健康を保つには 病気の種類と症状

新型コロナウイルスのデマ情報に騙されない!正しい予防方法はこれだ!

新型コロナウイルスの予防についてデマ情報が流れているとの事

デマ情報を信じる前に厚生労働省の新型コロナウイルスに関するQ&Aを見た方がいい。

 

 

今回は厚生労働省に基づいた予防方法を紹介します。

 

新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスと同じような予防対策で防げる。

なので過剰に怯える事はありません。

 

 

基本的に手洗い、うがい、マスクをしてメガネ

そしてアルコールで除菌する。

 

 

 

 
 

 

飛沫感染なので感染力は強くない。

新型コロナウイルスは飛沫感染なので空気感染よりも感染力は低い。

空気感染というのは例えばスギ花粉みたいな感じ。

 

 

空気に流されて体に付着する。
スギの木に触ったり近くを通ったりしなくてもくしゃみ鼻水が出る。

 

 

飛沫感染というのはくしゃみや咳と一緒にウイルスが飛んでそれが手や体についてしまう。

つまり、咳やくしゃみなどのつばにウイルスが付着していてそっから感染する。

 

 

空気中にふわふわと漂っているわけじゃなくて

くしゃみや咳で飛ぶ、飛沫が感染の範囲です。

 

 

 

厚生労働省のHPでは濃厚接触しなければ大丈夫だそうです。

濃厚接触ってどれくらいの接触なのか?

 

 

 

濃厚接触とは?

濃厚接触とは予防対策をせずに手で触ったり対面で会話する事が可能な距離、大体2mくらいの距離で接触すると濃厚接触になる。

思ったよりも濃厚じゃない気がする。
しかし、都会だとみんな濃厚接触してると思う。

 

 

予防対策をせずにというのがポイントでマスク、メガネをして手洗いうがいをしてこまめに水分を摂取してウイルスを胃袋に流してしまうなど

病気予防対策がしっかりしていれば怖くない。

 

 


 

予防対策

基本的にはインフルエンザウイルスと同じ対策でオッケー

 

みんなが知っている方法で予防すればいいです。

 

規則正しい生活をして体力をつける。

ウイルスが未知であっても体力があれば免疫力も十全に働いてくれます。

高齢者が病気で亡くなりやすいのも体力の低下によるものです。

20〜60代であればきちんと食べてきちんと寝て体を清潔にしておくだけでもウイルス全般に対する抵抗力は高くなります。

 

 

無理な食事制限や睡眠不足、深酒などは止めましょう。

朝、起きて朝食を食べて適度な運動をしてバリバリ働いて、仕事が終わったら家でゆっくり過ごす、そしてグッスリ寝る。

これだけでかなり違います。

 

 

 

この基本が出来ていないとどんなに予防対策しても効かない。

何故なら基礎体力が落ちてしまうからです。
ほんの少しのウイルスなら除去できるのに対して体が弱ると病気になりやすいし治りにくい。

 

 

健康な体である事が病気予防の前提になります。

 

 

手洗い、うがい

家に帰ったらまずは手を石鹸で洗う。
手についたウイルスを洗い流す。

 

 

うがいもしておくとなおよし。

手洗いは必ずする事、更に言えばおみせなんかに備え付けてあるアルコール除菌液なんかも必ず使おう。

 

レストランなどで出されるおしぼりで食べる前にきちんと手を拭う事も大事

 

マスクをする。

マスクをする事でツバ、咳やくしゃみなんかをシャットアウトできるので優れた予防方法。

自分が病気にならないようにするためというのはもちろんあるけど、相手に病気を感染させないという効果もある。

 

 

マスクは必ず顔とマスクが密着するように装着しましょう。

ゴム紐は外に出るようにつけましょう。

 

 

メガネをかける

飛沫が目に入ってそこからウイルスに感染する可能性もあります。

ですがメガネなどでガードすれば大丈夫です。

 

元々、目の粘膜からウイルスが体内に入り込むというのはあまりない。

ですが、完璧を求めるなら100円ショップの伊達メガネで良いのでかけておくべき

 

 

 

スマホのアルコール消毒

家に帰ったらスマホをアルコールで除菌。

スマホはあちこち置くし、かなりの頻度で触るのでこまめにアルコールなどで拭いておく。

人によってはトイレとかでも使うから手を洗うのと同じようにこまめ拭きましょう。

 

 

くしゃみを抑えた手でスマホをいじったり、あちこち触った手でスマホをいじるのだから

スマホクリーナーを使って消毒しましょう。

 

 

 

不特定多数との濃厚接触を避ける。

東京に住んでると難しいかもしれませんが濃厚接触を避ける事も大事。

2mの距離を意識して生活しましょう。

満員電車なんかもなるべく避ける。
特に家族に高齢者や子供がいる場合は新型コロナウイルスにかかると厄介

 

 

マスクと眼鏡をしてしっかり対策を取りましょう。

 

 

 

くしゃみは手で抑えるな!

手ではなく肘の内側で口を覆うようにして飛沫を抑えましょう。

マスクをしていてもそうやって口を抑える事でウイルスをより飛ばさないようにします。

 

 

手にウイルスがついたりしないのでドアノブや窓などにウイルスが付着しない

肺活量の多い人は手のひらツバでベチャベチャになっていたりしますから。

肘の内側で受け止めると二次感染を防ぐ事ができる。

 

 

まとめ

新型コロナウイルスの予防方法は

 

  • 健康な体を保つ(睡眠不足、深酒、疲労状態は避ける)
  • 手洗いうがい(手は石鹸でしっかり洗う)
  • マスクをする
  • メガネをする。
  • スマホをアルコール消毒
  • 濃厚接触は避ける
  • くしゃみは肘の内側で抑える

 

こんな感じでこれをやっておけば新型コロナウイルスに感染する可能性は低くなります。

変なデマ情報よりもこういうインフルエンザウイルスを始めとした一般的な予防方法が有効になります。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ




 

 

トップページ

-健康を保つには, 病気の種類と症状
-,

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.