面白いトリビア

プールの気になるあの匂い原因は塩素じゃない?

更新日:

プールのあどの独特の匂い、あれってよく塩素の匂いと表現されますが

実際は塩素ではないらしい。

夏本番、プールに行くこともあると思います。

 

 

プールの匂いがなんなのか調べてみました。

 

 

塩素は消毒をするために必要不可欠、

塩素は汚れなどの有害物質と結合すると臭くなります。

臭いがきついほど汚れていたという事になりますね。

 

 

,

スポンサーリンク




 

プールに塩素を入れるのはなぜ?

プールに入れる塩素というのは次亜塩素酸ナトリウムという物質で

カビキラーなんかにも使われています。

 

 

塩素には病原菌を殺菌する効果があり

塩素を入れないとプールの水は雑菌だらけになり

場合によってはパンデミックの原因になってしまう。

 

 

だから、塩素を入れて病原菌を殺菌する事で衛生環境を守っています。

塩素自体、人体に有害なのですが人体に入っても問題ない濃度で塩素を使う事が法律で決まっているので安心です。

 

 

塩素は炭素と結びつきやすいので人が入るプールでもその化学反応が起きている。

 

プールの臭いは?

プールの臭いは塩素とアンモニアが混ざって出来た。

トリクロラミンという物質が原因。

 

 

アンモニアが混ざっているというとプールの中でおしっこをする不届き者がいる

 

なんて話はよくある話です。

 

ですが小学生でもあるまいし、テーマパークにあるようなプールやジムのプールでおしっこをする人は少ない

 

じゃあ、なんでトリクロラミンが精製されてしまうのか?

 

一つの理由としてはおしっこをした後に、わずかに雫が残っていたりする事ってあると思います。

そういうちょっとのアンモニアが混ざる事で臭いが出てしまう。

 

不特定多数が入るプールだから仕方ないですね。

 

 

プールの臭いはトリクロラミンが出来てしまうためですが

アンモニアなどの有害物質を比較的安全なトリクロラミンに変えてくれているという事でもあります。

 

 

汗にもアンモニアが含まれる事があります。

本来なら肝臓で処理されて尿として排泄されるはずのアンモニアですが

内蔵機能が低下している状態だとアンモニアが汗と一緒に出てきてしまう。

 

疲労臭なんて呼ばれ方をする奴です。

個人差はあれど汗にもアンモニアは含まれています。

 

 

スポンサーリンク



 

プールで泳いだ後、目が赤くなるのも

プールで遊んだ後に目が赤くなってしまう事があります。

夏になると悟空が目薬をさすCMとかありましたが

 

あれもトリクロラミンのせいです。

水泳の後は目を水でよく洗うのはトリクロラミンなどを除去するためなんですね。

 

これでトリクロラミンが怖いものであるという考えるのは浅はかで

アンモニアが残留している状態だともっと深刻なダメージを目に与える事になります。

 

 

プールに入る前、入った後

プールに入る前、入った後はかならずシャワーを浴びる事

入る前は体についてる汗やアンモニアを流すため

入った後はトリクロラミンを洗い流すためです。

 

 

目も荒いうがい手洗いもしましょう。

なんか小学校でならったような事を書いていますが必要なことです。

 

 

まとめ

プールの臭いは塩素とアンモニアが混ざったトリクロラミンの臭い

プールの臭いがするというのはしっかり消毒が出来ている証拠でもある。

 

残留塩素がアンモニアをきちんと退治していると言えます。

ただ、トリクロラミンはアンモニアほどじゃなくても人体に有害なので

プールから出たらきちんとシャワー、目を洗う事が大切になります。

 

 

不特定多数の人が遊ぶプールではどうしても汗やおしっこが水に混ざってしまう

塩素を入れないと病原菌の温床になってしまうので塩素を入れる。

塩素とアンモニアが結合する事で比較的害の少ないトリクロラミンになる。

 

 

プールの臭いは安心の証といえるかもしれません。

ただ、きれい好きな人がこの話を聞いたらプールに入れなくなるかもしれませんね。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

スポンサーリンク







 

-面白いトリビア
-,