ブログ検索

ブログ検索

ゲーム 情報 ブログ

DQウォークの遊び方を紹介!リセマラは必要か?評価してみた。

投稿日:

スマホの位置ゲームでついにDQウォークが配信開始された。

配信前日にアプリを予約して2019年9月12日にプレイしてみました。

海外ではポケモンgoの二番煎じじゃないか?という疑問があるようですが

 

 

実際に遊んでみたら全然、違います。

 

 

個人的にはこっちの方が好きです。

ポケモンgoはポケモンをコレクションするのが目的っぽくてポケモンに感情移入できないから好きになれない

ドラクエはがっつり感情移入できて楽しい。

 

 

ポケモンのとの違い

ポケモンgo はポケモンを集める事がゲームの目的です。

 

ポケモンバトルもありますがポケモンをコレクションする事がゲームの目的と言えます。

 

 

DQウォークはドラクエの世界と現実世界が融合した設定でゲームが始まり

 

 

通常のRPGと同じようにモンスターとエンカウントして敵と戦います。

 

このあたりは一般的なドラクエと同じ、ただしマップが現実のマップを使っている。

 

ポケモンgo との違いをあげると

 

  • 主人公を強化する。
  • ウォークモード(オートモード)
  • 福引き(ガチャ)
  • 自宅を建てる事ができる。
  • バトルはターンバトル
  • 目的地を自分で決める
  • 東京タワーなどのランドマークは表示される
  • 転職

 

ポケモンgoは基本的にポケモンをコレクションするのが目的になっちゃうんだけど

DQウォークはRPGとして楽しめるのは大きな違いですね。

 

 

 

主人公(キャラ)を強化

主人公や仲間に武器や防具を装備させて、魔物のこころという強化アイテムで主人公を強化できます。

 

レベル上げや装備を整えることで強化できます。

福引き(ガチャ)を回して装備を整えると

 

 

めちゃくちゃ強そうです。

武器自体の強化も可能です。

 

転職も冒険者ランクが12になればできるようです。

 

転職できるのは

  • 戦士
  • 魔法使い
  • 僧侶
  • 武闘家
  • 盗賊

 

 

まだ上級職に転職したりはできませんが

 

今後アップデートやイベントで解放されると思います。

 

バトルマスターとか魔法剣士とか勇者みたいな職業に転職したい

 

 

仲間や主人公の容姿はいつでも変えられる。

 

ウォークモード

ウォークモードというのは歩きスマホ防止対策、普通に歩くだけで主人公は索敵範囲内でツボを割ったりモンスターと戦ってくれます。

 

 

ポケモンgo だとポケモンを見つけたら自動で捕まえるとかないです。

 

 

DQウォークモードはレベル上げとか捗りそうです。

 

 

遠い場所に目的地を設定してひたすら歩けばレベルが2〜3は上がっている事でしょう。

 

 

ドラクエの音楽を楽しみながらウォーキングも悪くないですよ。

 

目的地変更もできる。

DQウォークでは自分で目的地を設定することができます。

自分で目的地を設定することができます。

 

 

そして、自由に目的地を変更することができます。

 

 

設置した目的地をタップして置き直すをタップするとまた自由に目的地を変更することができます。

 

設置した目的地をタップして置き直すをタップするとまた自由に目的地を変更することができます。

 

 

目的地はゲームで設定されたお店や施設に設置できる他

 

導きの羽というアイテムがあればどこでも目的地として設定できます。

 

つまりいつもの散歩コースにゴールを設置する事ができるというわけです。

 

 

 

リセマラ

 

効率の良いリセマラのやり方はこんな感じ

1 アプリをダウンロード
2 キャラメイクと名前設定をする
3 チュートリアルガチャを回す
4 チュートリアルを素早く進める
5 追加データをダウンロード
6 ホーム画面でプレゼントを受け取る
7 ガチャを引く

 

これを繰り返す

 

ただ、リセマラはおすすめしません。

 

というのもリセマラをしようと思ったらチュートリアルをこなす必要があります。

 

 

チュートリアルをプレイする必要がある。

つまりひたすら歩く必要があり通常のソーシャルゲームとは比べ物にならないくらい時間がかかります。

 

 

基本はドラクエなので最初はスライムとかしか出現しません。

 

 

 

なので無理してリセマラをしなくても充分楽しめる。

 

遊んでいればジェムも手に入るからすぐに福引きを引ける。

 

そこまで武器や防具にこだわる必要はない

 

 

自宅

冒険者ランク3になるとゲーム内で自宅を建てることができます。

自宅を建てることができます。

 

自宅に別のプレイヤーが遊びに来る事もあります。

 

設定としては

 

  • 自宅を公開する
  • 自宅を2〜3mズラして公開
  • 公開しない

自宅機能でばか正直にリアルの自宅とかぶせるのはNG、むしろリアルの自宅から正直にBRの自宅とかぶせるのはNG、むしろリアルの自宅から話して離して自分が住みたい場所やもっと秘境に自宅を建てると面白いかもしれません。

 

 

位置情報偽装

位置情報の偽装は規約違反なので絶対にダメ

アカウントがBANされてしまいます。

 

ここら辺はきちんと書いてあります。

 

 

位置情報偽装アプリは中国製であることが多く個人情報の管理上非常に危険なので位置情報の偽装やその他、偽の情報を送る事は禁止されています。

 

ふくびき

ふくびきは1回300ジェムで星5の提供割合が7%だから

 

ピックアップしている武器は7.1%くらいです。

 

 

 

こんな感じです。

悪くない確率だと思います。

 

 

実際、10回くらいしか引いてなくても星5が二つ出ているから悪くない。

 

 

この確率ならクエストをどんどんクリアしてガチャを回す方がリセマラするよりも効率がいいんじゃない?

 

 

実際に遊んでみて

 

実際にプレイしてみた感想は非常に気楽!

基本はドラクエなので戦闘で戸惑う事もないし、ウォークモードがあれば四六時中画面を見る必要がない

 

 

クエストの内容もザッ!ドラクエといった感じでオッサンには取っつきやすい。

 

 

ふくびき(ガチャ)優しい設定になっている。

ミッションとかもあってソシャゲなのにドラクエ感もありつつ位置情報を使ったゲームなので生活に密着している。

 

 

出不精な人にはおすすめ。

 

ボス戦は洞窟の中を探索したり(タップで操作)

 

 

クエストの街とか洞窟にたどり着いたらいつでもそこから遊べるから

通勤中にクエストまで歩いて家で戦闘するのもありだと思います。

 

 

メインクエストにゴールドや強化アイテムを集めるサブクエスト、更にイベントもあるから

遊びに行く時はついつい起動してしまいそう。

 

ダウンロード

 

iOS版→ダウンロード

 

Android版→ダウンロード

 

 

まとめ

位置情報を使ったゲームにはポケモンgoというライバルがいるけど

@kesuikemayakuはこっちの方が好きですね。

 

ウォークモードがかなり便利。

ふくびき(ガチャ)はそこそこ星5が出るから装備で困る事はない

 

ポケモンgoは飽きてしまったけどDQウォークは楽しめると思いますよ。

 

 

-ゲーム 情報 ブログ
-