サブカルチャー

なろう系が嫌われる理由って?玉石混合だからしゃあない

なろう系と言われるジャンルはかなり好き嫌いが分かれる。

なろう系愛好家としても面白く読んでいたつもりでもうっかり、ブックマークを忘れると小説のタイトルを忘れてしまう。

素人作品だしテンプレを多用しているから単調でつまらなくなる。

 

 

だが、しかしごく稀に天才的な文章を書く人もいるから侮れない。

そういう人に限ってR18のノクターンで書いてたりするけど

 

 

ここで言うなろう系は異世界転生・異世界転移に的を絞って解説します。

というかなろう系と呼ばれるものはこのジャンルが多い

実際のなろう系はもっと深いのだけど、今回は定番のやつが嫌われる理由を解説します。

 

 

 

作者も自分が描いてる作品のジャンルを間違える

なろう系小説でも無双系は嫌いみたいな感じで言う人は多い。

だけど無双系主人公が登場する作品はコメディ(ギャグ)である事が多い。

 

 

 

伝奇ノベルの創竜伝という作品でこんなセリフがありました。

「強すぎるとコメディにしかならない」

これはある意味で心理で無双系主人公が自重なしで暴れ回る作品というのはコメディになる。

 

 

銃弾を受けても平気で戦車をひっくり返すような強さがあるとシリアスさんは撤退するしかないというわけです。

 

 

ハイファンタジーとかローファンタジーなんてカテゴライズされている事が多いけど

平凡な一般人が転生もしくは転移した先で神さまから強化してもらった力で無双する系は

コメディ要素が高くなり、シリアスは難しい。

 

 

 

後、無自覚無双系なんかは主人公が自分は弱いとか凡人だと勘違いしているケース。

これは異世界転生系、異世界転移系に限らず多くある。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

神さまに改造されてる系、主人公

神さまにスキルをもらって転生もしくは転移をする設定の時に、いきなり異世界に順応して取り乱さずにゴブリンなんかをハンティングするのはおかしい

俺は普通の学生!みたいな事を言いながらいきなり強いみたいなキャラクターは違和感があるようです。

凡人とか言いつつ普通に戦えてしまうとか盗賊殺したけど、平気とかサイコパスなんじゃみたいな話も主張もありますが

基本的に神さまからスキルをもらった系は神さまが主人公たちを改造して異世界に送り出しています。

 

 

 

なのでメンタルもかなり変わっている。
この辺りを作者が理解できていると面白い。

老人が一流アスリートのような体を一瞬で手に入れたら性格が変わってしまうだろうし

事故で腕を無くしたりした人が以前と同じ性格というのはあり得ない。

 

 

 

体の状態は心にも影響を与える。

 

 

スポンサーリンク

 

ご都合主義ではないか?

御都合主義なのは仕方ない、ステータス画面があるような世界観は本質を知っていればかなり御都合主義。

大体、モンスターを倒せば強くなれるという世界観そのものが御都合主義だ。

 

 

 

簡単に主人公の強さを表す事ができる反面、多用すると陳腐になる。

強さを数値として見られるというのはRPGの影響なんだろうけど

物語の小道具として使っている人は少ない。

 

 

 

時系列を切らない

なろう系あるあるだけど時系列がずっと繋がっている。

つまり、謎がない主人公の強さもスキルのおかげになるしつまんない日常パートも丁寧に描写しすぎるから驚きがない。

時系列をズラしてしまう事で主人公の設定を後でいくらでも、入れられるから便利なんだけど

そこが出来ない人がほとんど。

 

 

 

時間軸をズラしておくと主人公が謎めいた存在になる。

あえて描写していない時間を作る事で手札を隠せる。

 

 

 

なろう系は描写を時系列を切らないしステータス画面を表示させて主人公がスキルの検証とかしちゃうから強さが読者にバレバレ

だから読者がハラハラできない。

 

 

 

テンプレの多用

テンプレの多用はオリジナリティを奪う。

かなりさじ加減が難しい。

中世ヨーロッパ風の世界とかRPGにありがちなステータス画面、日本人の有り余る知識で内政チートなどなど

テンプレを多用するとオリジナリティが失われるのでテンプレと呼ばれるものは1〜3つくらいに抑えておこう。

 

 

当たり前だがお約束を多用すればオリジナリティはなくなっていく

テンプレを使いつつもお約束を外していく事が大事

 

 

まとめ

異世界転移・異世界転生の無双系が嫌いという理由は

 

  • シリアスなファンタジーはあり得ない、ギャグやコメディになりがち
  • 一般人も神様からスキルをもらったから戦える→基本的に改造人間
  • ステータスやレベルがあるからご都合主義な展開になりやすい
  • 時系列がずっとつながっているから途中でダレる
  • テンプレ(お約束)の多用でオリジナリティが損なわれる

 

この辺りが嫌われる理由かもしれません。

基本的に冴えない中年とか冴えない若者が異世界でサポート付きで活躍する話だから

自己投影が入りまくりで読んでいて大変みたいな意見もあるかと思うけど

 

 

面白い作品はマジで面白いからweb小説とはいえ嫌がらずに読んでみてほしい

 

ではでは’(^ω^)ノシ

この記事もおすすめ

アニメ版「ギャルと恐竜」ポプテピピックの後釜を狙っているのか?

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

-サブカルチャー
-

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.