身だしなみ

ワークマンで買える普段使いの靴→気軽に履き潰せるお値段が魅力

更新日:

ワークマンで買った普段使いできる靴が超おすすめ!

見た感じ、普通のスニーカー、マジックテープで固定するタイプの靴ですが

この靴がかなりオススメ。

 

 

 

@kesuikemayakuはかなり体重の重い方で靴とか半年くらいで履き潰してしまう。

ローテーションを組んでも1年半くらいで潰してしまうと思います。

仕事も立ち仕事や力仕事、外でバリバリ活動するので靴に穴が空いたりすると結構きつい。

 

 

 

立ち仕事やスポーツが出来てリーズナブルで軽い靴が欲しかった

でも、靴屋のスニーカーって3980円くらいはするものです。

 

 

 

高くはないけど安くもない、もっと気軽に靴を使いたい。

それこそ、すり潰すつもりで激しく動いても構わないくらいのスニーカーが欲しかった。

ワークマンに行ったら激安なこの靴に一目惚れ。

何が嬉しいって28cmの靴が普通に売ってる事ですね。

 

 

 

28cmくらいになると在庫がなかったりする。

通販サイトでも対応してない大きさだったりします。

 

 

買った靴がこちら↓

 

思ったよりもダサくない。

シンプルなデザインでジーンズとかチノパンと合わせても似合いそう。

 

この靴の他にも680円くらいの靴が売っていましたがデザインが気に入らないので買いませんでした。

 

 

 

 

 

 

見た目はシンプル

見た目も作業靴という感じではなく普通のスニーカーに見える。

ワークマンというと安全靴とか長靴、コックシューズしかないイメージですが

軽作業がしやすいように作られた靴というのもある。

 

 

かかとを潰してもいい靴なんかもある。

 

 

この靴の特徴としては

  1. 値段が安い(980円)
  2. 軽い
  3. 履きやすい

 

作りがシンプルで靴底の溝も簡単な感じですが
これがいい、このシンプルさはなかなか良い。

 

 

しっかり足を支えてくれるし、日本人の足に合わせてあるのかすごくしっくりくる。

仕事するにしても街を歩くにしても違和感ないし、スポーツをしても滑って転ぶような感じはない。

 

 

マジックテープで足を締める構造なので簡単に脱いだり履いたりできる。

マジックテープの靴なんてしばらく履いてないけど思ったよりダサくない

 

 

 

唯一欠点と言えるとしたらデザインが地味過ぎる事くらい。

色違いもあるけど、シンプルなカラーリングなので大差無い感じ。

 

 

シンプルだから服に合わせやすいというメリットはあるけど個性はない。

 

 

とは言えあくまでも普段使い、職場に履いていくとか休日に街に出かける用。

おしゃれする時に履くわけじゃないからこれでいいのか。

 

 

 

10km歩いてみた

早速ウォーキングに出かけてみた。

近所にある川沿いのサイクリングロードをテクテク片道5kmを往復。

久しぶりの長距離ウォーキングに疲れはしたけど、足に変な負担がかかる事はなかった。

 

 

 

買った靴も壊れてないし

安くても作りはしっかりしてる。

 

 

軽いから足も疲れないし血豆ができたりもしなかった。

快適にあるけた感じです。

 

10kmのウォーキングの他に軽いジョギングやジャンプなどをしてみましたが違和感なくこなせます。

 

ぶっちゃけ、3980円のスニーカーとか某有名ブランドのスニーカーと比較しても遜色ない感じ。

海外のブランドだと足の形が根本的に違うのか足に合わない事がありますがワークマンのスニーカーはジャストフィット。

歩きやすいし走りやすい。

 

 

まとめ

ワークマンで買ったスニーカーはリーズナブルな値段だけど、雑に扱ってもヘタレない頑丈な作り。

安全靴のようにつま先に鉄板が仕込んであるわけじゃないからスポーツとかレジャーでも履ける。

 

 

日本人の足に合わせているのかジャストフィットというかしっくりくる。

走ったり歩いたり、跳ねたりしても簡単に壊れない、かつ壊れても気にならない値段設定。

スニーカーを雑に履くならワークマンの靴はマジでオススメ

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

こちらの記事もおすすめ

素早く動くコツとは?重要な3つのポイント

 

 

 

-身だしなみ
-, , ,