作品の感想

ゴジラ 星を喰う者 感想、ネタバレあり!評価が分かれる作品

更新日:

ゴジラ 星を喰う者を観てきたので感想をちょいちょい
この作品はかなり評価が分かれると思います。

ゴジラらしい、怪獣プロレス的なものを求める人には向いてないかもしれません。

 

 

@kesuikemayakuは面白かったと派です。

 

 

第3部は人対ゴジラじゃなくて人VS人という感じ

徹頭徹尾このアニゴジは強敵、怪獣と相対した人間たちのドラマで会ったことは間違いありません。

第3部ではそれを総括する話ではなかろうかと思う。

 

 

第3部のあらすじ

第3部はメカゴジラシティが壊滅した後の話です。

メカゴジラシティという最終兵器を失い、ゴジラに立ち向かう心が折れたハルオたちだが

そこにつけ込むように暗躍するエクシフのメトフィエス

彼にはゴジラと戦う方法があるようだが?

 

 




 

 

第3部まで見た後の印象がかなり変わる

第3部まで見て感じる事は第1部、怪獣惑星の時にあった団結が殆どない事。

むしろ壮絶な足の引っ張り合いがあるように感じる。

第1部ではハルオが作戦を立案してそれにビルサルドやエクシフも乗っかっていた

だから、上手くいっていた。

 

 

第2部からひっそりだけどエクシフがみんなの足を引っ張っていた。

第3部まで見た人間たちの印象って

 

第1部

  • 地球人・・・頼りない
  • ビルサルド・・・合理的な思考を追求する研究者のよう
  • エクシフ・・・精神的な支え

 

 

 

第3部

  • 地球人・・・しぶとい
  • ビルサルド・・・脳金(脳まで金属)
  • エクシフ・・・ヤンデレメンヘラ

 

こいつらじゃなければゴジラに勝てたんじゃなかろうか?

 

第3部まで見て第1部を見ると違った印象になるように作られていますね。

 

チート怪獣、大決戦

ゴジラVSギドラに関しては2頭共、ズルいくらい強い

ただ、ギドラの性質上、ゴジラとの戦いは噛みつき攻撃オンリーで地味だという評価。

 

 

ただ、ゴジラとギドラが全力で戦える環境だったら地球が滅ぶからストーリー的に使えない

少なくとも生き残ってる人類が死んじゃうし

ゴジラVSギドラの裏側でハルオVSメトフィエスの戦いもあったわけです。

 

 

精神的な追い詰め方をするメトフィエスに対してハルオはどう立ち向かうのかと言うのは映画を見てほしい。

ゴジラVSギドラも迫力があって個人的には好き
打撃系というよりは組み技系の試合ではありましたが@kesuikemayakuは満足しました。

 

 

メトフィエスVSハルオの戦いも面白かったというか引き込まれるけど

やっぱり解説者付きの怪獣プロレスでしょwww

 

 

ラストシーンに納得がいかない人が多い

ラストシーンはハルオが特攻を仕掛けてやられてしまうのですが

ネットの感想を読むとハルオらしくない
行動に一貫性がないのではないかという意見があって分かってないな〜と思う次第です。

 

 

ハルオが求めていたのはゴジラを倒す事ではない

 

 

第1部からゴジラを憎みながら求めていたのは地球の奪還、幸せを甘受する事。

第3部ではフツアの民と仲良く暮らせるようになりハルオの子供が産まれる予定。

春に花畑を恋人と一緒に眺めて歓談する。
そんな生活をハルオは求めていた。

 

 

 

ゴジラへの憎しみを捨てきれないけれどそれでも幸せに生きられる世界があった。

しかし、ナノメタルが復活してしまいゴジラと戦う事になる未来を危惧したハルオが幸せな人類を守る、自分の子供と愛する家族を守るために自分と兵器の消滅させる必要があった。

 

 

フツアの民にとってゴジラは怪獣じゃなくて災害

ハルオたちがナノメタルを持っている限り、フツアの民にとってゴジラは怪獣になってしまう。

 

 

ゴジラからフツアの民、他の地球人を守るために最後の戦いに挑むわけです。

 

 

ラストシーンの特攻は、僕の考察ではそんな感じ。

アニゴジは取り戻すために戦い、守るために敗北したという印象。

 

 



 

今作の不満

なんだかんだ言ってもう少し、怪獣プロレス要素があってもよかったかな?

序盤のメトフィエスが信者を増やしていく時にハルオを徐々に追い詰めようとするシーン

 

 

ゴジラプロレスを観に来た人には「いらねぇよ」と感じるかもしれませんが

ギドラを信仰するエクシフが力技で神を召喚する流れなので外せないし

会話劇が長いのも仕方ない。

 

 

ただ、もう少し怪獣に動きがあって欲しかった。

ギドラが宇宙船を攻撃した時くらいはゴジラ戦でも動いて欲しかった。

怪獣としてのあり方

今作では怪獣の定義みたいなものが考察されたいて

人類が去った後、地球に残るゴジラは怪獣だったのか?

 

 

違うただ、デカいだけの生き物に成り下がる。

みたいなセリフがあって確かにゴジラとかギドラって文明を破壊するため登場する人類の敵みたいなポジションだから怪獣なのであって

 

 

 

大自然の中で人と関わらずに生きていたら単なる生き物だよな〜

かなり共感できるというか納得してしまう。

エクシフの悪質さ

エクシフの悪質さは筆舌に尽くしがたい
味方のふりをした敵はかなりタチが悪い。

価値観の違いが第2部で退場したビルサルドよりも酷い

 

 

彼らの本質って結局は滅びを肯定するというか未来はないから全員で自殺しましょうみたいな

自分たちよりも高次元の存在に飲み込まれてしまおうという思想。

ビルサルドのように怪獣に成り代るのではなく怪獣と同化してしまうとする。

 

 

 

それだけなら全然いいのですが関係のない他人まで巻き込んでしまう。

自分の理想を目指すためなら他者を巻き込んで自爆するようなテロリストみたいな奴ら。

武器を使わずに相手の心を読んで洗脳しギドラに喰わせる悪辣さはコイツこそ敵だと感じる。

 

 

全ての話を見終わってから改めて作品を思い出すとエクシフが終始、物語をコントロールしていた。

ぶっちゃけた話、第2部でこいつらがしっかり協力していれば普通にゴジラに勝てた。

 

 

少なくともジリ貧になる事はなかった。という風に思えてしまうくらいの悪役。

まとめ

カタルシスというよりは1種のわび・さびを感じる作品。

好き嫌いは別れるというか特撮のゴジラとは逆の展開になるのが斬新。

 

 

特撮だとゴジラが海に去っていく所で終わったりするのに対して

ゴジラ 星を喰う者はゴジラが残り人間が去っていった物語。

 

 

虚淵玄らしいゴジラという感じ見終わった時の寂寥感がたまらない作品

ではでは(^ω^)ノシ

 




 

関連記事

 

ゴジラの名前の由来って? #アニゴジ

 

最強ゴジラは【ゴジラ・アース】で決まり大きさだけでも分かる #アニゴジ

 



-作品の感想
-, ,