日記

HIVウイルスを初期から簡単に見つけられる検査法を15歳の少女が発見

更新日:

HIVウイルスを初期感染から発見する方法を15歳の少女が発見!

 

 

記事全文

HIVウィルスが原因で起きるエイズは貧しい国をはじめとして、世界中に蔓延している恐ろしい病気です。

 

この病気の最も危険なところは自分がHIVウィルスに感染していることを知らずに、それを周りの人に感染させてしまうことです。

行きずりの人との安易な性交渉で感染し、一生取り返せない心の傷を負う人も増え続けています。

HIVウィルスの感染は人ごとではなく、私たちのすぐ身近で起きていてもおかしくないことなのです。

ウィルスの感染を防ぐためには、検査は欠かせないものです。しかし、わざわざ病院まで行って検査を受けるのは時間もないし、恥ずかしいという人も多いことでしょう。そんな人たちでも手軽に検査ができる方法をカナダのある研究者が発見して、世界から賛辞の声が届いています。

すごいのは、この研究者が15歳の少女であるという点です。タシャという名前の彼女はサイモンフレーザー大学の協力を得て、ピンプリック方法を用いた検査方法を開発しました。

その方法とは、指先に小さな針を刺し、そこから抽出した血液をチップに通すことによって感染しているかいないかが瞬時にわかるものだそうです。

ごく初期の感染でも確実に見分けることができるので、今後彼女の研究は世界中の貧しい国に光を投げかけることになるだろうと研究者たちは期待しています。

タシャは現役高校生。勉強、部活などに打ち込みながら研究を続けて行くのは容易ではなかったと述べています。それでもこの研究によってHIV検査が難しい人々を助けられるならこんなにやりがいのあることはないとも言っています。

研究者の生みの苦しみがあるからこそ、私たちの快適な生活があることを忘れずに生きていきたいものですね。

ソース
http://megalodon.jp/2014-0529-1755-15/woman.mynavi.jp/article/140524-107/

 

 

いや〜天才っているものですね。
日本のスタップ細胞みたいな

結局よくわからないことにならなきゃいいと思う。

スタップ細胞の研究とHIVウイルスの初期感染を発見できる検査法じゃレベルが違うか。

HIVウイルスの症状といえば
免疫力の低下が有名ですが
いろいろな段階があります。



1.急性感染期
熱、リンパの腫れ、発疹、吐き気、頭痛、下痢、関節痛など

この段階で病院に行ってAIDSになった知る人もいますが、大体が重い風邪だと思い家で寝ている人が多いのだとか。

2.無症候期

この時期は何にも症状はありません。
潜伏期間というやつです。

大体5〜10年は続きます。

無症候期後半になると、
帯状疱疹や発疹、脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患に口腔カンジダなどのカンジダ症が現れはじめ、
ここで初めてHIVに気づく人も多いです。

3.発症期
40度近くの熱が1カ月に二週間つづいたり、

しつこい下痢、倦怠感、息苦しさなどが現れます。

これと併発するように日和見感染症(健常者は普段かからないような病気)が起こります。

免疫力の低下が進むと何でもない病原菌でも病気になってしまうから

AIDSは怖い病気です。

今回のHIVウイルス検査法が確立されれば

健康診断とかにも組み込めるのでは?
指を針にさしてチップに血液をつけるだけなのだから。

装置さえあれば簡単に見えます。

まだAIDSを治す薬はありませんが
抑える薬や予防用の避妊具は発達しています。

いつかAIDSが治る病気になるといいですね

ではでは(^○^)ノシ

-日記
-