社会問題 時事

高齢者が起こす交通事故!将来のために今できる対策

高齢者が加害者になる交通事故が最近、話題
というか定期的にその手のニュースはあります。

もう、高齢者になったら免許を返還するようにするべきなのか?

 

 

しかし、田舎に住む高齢者にとっては車は必須だと言われています。

今の段階で高齢者の免許返納が簡単な対策だと思い。

しかし、@kesuikemayakuは自分がジジイになった時に車が運転できないのは嫌です。

 

 

 

私たちがジジイになる頃にはもっと平均寿命が延びている可能性もある。

ジジイ、ババアがもっと元気な世の中になっていると思います。

なので将来に向けて高齢者の交通事故を防ぐために何が出来るかを検証しようと思う。

 


 

 

企業に投資をしよう!

車や健康分野の企業に投資するのが自分が高齢者になった時に事故を起こさない対策になる。

ぶっちゃけ車の自動運転技術や自動ブレーキの技術、車とGPSを組み合わせた技術なんかに投資すれば

人間が運転しなくても目的地につけるとか人間が誤った運転をしてもブレーキがかかるようになる。

 

 

いずれどこかの企業が開発すると思いますが
それを早めるのが資金、つまり我々が投資をすればその分、技術開発も進む。

 

 

何だかんだ言って自動ブレーキの技術が車に組み込まれるようになって事故は減っていると思います。

今は気休めかもしれませんが技術の進歩によってアクセルを全開にしていても障害物の手前で止まるシステムが生まれるかもしれません。

 

 

 

だからこそ、我々が投資をして開発を早める。

 

 

 

 

アンチエイジングの分野に投資をして平均寿命を延ばすような研究に投資をする。

少なくとも80歳くらいじゃボケない世の中にするとか

筋肉が衰えにくい器具を作るとか

 

 

 

投資を始めるには

ネット証券にアクセスして口座を開設するだけで投資は始められる。

株や社債などいろいろな金融商品があるので応援したい企業に投資すべし!

 

 

@kesuikemayakuが使っている証券会社は楽天証券ですね。

アフィリエイトやっているからいろいろ使いやすい

 

 

口座を開設するのは難しい事ではないです。

 

自動運転が可能な社会にするためには?

完全に自動で移動する車が誕生すれば
交通事故は無くなる。

基本的にお互いの車がデータを更新しながら走っていたらまずぶつかる事はないだろうし

技術的な面だけではなく社会に組み込むためには法律を変える必要も出てくるだろう。

 

 

運転を楽しみたい人と、車は人や物を運んでくれればいいという人。

両者を共存させるためにも法整備が必要になる。

なので自動運転が可能な車に興味を持っている政治家を選挙で選ぶ必要がある。

 


 

今すぐできる対策として

ガードレールなどを設置する。

暴走してもガードレールあれば大丈夫か検証する。

 

事故が起きそうな場所、過去に事故が起きた場所のデータを元に暴走車が突っ込みやすい場所にガードレールを設置する。

 

 

まとめ

高齢者が加害者の事故を無くすためには

 

  1. 操作ミスをしても車が勝手に止まるようにする。
  2. 自動運転の導入
  3. 高齢者でも元気ハツラツ
  4. ガードレールの設置など

 

技術の進歩と法律の整備は必須だろうけど

こういう対策が必要になる。

 

投資はネット証券で口座開設をすれば簡単に始められるし

法整備に関しては選挙にしっかり行きましょう。

 

 

高齢者が事故が起きると原因はなんだ!とか被害者が可愛そうとか

高齢者になったら免許証を返納すべき

なんて意見があったりしますが、根本的な解決をするためには

 

 

技術革新を進めるのが一番ではないでしょうか?

@kesuikemayakuの妄想ですが自動運転をするなら

GPSで全ての車を把握しお互いが通信しあうシステムになります。

 

 

安全面が心配になりますね。

簡単に言うとハッキングされるパニック映画みたいになるwww

 

 

話がそれましたが、高齢者が起こす事故というのは若者にとってはあすは我が身という立場を忘れてはいけない。

悲しい事故を無くすためにも「人が安全運転をする」ではなく「車が安全運転をする」世界に変わるといいな

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 


 

トップページ

-社会問題 時事
-

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.