社会問題 時事

N国党がマツコデラックスに絡むのは戦略がしっかりしてるから

投稿日:

N国党とはNHKから国民を守る党という左翼系政党。

その在り方は立憲民主党なんかよりもよっぽど左翼的。

 

 

立憲民主党は左翼政党ではなく反日政党だと揶揄されるレベルなので問題外なのですが

NHKの仕組みを変えてスクランブル放送を実現させようとする革新政党。

N国については賛否両論ある中で今回、紹介したいのはその戦略です。

 




 

N国は目的を持ち達成するための戦略がある。

N国はめちゃくちゃだ!
意味の分からない事をするな!

政治家としての常識や良識はないのか!

 

 

批判はありますが

彼らの目的から1ミリもズレてない。

N国党は参議院に立花孝志議員が当選した。

 

 

 

次に何をするべきか?
それは国会議員を増やして影響力を持つこと

二つのやり方があって他の政党からスカウトしてくる

もう一つは認知度を上げてN国党の党員を国会に送り込む事。

 

 

 

ここで他の政党と違うのはyoutubeが使えるという事です。

他の政党はテレビや雑誌に扱ってもらわないといけない。

 

 

 

内容をコントロールできないためデメリットしかない

立花孝志議員はyoutubeを使って自分で世論をコントロールする事が出来る。

 

 

 

マツコデラックスさんに絡んだり、崎陽軒の不買運動などは殆どパフォーマンス

いわばプロレスのように台本ありきである。
引き際の鮮やかさが非常に計算高い。

 

 

 

マツコデラックスさんに批判が集中しないように東京MXのスポンサーである。

崎陽軒の不買運動だ!とか言って批判の矛先をコントロールしている。

youtubeがあるからテレビが都合よく編集することもできない。

 



 

れいわ新選組と比較すると

同時期に当選したれいわ新選組は全く報道されない

れいわ新選組自体が話題にならなくなった。

参議院で対案がだせない場合はあっさり支持を失う可能性がある。

 

 

 

今は国会も開かれてないから活動しようがない
twitterで情報発信するくらいが関の山

N国と比較すると目的がないから風見鶏になりやすいというか

ポリティカルコレクトな思想が前面に出ている政党。

 

 

 

れいわ新選組の山本太郎氏も国会で牛歩戦術や喪服で焼香をするようなパフォーマンスをした人物。

後、天皇陛下に手紙を渡すなど重大なルール違反をしている。

 

 

 

何かしらの戦略があるならきっちり支持者を増やすのだろうけど

そういう訳でもない。
前回の参議院議員選挙では身体障害者の候補者を擁立して2名当選させましたが

行き当たりバッタリな印象。
そこに目的が見えない。

 

 

N国党の戦略とは

N国党の戦略は外から分析するに

 

  1. 党員を国会議員にする
  2. 国会で一定の影響力を持つ
  3. 売名行為によって有権者に名前を知ってもらう
  4. 賛否両論で議論できる話題を提供する。
  5. NHKに不利な世論を作る。
  6. ネット上で支持される政党と協力する。

1~5は既に達成している、2番の国会で影響力を持つというのはまだ始まったばかりだけど

党員を増やしきちんとした対案が出せる政党なら自民党も無視できなくなる。

 

 

また、憲法改正などにも賛成する代わりに放送法の改正に協力してほしいと取引ができるかもしれません。

売名行為も炎上しているけど、当人同士で恨まれたり裁判になる事はない程度に引き際を心得ている感じです。

 

 

あくまでも賛否両論の言論空間を作る事で有権者に考えさせる。

N国党はあれだけ外で炎上商法したからには国会で誰よりも与党と戦える

対案が出せる政党にならないとバランスが取れないからこれからが大変だと思います。

 

 

まとめ

N国を@kesuikemayakuが支持する理由は目的がしっかり定まっている。

目的のために行動しているため、変な野党よりも信用できるからです。

 

なんとなく倒閣運動している野党よりも一つの法律を改正するために頑張る政党の方が信用できるというのはみんなが理解してくれるところ

 

N国の性質上、絶対にテレビ番組とは戦わないといけない政党でYou Tubeを使って政治活動をするという新しいスタイルに惑わされずに分析すると

目的のために手段を選ばずに行動している。

 

 

手段を選ばずとは言ってますが法律違反はしないし、引き際の見極めが神がかっているからそこまで悪印象はない。

一種のプロレスだと思えば気楽に見てられるし

 

ではでは(^ω^)ノシ

 






-社会問題 時事
-