日記

NHKの受信料を払いたくないと思う人がいる理由→単純に選択肢から除外されているだけ

NHKのの受信料を払いたくないという人は結構いるみたいです。

NHKのの受信料を払う人は年々減っているとか

NHKが映らないテレビも開発されていてそれをネタに裁判が起きていたりします。

 

 

 

何故?NHKに受信料を払いたくないのか?

ちなみに筆者もNHKに受信料を支払いたくない派です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

民放テレビで充分

情報を得るだけなら民放テレビで充分という話です。

少なくともネットを使わない世代でもNHKを見ない人は多いと思う。

NHKしかやらないようなテレビってないし、大河ドラマとかも版権とお金があるからできるだけ

 

 

という感じに見える。

だから、NHKを見ない人が増えている。

 

 

 

見ないものにお金を払いたくない

正直、好きで契約したわけでもないし基本的に見ない

そういうものにお金を払うのは無駄だと考える人は多い

全く使わないものに年間1万3000円を使うというのはお金をドブに捨てるようなもの

 

 

しかし、テレビを買うともれなく契約を強要される。

同じ金額を払うならネット配信のhuluとかNetflix、アマゾンプライムビデオなんかに課金した方がいいと

誰もが思っています。

 

 

 

法律が古い

放送法でNHKが見れる受信器を買ったら契約しなさいと書かれているけれど

そもそもこの法律ってテレビ局がNHKしかない時代の法律ではなかろうか?

全く令和2年の世の中とマッチしていない変えるべき法律です。

 

 

テレビ局が国営放送しかなかった時代ならテレビを買ったらNHKと契約して受信料を払って見る。

これは正しい、一つしかないものみんなでお金を出して見る。

 

 

NHKしかないのに受信料を支払わないのはタダ乗りしている卑怯者だった。

 

 

 

徐々に民放テレビ局が誕生してテレビ番組が増えスポンサーがCMを流したり

回線を契約して独自の番組を放送したりできるようになってくると

 

 

公共放送がいらなくなる。

そして令和2年現在で言えばYou Tubeやニコニコ動画などの無料で見れる動画サイトやNetflixやhulu、アマゾンプライムビデオなどのネット配信サイトがある。

無数にコンテンツが見れる時代になったのに放送法が全く改正しないのは問題。

 

 

スポンサーリンク

 

公平中立な報道ではない

放送法では対立する意見がある場合はきちんと公平に報道する事と書かれていますが

NHKはこれを守っていない。

保守とリベラル、どちらの意見を多く扱うかと言うとリベラルの意見を多く報道している。

 

 

安保法制案の時に大々的にデモが行われたりした時もNHKはどちらかと言うと反対派ばかり報道している。

テレビ局全般がそうなのですが日本の報道は基本的に左寄り

 

 

本来ならNHKは公平に報道しないといけないところを賛成派がいないような報道をしている。

 

全くフェアじゃない。

 

 

下手すると反日的な番組を放送していたりするんじゃないかとTwitterとかで話題になるくらいです。

 

 

負担になる

受信料はホテルなどの経営していると大きな負担になります。

旅館など部屋にテレビがついているけど

一部屋毎にNHKと契約しているから1部屋年間1万3000円を支払っている

 

 

100部屋もあったら年間130万円です。

小さなホテルや旅館でも20部屋は普通にあるから年間26万円くらい必要になる。

 

 

 

まとめ

NHKにお金を払いたくない理由として

  • 見ないテレビ番組にお金を払いたくない
  • 法律が古い、いつまでNHKしかなかった頃のままなのか
  • 公平・中立な報道をしない
  • 受信料が負担になる(ホテルなど)

 

はっきり言ってテレビ番組とかネットの動画を含めた選択肢にNHKはそもそも入らないくらい

日本国民から求められていない。

 

あまりにもバカバカしい

 

NHKが見たいと思っている日本人ってドンドン減っている感じ

テレビでたまたま映っていたら見るかもしれない、というくらい

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

NHKの受信料いくらなんでも高すぎると思ったらNHKの役員報酬。総理より高いとは!

 

NHKはいらない!テレビ業界の既得権益でしかない

 

NHKに受信料を払わない方法!→契約しない事が大事

 

NHKのスクランブル放送がなぜ求められるのか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

-日記
-,

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.