ブログ検索

ブログ検索

健康を保つには

スマホがインフルエンザの感染経路になる?

更新日:

スマホはトイレより汚いなんて話もありますが
インフルエンザの感染経路になる可能性もあります。

 

 

もちろん、メーカーも抗菌プラスチックなどでケースを作っていますが

それでもスマホは身の回りの物で一番、手垢まみれになります。

 

 

スマホを見れば指紋がべったりくっついていませんか?

 

 

 

 

 

スマホはトイレより汚いと言われるのは何故?

単純な話、スマホを使う前にいろんなところを触る。

階段の手すりやエレベーターのボタン。

くしゃみを抑えた手のひらでスマホを弄ったり。

 

 

 

ポテチを摘んだ手を軽くティッシュで拭いただけでスマホを弄ったり

夜中にお布団の中で手遊びをした手で触ったり
割と無神経にベタベタ触っているからですね。

 

 

 

手についたインフルエンザウイルスや床やテーブルなど、ウイルスが付着した物に置いたりしているので

インフルエンザに限らず、ウイルスや雑菌がついて汚いというわけです。

 

 

 

汚れた場所を触った手でスマホを触り汚れたスマホを触った手であちこち触る。

負のスパイラルというやつです。

 

 

 

インフルエンザに限らず

インフルエンザに限らずウイルスや雑菌が溜まる事もあります。

手は洗うけどスマホはそのままではダメ。

 

 

考えて見れば当たり前なのですが、うっかり見落とされがちな視点。

ノロウイルスとか食中毒を起こすようなウイルスもスマホについたりします。

 

 

どうすれば予防できるかと言うと

 

 

 

 

こまめにスマホを掃除する。

スマホをこまめに洗う。
100円ショップなんかでスマホクリーナーが売られていたりするのでこまめに洗う。

アルコールを含ませたティッシュなんかで軽く拭くだけでかなり違う。

部屋に常備しておいて気軽にスマホを洗うのが良いですね。

 

 

 

精密機械だから水洗いとか基本的にできない。

だからクリーナーを使いましょう。

 

 

普段の掃除にはメガネ拭き、クーリングクロスを使って乾拭き

手垢や脂を取る。

 

スマホにアルコールはまずいらしいというか

プラスチックだと変質してしまう物があるのであらかじめ調べておきましょう。

 

というかドラッグストアの無水アルコールを布とかティッシュにつけて磨くのは駄目

スマホに強化ガラスとかフィルムを貼っていないならアルコールは使わずにメガネ拭きにお湯で作った石鹸水で拭くのが良いです。

 

 

画面を保護していれば市販のスマホクリーナーを使ってもOKI

 

ウェットティッシュタイプがおすすめ

メガネ拭きのような布タイプよりもアルコールが染み込んだウェットティッシュタイプがオススメ

 

 

 

 

アルコール除菌が出来てウイルスなんかを排除してくれます。

スマホケースにも使える、本革のケースには使えないけど、金属やプラスチックケースなら使える。

アクリルや一部のプラスチックには使えないけどスマホはアルコールにも大丈夫なプラスチックを使っているので問題なしです。

 

 

エレコムの超速乾液晶クリーナーはすぐに乾くし画面を傷める事はありません。

軽く拭くだけでピカピカになるのでおすすめ

 

 

ウイルスが残りやすい場所は?

ウイルスが残りやすいのは画面の端や凹み、手をずっと添えている裏面と液晶画面です。

・・・・殆ど全部ですね。

凹みもしっかり拭くのがポイントになりそう。

 

 

まとめ

スマホはいろんな所に置いたり、トイレで使ったりするからウイルスや雑菌がつきやすい

なので普段からメガネ拭き、クーリングクロスで乾拭きをしたまにスマホ用の液晶クリーナーを使ってアルコール除菌をするのがベストだと思います。

 

 

スマホって思った以上にあちこちで使うし、割と無神経にベタベタ触っている。

女性なら化粧がついてしまったりするかもしれない。

なのでこまめに拭き掃除、ためにアルコールがついた液晶クリーナーを使って掃除してやると

 

 

 

一つ感染経路が潰せるのでインフルエンザにならずに済むかもしれません。

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

-健康を保つには
-