゃ感覚が違うのに【ことわざ】のように髪を切ったから失恋したのかも?

という勘ぐりは非常にうざいと思うので止めましょう

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

髪が広がるのを改善する方法って?

 

お風呂の排水溝を掃除!ストローを使えば詰まった髪の毛が気持ち悪いくらい取れる方法。

 

コンビニでバイトする面接する時の髪色は

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-面白いトリビア
-

© 2020 トリビアとノウハウノート