ブログ検索

健康を保つには

肩甲骨はがしの効率的なやり方! セルフで徹底的にはがしてやるにはどうすれば!?

肩甲骨を自由に動かせるようにする肩甲骨はがし、腕の可動範囲が段違いに広くなるし肩こり予防にもなる。

でも、肩甲骨はがしのやり方が分からない。

一人でできるの?それともマッサージ屋とか整体でしかできないの?

 

 

今回はYou Tubeの動画を参考に情報をまとめてみました。

 

 

本来、肩甲骨と肋骨が組み合わさているのですがそれが癒着してしまっていると腕の動きが悪くなってしまう。

@kesuikemayakuも左側の肩甲骨が癒着しているようです。

 

 

 

肩甲骨が癒着すると?

ひどい場合は猫背になり、お腹の筋肉やお尻の筋肉が上手く使えなくなるのでお尻がたるんでしまう。

姿勢が悪くなると血行も悪くなるので肩こりになったりもする。

 

 

肩甲骨は三角形の骨で天使の羽みたいな感じです。

肩甲骨はいろいろな筋肉がついています。

だから背中をスライドするように縦横、自在に動かせる。

 

 

この筋肉が癒着してしまうと肩甲骨が動かせなくなり姿勢が悪くなります。

本来は背骨の近くにある肩甲骨が外側にズレてしまいます。

外側にズレて徐々に上に上がってしまう。

 

肩甲骨をはがすと肩の動きも良くなり、首の動きも良くなり背中に溜まった脂肪も燃えやすくなります。

 

 

下準備、皮膚を引っ張る。

いきなり肩甲骨についてる筋肉を直接動かそうとしても動きません。

まず皮膚から剥がします

 

 

肩甲骨周辺の皮膚を軽くつまんで上に引っ張る。

皮膚がくっついている場所は滅茶苦茶痛いです。

場合によってはつまめない事もあります。

 

 

無理せずできる範囲でやりましょう。

 

皮膚をつまんで上に持ち上げた時に痛くない場所は筋肉と皮膚が癒着していないところ

皮膚をつまんで上に持ち上げた時に痛い場所は癒着しています。

 

正直、場所によっては滅茶苦茶痛い、鋭い痛みが出るので無理せず気長にやっていきましょう。

 

 

肩甲骨を全体的に動かす

 

肩甲骨は肩を動かせば動きますが肩甲骨だけを動かす場合は

 

手を肩、僧帽筋において置くと肩の関節がロックされて肩が回らなくなります。

こんな感じで肩をロックします。

 

右の肩甲骨を動かす場合は右手を右肩において肩を回すように時計回り、反時計回りに10回回します。

 

実際にやってみましたが思った以上に動かなくてびっくりです。

なんか肩甲骨の背骨に近い方が刺激されている感じがします。

 

 

小胸筋をほぐす

肩甲骨から前側の肋骨についている小胸筋をほぐしていきます。

ここの筋肉が固くなると肩甲骨を前に倒してしまう。

猫背の原因になります。

 

 

やり方は肩の頂点から手のひら1個分を斜め下にズラします。

ズラした所を指3本で抑える、押す感じですね。

 

そうするとコリコリした部分があると思います。

そこを押して指を引っ掛けるように斜め下に圧をかける。

 

 

この状態でフリーな方の腕を真っ直ぐ伸ばし大きく肩を後ろに回します。

抑えた指が動いてしまいますが動かないようにしっかり力を入れて耐える。

そうすると小胸筋がストレッチされて伸びます。

 

回す回数は10回くらいです。

 

 

肩甲下筋と前鋸筋を緩ませる。

体の外側にある肩甲骨と筋肉の癒着をはいでいきます。

皮膚を引っ張り癒着をはがした後に前鋸筋をほぐしていきます。

 

 

前鋸筋が猫背とか二の腕のたるみの大元、原因になります。

凝り固まっていると、どんなに二の腕を引き締めるエクサイズ、筋トレをしても効果が薄い

 

普段から腕を振っていれば大丈夫なのですがしっかり腕を振れていない人が多く

前鋸筋と肩甲下筋は常にほぐしておいた方がいいです。

 

 

前鋸筋は肋骨についているインナーマッスルの事

 

 

肩甲骨の外側から脇の下にかけてある筋肉を前鋸筋と言います。

これが無茶苦茶に固まっていて肩甲骨と癒着して大変な事になっています。

 

 

肩甲下筋は肩甲骨の裏側についている筋肉。

裏側の筋肉なので普通にストレッチをしても伸びたりしない筋肉。

 

前鋸筋をほぐす

まず、ほぐす方の腕を上に挙げます。

そうすると前鋸筋が見えるので肋骨に沿って横にほぐしていきます。

 

指でグリグリとほぐしていきましょう。

場所によっては結構、痛いかもしれないので無理せず気長にやりましょう。

 

肩甲骨下の角周辺が一番、固くなっていますのでそこを重点的にほぐします。

触って分かるくらいゴリゴリしていました。

 

 

 

肩甲下筋のほぐし方

肩甲骨下の角に指を添えて、そこから親指を脇の下に押し込むとゴリゴリした筋肉にぶつかります。

骨の内側から親指が入るようになります。

 

親指でグリグリと肩甲骨から剥がすようなイメージでほぐしていきます。

脇の下から肩甲下筋が触れるのでほぐせるのですが滅茶苦茶痛い

@kesuikemayakuは痛みに強い方なので大丈夫ですが人によってはかなりきついかもしれません。

 

デスクワーク、パソコンを使う人やスマホを使っていると肩甲下筋は固くなりやすいです。

グリグリと肩甲下筋をほぐしていくと肩が軽くなったように感じたら終了です。

 

 

ほぐし終わったら鏡をチェックしてみてください。

ほぐした方の肩は下がっているはずですよ。

 

 

脇の下に指を突っ込むので抵抗があるかもしれないけど蹂躙するようにゴリゴリするのがポイント

 

バンザイをして肘を体に寄せる

最後にストレッチとしてバンザイをしてから肘を曲げて体よせていく運動をします。

肩甲骨をグッと背骨に寄せていくイメージ

 

バンザイ、肘を体に寄せる、バンザイ

 

これを10回繰り返す。

 

 

これをする事で外側にズレた肩甲骨が真ん中に寄って下に下がってきます

肩甲骨が正常な位置に戻るように動かしてあげます。

 

 

 

@kesuikemaykuが実際にやってみたら背中がす~っとしたというか滞っていたものがスムーズに流れるのを感じて超気持ちいい

 

 

まとめ

肩甲骨はがしをする事で肩こり、首コリ、猫背、四十肩、五十肩、ストレートネックなども改善できます。

実際にやってみて分かったのですが思った以上に肩甲骨がガチガチなっていました。

 

最初に肩甲骨周辺の皮膚をひっぱり伸ばすのがポイント。

結構、マイナー筋肉を動かすから痛かったり動かしづらかったりするけど効果は抜群です。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

参考動画

 

 

 

 

 

-健康を保つには
-

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.