社会問題 時事

ネットの意見は極端だったりおかしい物が多い理由って?⇒○○○やすいから?大切なのはバランス感覚

更新日:

ネット上の意見は極端だったりおかしいと思われるような意見も多い。

これは極端な意見の方が多くの方が反応が得られるからだ。

大切なのは多くの意見を見てバランス感覚を磨く事です。

 

 

もちろん、真っ当な意見というか的確な意見もあるけど

過激な投稿や極端な意見はバズりやすいから変な意見が多くなる。

 

いろんな意見、反応が大きいものは過激だったり、攻撃的だったり、物事の本質をついていたりします。
ただし、対立する意見がある場合は両方の意見を 見る必要があります。

 

 

 

特に政治、テレビの偏向報道やデモ活動をしている団体などがあるため

きちんと賛成派と反対派の意見を見て判断しよう。

 

 

Twitter等では必ず一次情報を抑えた上で多くの意見を見る事が大事。

 

 

過激な意見が多いのはそちらの方が反応が良いからです。

バランス感覚というか全体を見て的確な意見を出すというのは難しい上に地味な印象になる。

 

 

 

それよりも探偵ドラマのように

「犯人はお前だ!」とすっぱり切り捨てるような意見は分かりやすく、読んでいて爽快感を感じる。

正しいか正しくないかはおいといて過激な意見はある種の正しさと爽快感を感じたりする。

あくまでも個人的な印象だけどね。


スポンサーリンク

極端な意見の方がキャラが立つ

いわゆるキャラクタービジネスをしている人にありがちで

過激な意見や極端な意見を売りにしている人とかもいます。

 

 

ネットビジネスのセルフブランディングとかよく使われる手法。

人を惹きつけるために強烈なメッセージ性を出してしまう事はよくある。

SNSでは顔が見えないからこそ誰でもキャラクターに成りきれば人を惹きつける事ができる。

 

 

手法として知っていると見るたびになんかなえるけど。

 

 

匿名性が過激な意見になる。

ネットというのは仮面舞踏会のようなものでFacebookのように顔を出さなければ

自分の身分がバレたりはしない、だからこそ意見が極端になる。

どうせ、顔を合わせるわけじゃない過激な事を言っても最悪、ブロックされてアカウントを凍結くらい

 

 

と考えればいくらでもおかしな事を言える。

夫婦間での事とか会社で起きた事なんかも愚痴として遠慮なく吐き出せる。

もちろん過激な意見が正しい場合もあるし間違っている場合もある。

 

 

過激な投稿を見る時はコメント欄を見てマジメに受け止めるか無視をするか決めた方がいい。

個人的な考えだけど、過激な投稿でバズっている投稿でもコメント欄、リプ欄を見れば読む価値があるかないか分かる。

 

 

仲間内で盛り上がっている場合や同じ主義主張を持つ人たちが集っているだけの場合はあまり間に受けず

 

こういう意見もある程度に留めておくべき。

 

積極的な議論が起きているコメント欄、Twitterのスレッドなんかは問題提起された議題について議論されているから

自分の意見を書き込んだりしてもいいと思います。

 

 

下手にネットの意見に口を挟むと匿名である事をいいことにマウントを取ってくる人もいるので要注意

 

 

攻撃対象がいる

過激な意見や極端な意見というのは明確に敵がいたりします。

 

 

SNSの投稿だと例えば

  • 妻⇔夫
  • 男性⇔女性
  • 野党⇔与党
  • 保守⇒リベラル
  • 上司⇒部下
  • ファン⇔アンチ

 

 

SNSの投稿でありがちだけど、こうであってほしいという意見や

明確に敵視するようなツイートはおかしいと思う人もいるけど

 

 

 

同じ境遇にいる人にとってはヤバいお薬のように良く効く

その投稿が自分の事を言ってると感じてしまうと客観的に見ると極端な意見にも従ってしまう。

 

 

ちょっとした愚痴だったりするんだけど、ものすごい感情的な文章なので真実ではない

主観的な意見、だから極端になる。

 

 

フェミニストのツイートに対して過剰に反応してしまう女性がいるのは

今の自分、過去の自分とツイートを重ねてしまっているからです。

スポンサーリンク

世論操作したい

おかしな意見や情報にはたまに世論を操作して自分の思うように操作したいという人たちもいます。

そういう人たちはおかしいと思いつつも反論しにくいテーマを使って世の中の雰囲気を変えようとするのでやっかい

当然、反対意見が出るけど一部の人が反対しているという意見になってしまいがち。

 

 

怖いのはそういう意見に乗っかってしまうと景気が悪くなったり外国からの驚異に晒されたりと割と生活に密着するような内容だからです。

 

誰がいつどんなタイミングで発信した意見であるかが重要になる場合もある。

いい事を言っているように見えてもタイミングや誰が発信した意見かで印象は変わる。

風見鶏のようにクルクルと意見を変える人もいるのでそういう人の意見は重要視しなくてもいい。

 

 

大切なのは何時、どこで、誰が発信した情報であるかをキチンと分かっている事が大事

政治の話で言えば、選挙のために言ってるとか

誰かを批判したいがためにそういう意見を言っている場合もある。

 

 

はたまた、自分の利益のために意見を言ってるかもしれません。

Twitterなど必ずプロフィールを見た方がいいです。

プロフィールに何も書かれていないならその人の投稿を適当に見ておくとコメントしやすい

 

 

ネットの情報はバランス感覚を磨く必要がある

これは情報全般に言えるけど対立する意見がある場合は両方を見る

過激な意見は何のために投稿されたのか?

正しいか正しくないかを判断する必要がある時は誰がいつ、投稿したかを知る事が大事

 

 

賛成、反対と意見が分かれているなら時間がある時に両者の意見を精査すれば

ネットの意見はおかしい!極端だから信じられないという事にはならないと思います

ではでは(^ω^)ノシ

 

スポンサーリンク

 

選挙の雑学7記事まとめ

-社会問題 時事
-, , , , , ,