日記

日本人の特徴を考察してみた!独断と偏見をたっぷり込めて

日本人の特徴というと
シャイでおとなしいとか行儀が良い

温厚な性格、周囲を気にする。

 

 

本音と建前がある。

細部にこだわる、愛国心が薄い、無宗教などなど

 

 

本当にそうなのか?日本人全員がそういう性格ではない。

一般的なイメージは間違っていないけど本質を外している気がします。

 

,


 

日本人の特徴って?

日本人の文化や伝統から見る特徴としては

 

  • 合理的
  • 身内とそれ以外の線引きがはっきりしてる
  • 好奇心が強い。
  • 大らかな性格
  • 悪ふざけが好き
  • 責任感が強い。
  • 完璧主義というよりは凝り性
  • ブチ切れると合理性を捨てる。
  • 無宗教のような宗教

 

 

全ての日本人が当てはまるわけじゃないけど

一つ二つは当てはまるはず。

 

 

合理的

日本人が合理的?と思うかも知れませんが
日本の伝統な作法にはムダかなく美しい立ち振る舞いをします。

最近は変なオジキが流行っているようですがあれは合理性がないように感じます。

 

 

自分は合理的じゃないと思う方もいますが

 

 

「筋の通らない話」

「嘘つき」

 

 

 

嫌いでしょ?

 

 

合理的であるから高い技術力を持つ事が出来た。

武道の教えは合理しかない。
特にハードウェアよりもソフトウェアに特化してる。

 

 

 

良く歴史的な資料で日本の武士は死を恐れないみたいな話があると思います。

これは私見ですが、武道の教えに心技体という言葉があります。

 

 

 

心技体において心が重要だと言われています。

心は脳と置き換えても成立します。

 

 

個人的な考察なのですが、心技体の心というのはどんなに怯えていても暑くても寒くても痛くても脳が正確に信号を送る能力なんだと思います。

 

 

 

つまり、恐怖を感じていてもそれが体に影響しないように鍛えていたのではないだろうか?

ある意味、とんでもない合理性です。
他にも剣道、柔道など足の動かし方から腕の使い方。

 

 

全てに理がある。

 

 

武道の教えというのは全て理にかなっている。

また、良いものは良い、悪いものは悪いと取捨選択する能力も高い。

 

 

 

日本刀なんかも大和朝廷が戦争をする中で敵の技術を吸収した結果、誕生している。

外国人からシャイだのおとなしいだの行儀が良いなど言われるのも合理的な判断ができるからです。

 

 

 


 

 

身内とそれ以外をはっきり分ける

家族、友人、恋人など身内とそうでない人をはっきりと分けている。

社会人になると初対面の人とは敬語で話すというのは適切な距離を取るためです。

 

 

 

あんまり馴れ馴れしいのも嫌だし、身内ではない他人に踏み込んでほしくない話題もある。

敬語を使い、行儀良く振る舞うことで敵対しないようにする。

ガツガツと議論をするのは身内の中だけという人は多いのではないでしょうか?

 

 

 

なので見ず知らずの他人と気軽におしゃべりするというのは少ない。

身内以外と争わないように慎重に振る舞っている事がシャイだのおとなしいだの言われる原因。

 

 

 

好奇心が強い

好奇心が強く外国の文化なんかも積極的に取り入れる。

興味のある分野はトコトン調べてしまう。

流行り廃りが早いけど良い物は残る。

 

 

 

日本の文化って外国の文化を吸収しながら進化している反面、古い文化も残っている。

取り入れた文化を和風に変えてしまうのはご愛嬌。

 

 

 

他国の文化や技術を学び良い物は残してきた。
好奇心が強くて収集癖がある。

 

 

 

温故知新という考え方が身についている。

 

 

大らかな性格

農耕民族だったからか温厚な性格の人が多い。
文化的にも非常に緩い。

戦国時代には衆道があったり

性に関して奔放だったりします。

 

 

 

日本人の宗教である神道の影響か

仏教やキリスト教のイベントも受け入れてしまう。

 

 

 

敬語や日本独自の作法があるおかげでギスギスした関係になる事を避ける。

どんな文化も飲み込める大らかさがある。

日本はヨーロッパと比べてもLGBTについてはかなり大らかなのもこの辺りが関係しているのかも?

