仕事のやり方を変えるヒント

病気で会社を休みたい!報告はメールでも大丈夫?

更新日:

朝から具合が悪くて熱を計ったら37.0℃という微熱

このくらいなら会社に行ってしまう人もいるのですが

会社を休んだほうがいいでしょうね。

 

今回は会社を休む時に報告はメールでも大丈夫なのか?

という事です。

 

欠勤をメールで知らせるのは誠意がないのでは?

と思うかもしれませんが連絡して休むという事ではあまり変わりません。

 

 

電話であろうとメールであろうと伝わればいいのです。

電話もメールでも同じ事です。

 

単に電話の方が早いというだけです。

 

 

メールで欠勤報告するメリット

メールの場合は定型文みたいなのを作らないといけないので病気でつらい時は大変かもしれません。

逆に自分の症状を詳しく伝えるにはメールの方がいい。

 

ある程度ビジネスマナーを踏まえた文章であれば大丈夫だと思います。

 

欠勤の連絡をメールでするとはけしからん!なんて怒る上司もいるかもしれませんが

そういう上司は電話でもこれまためんどくさいやり取りが発生する可能性もあるので注意したい

 

 

メールだと連絡してスマホの電源を切ってしまえば一日を療養に使える。

 

 

というかそんな事で目くじら立てる会社はコンプライアンスとかどうなってんだという話だ。

でも、すぐに伝わるのが電話でとりあえず伝わるのがメール

なるべくなら電話の方がいい。

複雑な引継ぎ説明があるならメールの方が便利かもしれません。

 

 

メール連絡は早い方がいい

メール連絡は早い方がいいです。

業務が始まる前に上司などに連絡しておけば上司も今日の予定を立てやすい。

引継ぎなんかも伝えておくといいですね。

 

また、次の日も休む、病気で入院する場合なんかも早めにメール連絡しておきましょう。

 

 

電話であろうがメールであろうが連絡は早めにしておくべき。

 

 

メール連絡がNGな会社もあるので注意

風邪で声もでないくらいでもメールで欠勤連絡をするのを禁止している会社もあります。

そういう場合は力を振り絞って電話するしかないです。

 

一応ルールで決まっていればそうせざるおえないけれど

そんなかっちりルールが決まっている会社も少ないだろうしそもそも時代遅れなルールが適応されるとも思えない。

 

今の時代、LINEのメッセージでいいじゃんみたいな部分はあります。

 

欠勤メールの流れ

欠勤メールを書く時は

  • 件名
  • 本文(欠勤理由)
  • 仕事のバックアップ
  • メール結び

 

 

メール例文

件名 本日は欠勤させていただきます。

 

○○課長

大変申し訳ございません。

 

本日体調不良のため欠勤いたします。

 

突然の連絡で恐れ入りますがご了承のほどお願い申し上げます。

 

なお

本日予定していた顧客アポイントは全て先方に連絡しキャンセル・延期の連絡をしてあります。

 

10時 A社(キャンセル連絡済み)

13時 B社(キャンセル連絡済み)

16時 C社(翌日同時刻に延期)

 

ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが

ご容赦くださいますよう、何卒お願いいたします

 

メール署名

 

メールの件名は

会社を休むと一目で分かる内容にしましょう。

 

  • 本日は欠勤させていただきます。
  • 【欠勤連絡】本日、休ませていただきます。
  • 本日、休ませていただきます

 

無難な欠勤理由

欠勤理由は無難に

  • 体調不良により
  • 子供が急病により
  • 親の介護があり
  • 子供が体調不良のため、病院に連れて行くなど

 

体調不良が一番、書きやすい(仮病)でもOK

 

本文では、すみませんという言葉は使わず

  • お詫び
  • 申し訳ありません
  • 恐れ入ります

などのフレーズを使い同じフレーズを使わないように心がけましょう。

 

仕事のバックアップ

仕事の予定を誰かに引き継がせたり

もしくはアポイントを取っていた会社にはきちんとキャンセルを連絡済みなのか

 

きちんと伝えておくべき

あまりにも重病であればここは会社に任せた方がいいかも

 

メール結び

最後に再び謝罪をしてメールを締めます。

 

ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが

ご容赦くださいますよう、何卒お願いいたします

 

メール署名

 

この文章が無難です。

 

まとめ

難しい言い回しが多いこの手のメールですが

あらかじめテンプレートを作っておくと楽チンです。

 

決まった文言を書いて更に仕事のバックアップさえ書いておけば

文句は言われないはずですよ

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

 

-仕事のやり方を変えるヒント