面白いトリビア

坂本龍馬の身長ってどれくらい?当時の平均身長を考えたら高すぎる

坂本龍馬の身長は諸説ありますが
身長は172〜175cmではないかと言われています。

この時代の男性、平均身長が155〜156cmと言われてる時代に172cmかなりデカい。

 

 

 

ここから考えられるのは現代人と同じような食生活だったのではないだろうか?

ズバリ、タンパク質を豊富に含む肉を食べていたんじゃないか?

という疑問が出てくる。

 

 

 

スポンサーリンク

 

坂本龍馬の好物

坂本龍馬が軍鶏が好物だと言われてるのは

暗殺された日に下僕に「軍鶏肉を買うてきてくれ。」と言ったとか言わないとか。

ここでポイントなるのは日常的に肉を食べていたという事です。

 

 

土佐藩と言えば。
闘犬や闘鶏が盛んな土地。

つまり、鶏肉は手に入りやすかった。

 

 

軍鶏鍋が好物というか日常的に食べていたんだろうな。

馬肉なんかも食べていただろうし

 

 

カツオや鯨も食べていた?

高知県と言えばカツオのたたきが有名。

更に捕鯨なんかも活発に行われていた。

 

 

 

そのため良質なタンパク質が摂取しやすかったんだと思う。

鯨は太平洋を南から北へ向かってやってくる。

その時に漁をしていた。

 

クジラ肉はとにかく大量に取れるし安定したタンパク質になりうる。

 

 

なので土佐湾では鯨がやってくる時期になると漁に出ていた。

大晦日に食べる【暮れの煮物】は鯨肉、切り昆布、大根、人参、糸こんにゃくなどで作る。

 

 

 

スポンサーリンク

 

お金持ちは肉を食べていた疑惑

一般庶民、農民や町人でもお金持ちなら頻繁に肉を食べていたのではないだろうか?

当時の食生活は想像するしかないが江戸時代、肉は薬扱いでした。

 

 

 

まあ、言い訳でしょうけど
なのでお値段もお高め

 

 

少なくとも同じ大きさの魚よりも高かった。

土佐藩みたいに闘鶏が盛んな土地じゃなきゃ頻繁に食べる事は出来なかった。

 

 

坂本龍馬の家は元々は質屋や呉服屋さんをしていた豪商、才谷屋という名前のお店を持っていた。

商人だったけど、第六代・直益のときに長男・直海が藩から郷士御用人に召し出されて坂本家を興した。

 

 

下級武士だったけど、実家である才谷屋から多額の財産分与を受けて裕福な家だった。

 

 

 

 

九州は肉食に忌避感はなかった。

幕末の志士でも薩長の人はみんな背が高い。

西郷隆盛の身長は179cmとか180cmと言われています。

 

 

 

長崎の出島ではオランダ人とか中国と付き合う関係で普通に肉を食べていた。

そこから九州に近い地域でも肉を食べる人が多くなったと考えられます。

 

 

 

黒豚の由来を調べたら、戦国時代から黒豚は歩く野菜扱いだったらしい。

九州に近い長州藩や土佐藩では肉食は割と普通だったのかもしれない。

そうじゃないと説明がつかないくらい身長差がある。

 

 

まとめ

江戸時代は貧富の差で体格が決まっていた。

今と違って肉や魚は高級品という時代ではさもありなん。

 

なので裕福な武士階級の人は良質なタンパク質を摂取できるからデカイ

更に言えば九州に近い地域は肉食に対して忌避感もなかったんじゃないかと思う。

 

江戸では米と漬物と味噌汁がメインだったけど、地域によっては毎日、魚が食事に登場したり

場合によっては地鶏を食べていた可能性もある。

 

 

西郷どんがデカイのは豚肉とか鶏肉を食ってるおかげだった。

というか薩摩藩は戦国時代から黒豚を食ってたというからマジで異国というかなんというか。

 

坂本龍馬の身長が現代人並なのは裕福な家庭に産まれ、肉を食う事に忌避感があまりない地域で育ったからではないだろうか?

坂本龍馬の身長は写真とか仲間の証言でしか知る事はできないんだけど

それを考えてもデカイ

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

一生付き合える!東京の高級箸!江戸木箸の通販

 

日本刀の長さは当時の平均身長に合わせて短い?

 

日本で習える武道・格闘技!50個以上あるので選びたい放題

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

-面白いトリビア
-

© 2020 トリビアとノウハウノート