日記

侵略されたら戦わずに降伏すればいいという主張は想像力があまりにも欠けている。

よく、戦争になったらどうするか?他国が侵略してきたらどうするか?

なんて議題で話し合う時に

 

 

「侵略されたら無抵抗で降伏すればいい、それで日本人は死なない」

「個別自衛権すら必要がない。侵略されたら政府が敵国と交渉して速やかに降伏したほうが損害が少ない」
みたいな発想をする人がいますがはっきり言って想像力が欠如しているし

侵略してきた国家は聖人の集まりか何かなのか?と思ってしまう。

 

 

現実として自分と同じ人間が戦争をしかけているわけだから

想像力を巡らせたり歴史を勉強すれば分かるはずだろう。

 

 

 


降伏した時の2パターン

無抵抗で降伏した後に何が起こるか?

 

  • 民族弾圧
  • 民族同化

 

この2つになると思います。

何を考えてるか分からない多民族を弾圧し洗脳していって自分たちよりも下の身分にする。

もしくは自分たちの文化を学んでもらい最終的には同化してもらう。

 

 

どっちにしろ、日本としてのアイデンティティは残らないし

民族弾圧を選択されると新居ウイグル自治区みたいな事になる。

マジで男女とも野良猫以下の扱いになる。

 

 

民族同化にしても文化や伝統を捨てる事になる。

宗教の入信を迫られる可能性だってあり得る。

 

 

侵略国家が必要だと思った技術は残るだろうけど、芸術なんかは残らないかもしれない。

 

 

結局、戦争をする事になる。

戦争を回避するために降伏したけど

侵略した国家は日本の技術を吸収し新たな兵器を作ったりお金で兵器を購入したりするかもしれない

日本ではなくなっているのだから当然、日本国憲法なんてのは無効になっている。

 

 

元自衛隊の隊員なんかは即戦力として使われるだろうし、自分たちの子供や孫が侵略戦争に参加する可能性は高い

というのも日本を侵略した国家が他の国家を侵略しない可能性は少ない。

 

 

大和民族が戦争をするしないを選べない状態になる。

無抵抗で降伏した民族はどんな状況でも発言権なんてない。

 

 

 

日本の技術というのは他国にとって喉から手が出るほど欲しいものかもしれない。

だから日本を独立させるという名目で制裁戦争になる。

 

 

 

多国籍軍が組織されて日本を取り返す戦いが始まる。

しかし、侵略国家が勝っても多国籍軍が勝っても日本という国家は戻ってこない

 

 

侵略国家が勝てば侵略戦争は続くだろうし、国連軍が勝っても日本は主権を放棄しているから

領土を切り分けられる。

 

 

全く戦わないというのは主権を放棄したとみなされてもおかしくない。

多民族に支配される構図は変わらないというわけだ。

 

 

 


民族弾圧される可能性

2021年現在、国際法で侵略戦争は禁止されている。

そんな中で侵略戦争をするような国家はかなりイカれてる。

 

 

人権弾圧の最先端である中国が行うウイグル人への弾圧を見れば分かる

ざっと調べるだけでも

 

  • 子供へ中国国歌を歌うように強要
  • 女性はレイプ
  • 子供が生まれないように避妊手術をする。
  • 収容所での拷問や性的虐待
  • 内臓の売買
  • 中国人との結婚を強要
  • 言語の剥奪
  • 虐殺
  • 家族を引き離す

 

 

「個別自衛権すら必要がない。侵略されたら政府が敵国と交渉して速やかに降伏したほうが損害が少ない」

 

という言葉の空虚さがこの現実にある。

 

扱いは最悪で人として扱われない可能性が高いのは明らかだ。

ある日、突然

 

「日本語は禁止、〇〇語を話さないと収容所に収監するぞ」

 

という事になる。

つまり、子供の世代や孫の世代には日本語がなくなってしまう事になる。

 

 

無抵抗の降伏は独立の放棄

侵略戦争に対して無抵抗の降伏をしてしまうのは

その後、どんな状況になっても独立が出来なくなる可能性が高い。

 

 

侵略国家が滅んでも別の国家がご主人様になるだけ

第二次世界大戦の時は日本が撤退する事で大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国が誕生したわけだけど

 

最初はソ連とアメリカの傀儡政権だったわけだし。

自力で独立するのは難しい。

 

 

戦って負けるのと、どう違う?

少なくとも、ナメられない。

ゴミクズのような扱いは受けないし

交渉の余地が出てくる。

 

お互いに疲弊した状態で戦争終結すれば一方的に弾圧される事もない

そういう余裕もなくなる。

 

 

スケールを思い切り小さくすれば学校のいじめと一緒で無抵抗な相手にはどこまでもエスカレートするのに対して

殴り合いをした相手にはある程度、警戒するようになる。

 

 

痛い目にあわせる事で同じ立場にいる事を思い知らせる事が出来る。

 

 

戦争の負け方として無抵抗の降伏は最悪の部類になる。

話し合いにすらならない。

 

幼稚園児と対等に会話をする大人がいないように

格下に対して親身になる集団なんていない。

 

 

 

 

まとめ

 

侵略戦争されて無抵抗で降伏するという発想は危険思想だと思う。

民族浄化されかねないし、上手く同化したとしても新たな国の国民として戦争に参加する事になるだけ

 

しかも、侵略国家が倒れても独立できない可能性が高い

無抵抗の降伏は主権の放棄だから大和民族が主導の国家には絶対にならない。

文化の消失は避けられないだろうし

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

この記事もおすすめ

日本刀の雑学記事まとめ、記事にしてほしい事がありましたらコメント欄に書いてください。

 

 

ヨモツヘグリの元ネタとは?仮面ライダー鎧武に出てきたやつ

 

マナー講師が害悪な理由!お金儲けのためにやりたい放題

 

 

 


 

 

-日記
-

© 2021 トリビアとノウハウノート