 

 

 

悪ふざけが好き

日本人はお祭りが大好きだし自分たちが思ってるよりも悪ふざけが好き。

秋葉原発祥のメイド喫茶とか受け入られる土壌がない限り定着しない。

 

 

 

サッカーワールドカップなど渋谷のスクランブル交差点に人が集まったり。

ハロウィンに渋谷がコスプレで溢れるとか悪ふざけをします。

普段は真面目だけどタガが外れると一気にバカ騒ぎなんて人は結構多い。

 

 

 

蓄積した文化や技術を使ってふざけるからタチが悪い。

 

 

 

責任感が強い

責任感が強い人は多い。
与えられた仕事は理不尽でない限り必ずこなす。

1人はみんなのためにという感覚が身についているというか?

 

 

 

逆にみんなは1人のためにという感覚は薄い感じがしますね。

これが日本社会の窮屈さなんだと思います。

個人的には戦後の感覚なんだと思います。

 

2019年現在、だいぶ意識改革が進んでいるというかメンタリティが元に戻ってきてる。

 

 

 

第二次世界大戦後の日本人は多分、日本の歴史を見ても異常なんだと思います。

快適で住みやすい社会を発展させるために職場で非合理な程、仕事をした世代がいて。

そういう世代は変な感じになってる。

 

 

 

徐々に元に戻っている。
今の世代ってヨーロッパの文化を吸収しきって不必要なものを排泄してる世代なんだと思います。

なので日本人は社会に対する責任感が強く、個人に対する責任感がないというのも徐々に改善されていってると思います。

 

 

 

完璧主義というよりは凝り性

日本人は完璧主義だ!
とか言われますがどちらかと言うと凝り性

徹底的な合理主義者が凝り性になるから完璧主義とか言われてしまう。

 

 

 

しかも、文化や技術の蓄積は凄まじい
温故知新という思想があるため

良い物は残らず覚えて新しい知識や技術を吸収する。

 

 

 

どんな業種でも同じでこれが日本という国が特殊に見える原因かもしれません。

 

 

 

ブチ切れると合理性を捨てる。

これは完全に私見で根拠はないけど

追い詰められてブチ切れる。

 

 

合理的に考えれば負けを認めてもいい段階になっても粘る。

第二次世界大戦で見られたゼロ戦での特攻なんかは非合理の塊

なまじ、心技体の心得があるからやれてしまう。

 

 

普段は温厚で理知的なんだけど、あるレベルを超えると理屈も屁理屈も捨ててしまう。

 

無宗教のような宗教

日本人は無宗教だと思っている人が多いけど日本の文化、そのものが神道というとんでもなくおおらかな宗教の元に成立しています。

だから七五三には神社へ行き、結婚はキリスト教の教会で式をあげ、お葬式は仏教でおこなう

 

日本人のそういう感覚は外国人には理解されないかもしれません。

しかし、神道の神々は八百万、すべてのものに神は宿ると考えられているから

 

キリスト教の神も仏教の仏も等しく受け入れられる。

唯一絶対の神を信奉していたり、他の宗教を邪教と扱わないのは神道の思想があるから。

 

 

ついでに歴史の授業で習ったキリシタン弾圧は一部のキリシタン大名が南蛮に奴隷を売っていたから弾圧した事も書いておきましょう。

 

当時のキリスト教はカルト宗教扱いだったと言えますね。

 

 

まとめ

日本人の特徴なんじゃないかと思う事を考察してみました。

 

  • 合理的
  • 身内とそれ以外の線引が明確
  • 好奇心が強く面白いものは何でも取り入れ残す
  • おおらかな性格の人が多い
  • 悪ふざけが好き
  • 責任感が強い
  • 凝り性
  • キレると合理的な考えとか捨ててしまう
  • 宗教が文化と融合しすぎてよく分からない

 

日本人全員が全部当てはまるわけじゃないけど大体、こんな感じじゃないだろうか?

一般的に言われている。

 

 

おおらかな性格、礼儀正しい、シャイと言って印象は身内とそれ以外で対応を変えている。

無用なトラブルを避ける知恵が日本人をそう見せているというだけの話。

 

 

凝り性というのは好きな事にはこだわりを持っている人が多い印象

神道に関してはみんな意識していないけど、無宗教ならそもそも仏教もキリスト教もない

儀式とかもしないはず、

 

 

日本人は長い年月、日本だったから、かなり特徴があると思います。

 

 

こちらの記事もおすすめ

 

縮地法のやり方を独自の理論で解説、ポイントは後ろ足!

 

 

ニコニコ漫画の評価!かなり使いやすいアプリ→アマチュアの作品を読むには最適

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

 


 

 

 

-日記
-

© 2020 トリビアとノウハウノート