勉強のやり方 大人にもおすすめ

々の読み方とは?漢字変換で一発変換するには?

更新日:

々の読み方について書いていきます。

文章を書いていて打ち間違えたりしてイラッとしてしまうのが

[々]という文字だ!

 

 

読み方さえ判れば漢字変換で一発なんだけど
判らないからいちいち、文字を消して書くのが面倒ですよね?

 

 

@kesuikemayakuもイライラしてしまう方なので是非、知りたい知識。

 




 

[々]は単体では読めない。

 

[々]は同じ音が続く時に使われる漢字

 

例えば

  • 初々しい(ういういしい)
  • 時々(ときどき)
  • 女々しい(めめしい)

同じ音が続く時に使われる特殊な漢字で踊り字と言います。

 

 

踊り字=繰り返し記号

 

 

と考えてください。

 

 

々は単体での読み方はありません!

単体での読み方はありません!

大事な事なので二回、言います。

 

 

 

あくまでも繰り返し記号、[:]コロンとか[;]セミコロンみたいな感じ

俗称でノマ点とか同の字点と呼ばれています。

俗称なので漢字変換はできません。

 

 

字を読みやすくスマートにするための知恵と言った感じ。

[初々しい]という文字を初初しいと書いたり

[時々]を時時と書いてしまうのはカッコよくも可愛くもない

野暮ったい漢字になってしまいます。

 

 

漢字変換するには?

 

今、スマホからこの記事を読んでいるならメモ帳を開いて試してほしい。

漢字変換で々を一発で出すには

 

おなじ

 

と入力して漢字変換をしてみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・出来ましたか?

こんな感じで[おなじ]と入力すれば[々]になります。

次は

[どう]

と入力してみてください。

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

[々]と変換できたと思います。

 

おなじと入力して変換できる踊り字

 

一覧にまとめると

  • 仝・・・・特殊な漢字である。「同」の「古字」とされる。一般に、繰り返しを表す記号として用いられ「同上記号」という。
  • ヽ・・・・カタカナに使われる踊り字
  • ヾ・・・・カタカナに使われる踊り字(濁点)
  • ゝ・・・・ひらがなに使われる踊り字
  • ゞ・・・・ひらがなに使われる踊り字(濁点)
  • 々・・・・漢字に使われる踊り字

 

同じすすめでも「すゝめ」と書く事もできるし、「スヽメ」と書く事もできるわけです。

 

まとめ

々という文字に具体的な読み方があるわけではなく

発音を繰り返すという記号、踊り字とか繰り返し符号と呼ばれるものでした。

 

 

 

漢字変換する時は【おなじ】か【どう】と入力すると一発で変換できる。

漢字用の踊り字もあればひらがな、カタカナの踊り字もあってなかなか面白い。

 

 

この辺りの知識って学校であまり教わっていない知識な気がします。

漢字変換を使わない手書きの文章だと踊り字はかなり楽に文章が書ける。

パソコンとかスマホだと逆に面倒になった漢字ですね。

 

 

小説とかラノベとかを書いている人は表現の一つとして覚えておいても損はないかな~

具体的に教わっていないからクイズとして出題するのも面白そうです。

 

ひらがな、カタカナの場合は濁点をつけると同じ発音ではなく濁点のついた発音になる。

【すすめ】なら【すゝめ】になるけど

【すずめ】だと【すゞめ】になる。

 

こうやって考えると日本語って遊びの多い文章だよな~

ではでは(^ω^)ノシ




 

漢字の雑学7記事まとめ



-勉強のやり方 大人にもおすすめ
-, ,