ブログ検索

マスコミが語らない事件の情報

tppで著作権の「非親告罪」が追加!?問題点はたぶん意味がない事

tppで著作権の親告が義務付けられるとかしかし、日本の著作権事情ではマイナスの方が多い気がする。
そもそも日本はそういった2次製作の同人誌とかオリジナルの曲をニコ動で歌ってみたなど
そういうコンテンツがたくさんある。

 

 

商業用の漫画だってアンソロジーがあるしパロディーネタを描く人だっている。
そもそも同人誌を名乗る時点で原作をリスペクトした別作品だ。
盗作ではない、同人誌が売れる事で原作が売れなくなる事はない。

 

 

同人誌が売れなくなってコミケが開催できなくなるのでは?という懸念もあるが
基本的にtppの著作権、非親告罪は盗作、海賊版を駆逐する法案。

 

 

 

tppが導入される事で外国のコンテンツも手に入りやすくなる、アメコミとか日本の漫画とかが流通しやすくなる。
盗作、海賊版が横行している某国とかがあるかもしれません。

 

 

そういった国では抑止力になるかもしれませんが
日本人は盗作を許さない国なのでそもそも盗作できない。
同人誌やコスプレでtppの著作権非親告罪が適用される事はないと思う。

 

 

 

だって数が多すぎるし、同人誌は原作をリスペクトした別作品というのが日本人の一般的な感覚だ。
だからtppの著作権、非親告罪が適用されても捕まる人はかなり少ないと思う。

 

 

児童ポルノのアニメや漫画の禁止に意味がなかったように同人誌を通報する人はいないと思う。
tppの著作権、非親告罪は形骸化すると僕は思っています。

 

ではでは(^○^)ノシ

 

 

-マスコミが語らない事件の情報

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2019 All Rights Reserved.