仕事のやり方を変えるヒント

タバコ休憩はずるい?暗黙の了解というものじゃなかろうか?

投稿日:

タバコ休憩している人はずるいと言う意見があります。
逆にタバコを吸ってないけど休憩したい

そこで議論というかクレームを入れたりするけど、取り合わないみたいな話があります。

 

 

タバコを吸っている人と同じくらい休憩したいと会社の上層部に訴えても意味がありません。

なぜならばタバコ休憩と言うのは単なるサボリであり、同じくらい休憩したいと上層部に言っても

 

 

「ダメです」

 

としか言われない。

 

タバコ休憩はサボりか否か?という議論自体がズレていて会社が黙認しているだけ。

なので上司の見えない場所でこっそり休憩するのは同じく黙認されると思います。

 

 

スポンサーリンク

 

タバコ休憩が認められているわけではない

 

当たり前ですが会社としては時間で働いてもらっているので自由に休憩されると困る。

時間労働をしている限り、これは絶対です。

ですが、暗黙の了解としてタバコ休憩がまかり通っているということです。

 

 

 

ということはタバコ休憩に限らず、結果さえ出していれば、ノルマさえ達成していれば自由に休憩して良いことになります。うん

条件として仕事はきちんとこなし、そして上司など

注意する側の人に見つからなければ短時間の休憩はオーケーと言うことになってしまいます。

 

 

基本的に就業時間、自由に休憩していいわけではない。

そういう会社もあるだろうけど、少数派

 

 

タバコ休憩はあくまでも度が過ぎなければ黙認するという程度。

サボって1時間も2時間もタバコを吸っている奴がいたらリストラの対象になってもおかしくない。

 

 

その人がみんなの10倍仕事がこなせるならリストラにはならないだろうけど。

タバコ休憩して周囲に不満を持たれる人はそこまで仕事ができるわけじゃない(偏見)

 

 

スポンサーリンク

 

タバコ休憩がまかり通る理由

 

喫煙所と言うのは社内でも隔離された場所であるからサボっている人間しかいない

じゃぁ、大企業にもなれば、隣の部署ってどういう風に働いているのかわからない、だからサボっているのか決められた休憩時間なのか不明

フレックスタイム制を採用しているならなおさらです。

 

 

住んでるマンションでエレベータに乗り合わせた人がどこの誰さんなのか分からないのと一緒。

 

 

誰が何時に出社して何時に退社するか、同じ部署じゃないとわからない。

なので注意しづらい環境になっている。

中小企業でも部長とか課長がサボってタバコを吸っているなんて事もあり、怒るに怒れない。

 

 

 

自分もやってる事で他人を叱ったりできない。

 

まとめると

  • 休憩かサボりか判断できない
  • 幹部と言われる人たちもサボってる
  • 喫煙所という隔離された空間にいるから気づきにくい

 

 

この3つが主な理由ですね。

 

結論

 

同じくらいの時間なら
タバコ休憩がずるいと主張するよりも同じ時間、こっそりサボったほうがいい。

時間給で働いていると、サボる=悪いこと
という意識がありますが生産性を上げるためには適度な休憩は必要不可欠、それがわかっているから、建前上は勝手に休憩を取るなと言われるけど、実際は黙認される。

ダラダラと仕事をするよりも気持ちを切り替えて仕事をする事が生産性を上げるために必要なのを知ってるからです。

 

 

その方がタバコ休憩に文句をいうよりも生産的。

あいてはタバコ休憩は黙認されていると知ってやっているし、上司などの幹部もサボっている環境だったりすると会社も対処できないというわけです。

 

 

あんまり厳しくても窮屈なだけだし、どんなに時間給を支払っているとしても結果を出せばうるさく言われない。

結果というか仕事をきちんとこなしているにも関わらず短い休憩に文句をいう会社は窮屈な気がします。

 

 

タバコ休憩がOKならトイレ休憩もOKになるし、ちょっと自販機でお茶を飲んでもOKになる。

作業を止めて少し体を伸ばすのもOKになるわけです。

 

 

というかタバコを吸いに行くのがトイレ行ったり水分補給したりする事と同列に扱われるのは納得いかない気がします。

ルール上、禁止されているような事でも暗黙の了解を作ってしまうというのは不満のたねになりますが

暗黙の了解を理解して逆に利用してやるとストレスなく仕事できると思います。

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

スポンサーリンク

-仕事のやり方を変えるヒント
-,