おすすめアプリ 無料

Focosの使い方!自由自在に背景をボカせる!

更新日:

Focosはポートレート機能があるiPhone7Plus、iPhone8Plus、iPhone X以降の機種をお持ちの方限定の機能紹介になります。

ポートレート機能がついて背景をボカしたりする事で一眼レフカメラみたいな写真が撮影できるようになりました。

 

 

 

本格的な写真を撮影したい人にぼかしは必須!

iPhoneのカメラでぼかしが入るというのは写真好きには嬉しい機能

 

しかし、ポートレートを撮るための条件が以外と厳しい!

 




 

Focosダウンロード

iPhone⇒ダウンロード

 

Android版にも同じ名前のアプリがあるけど別モノ、FocosはiPhoneアプリだけ。

 

 

ポートレートとは?

iPhone7Plusから背景がボカせる機能がつきました。

公式カメラアプリの機能で使い方はポートレートモードにして撮影するだけなんだけど

 

 

 

条件が面倒で[離れてください][被写体を2.5m以内に配置してください]

なのでどんな写真でも背景がボカせるわけじゃない

風景を撮影したりするには問題ないのかもしれないけど、日常生活を撮影する時にイメージ通りの写真が撮れないかもしれません。

 

 

撮影するまでのセッティングが大変、狙った通りの写真を撮影するには練習が必要かもしれません

 

Focosは自由自在にボカせる。

Focosの使い方!

Focosの使い方は撮影する前にピントを合わせたい部分をタップするとそれ以外をボカして撮影できます。

 

 

背景をボカしたりする事もできるし手前の物をボカしたりもできます。

こんな感じになります。

自作の撮影セットの中にある人形にピンと合わせています。

背景の黒い革とパソコンが写りこんでいますがボケて確認できなくなっています。

 

逆に背景にピントを合わせると人形はボケて細部が見えなくなる代わりに

遠くにあるパソコンの画面がはっきり確認できます。

 

 

ちなみに絞りサイズを最小のF1.4にして加工しました。

全く絞らないF16.0だと殆ど変わらない感じです。

 

 

 

モデルはSDガンダムのトールギスⅢです。

 

 

こんな感じでボケを設定できます。
Focosで撮影した写真は後でボケの設定をする事もできます。

 

 

公式カメラアプリのポートレートモードで撮影した写真も編集、加工できます。

風景とかをとりあえずポートレートモードで撮影しておけばFocosで加工できます。

 

 




 

エフェクト

Focosの設定はいろいろあります。
少し機能を紹介します。

フラッシュ

フラッシュのオン、オフもしくはオートの設定、もしくは常に光らせておくかを設定できます。

 

 

 

露出バイアス(明るさ調整)

明るさ設定、プラスにすれば影になっている所も明るく写せる。

マイナスに設定すると暗くなる。

 

 

 

ホワイトバランスバイアス

ホワイトバランスを調整する機能プラスに設定すると黄色というかオレンジっぽくなる。

夕日のような色になる。

逆にマイナスに設定すると青っぽい色味になる。

 

 

その他、

比率・グリッド・レベル・セルフタイマーなどの設定ができます。

 

有料機能

1300円を払えばプロバージョンがアンロックされて

 

  • シェイプ機能
  • ハイライト機能
  • 変形機能の一部解放。
  • レンズの交換
  • ライティング
  • パッチ機能

などの便利機能が解放されます。

 

Focosの基本的な機能に物足りなくなったら購入を考えてもいいかもという感じ。

 

まとめ

自由自在にボケをいれられるFocosは綺麗な写真を撮影する以外にも

ブログとかSNSで写真をアップロードする時、人の顔とかはボケていてほしい場合とかにポートレート機能を使えば余計な部分は写らない

 

Focosを使えば人の顔とかを判別できないようにする事も可能、違和感なく紹介したいものに焦点を当てられるのが嬉しいですね。

 

 

細かい設定は抜きにして、絞りとピントを設定すればボケが設定できますよ。

ではでは(^ω^)ノシ

関連記事

カメラアプリ9記事まとめ

 

とっても簡単!デジタルカメラの選び方、ポイントは撮影目的に合わせたカメラ選び

 

iPhoneのカメラアプリでブログ用におススメなのは?これだ!

 

 

古いiPhoneの使い道⇒SIMカードがなくても超高性能端末!

 




 

 



-おすすめアプリ 無料
-, ,