銭ゲバ

雑記ブログの書き方とは?wordpress攻略法を伝授!

更新日:

おはこんばちわ、雑記ブロガーのけいすけ(@kesuikemayaku)です。

wordpressで作った雑記ブログで生計を立てています。

 

 

今回はwordpressによる雑記ブログの攻略法を紹介します。

 

雑記ブログというのはいろいろな内容が書かれているブログの事ですが

雑記ブログの書き方というのは意外と難しい

 

 

というのも雑記ブログを運営する上で読まれないと意味がない!

まず、日記のような記事はまず、読まれない!

ブログを読んでもらいアドセンスなどの広告を見てもらうにはそれじゃあダメ

 

ブログが読まれる方法としては

 

  • 検索される
  • SNSなどからのアクセス
  • 相互リンク・相互RSSからアクセス

3つしかありません。

 

 

更に言えばSNSの情報発信者になってブログ名やハンドルネームで有名になる!

そうするとブログ名で検索してもらえます。

ブロガーで有名なのはイケハヤさんとかはあちゅうさんなどですね。

 

 

自身をブランド化して行くという方法もありますが基本的にはgoogleやYahoo!で検索されるのが一般的

SNSから拡散される事もあります。

いろいろな人に知られ拡散する事で認知度が上がる事もある。

 

 

記事の種類

雑記ブログの種類として

  1. 日記
  2. 商品や映画のレビュー
  3. 悩み解決
  4. 雑学
  5. トレンド
  6. 季節もの
  7. 地域密着
  8. 物を売る

などいろいろあります。

 

 

雑記ブログの長所としてキーワードを気にしなければ全てがネタになります。

作った料理のレシピやSNSで話題になってる問題、テレビや新聞の批判、分析などできる事は山ほどあります。

稼ぐためには基本的には検索されるキーワードで記事を書く必要がありますが

関連記事として素人は知らないようなキーワードで記事を書くと直帰率が減るのではなかろうか?

 

 

 

雑記ブログはいろいろなキーワードで記事を書きますが狙ったキーワードを使ってアクセスアップしましょう。

 

 

つまり

  • ずっと検索される記事
  • 季節で検索される記事
  • 一瞬、検索される記事(トレンド記事)
  • 検索された記事のついでに読まれる記事
  • ついでのついでで読まれる記事(暇つぶし記事)
  • 検索された記事から商品を売る記事へ誘導

 

 

暇つぶし記事というのがSNSで受けが良かったりしますがgoogleの検索とは相性が悪い

いろいろなキーワードで記事を書いてみるしかありません。

 

スポンサーリンク

 

最初はニッチなキーワードで攻める。

最初から大きなキーワードで記事を書いてもダメ

例えばいきなり、「投資」というビックキーワードで記事を書いても上手くいきません。

というのもいろんな人、それも専門家が記事を書いているし、YMYLという縛りもあります。

 

 

 

YMYLは「Your Money or Your Life」の略でgoogleのガイドライン、将来に関わる事、幸福、健康、経済的安定などの内容は信頼できるサイトを上位表示するとのコト。

なので最初はニッチなキーワードで攻めた方がいいです。

 

 

 

「投資 株 始め方」などより細かいキーワードで記事を書きましょう。

もしくは投資の難しい専門用語を掘り下げて書いたら検索結果の上位に表示されるかもしれません。

 

 

日記的なキーワードはダメ

日記的というのは一般的なキーワードが全く入ってない記事

 

 

例えば

 

「大ちゃんと仲直りしました〜よかった」

 

これは全く検索されない記事の書き方でSNSでも受けが悪い

大ちゃんって誰やねんとか、別にどこかの夫婦が仲直りしたとか興味ないねん!

というのが多くの人が感じる想いです。

 

 

なので一般的に受けがいい、検索されやすかったり、SNSでついついクリックしたくなるタイトルをつける。

ツイッターとかで受けがいいとしたら

「これ飲んだら顔真っ赤にして怒鳴り散らしていた旦那が一瞬で笑顔になったwww」

 

 

 

google検索だったら

「旦那さんと喧嘩した時に仲直りする3つの方法」

などなど

 

 

 

日記的な内容はダメです!
あなたが芸能人であったりある程度みんなに認知されてハンドルネームやブログ名で検索されるようにならなきゃアクセスされません。

ブログ読者はあなたに興味がないから

 

 

 

雑記ブログになると、どうしても日記的な記事を書いてしまいがち

例えば今日、何を食べたとか子供が寝なくて大変とか、

日常の些細な事を内輪ネタとして記事を書くのは読者的には面白くない。

 

 

 

何の問題解決にもならない
外食したならどこで食べたのか?子育てのコツを書き連ねていく、一般化して記事を書く事が雑記ブログで失敗しないコツです。

日記的な記事はブログやハンドルネームが認知されたとかTwitterでがっつり絡んでる人向けに書くならアクセスもある。

 

 

 

@kesuikemayakuはコミュ障なのであんまり人とは絡まないんだけど

コミュケーションが得意な人はフォロワーさんとがっつり絡んでそれをネタに日記記事を書くのもあり。

 

 

 

どういう記事から書くべき?

 

雑記ブログを運営するにあたって一番、書いておくべき記事はお悩み解決記事

ちょっとした疑問や深刻な悩み、など一般的な解決法と独自の見解が書けると強い。

ずっと検索される記事を中心に書いてたまにトレンド記事を書いてみたりするといいです。

 

 

 

トレンド記事ってどうしてもニュースまとめになりがちなのでたくさん書いてもgoogleからペナルティーを受けてしまう事もあります。

検索自体も一瞬で流行が過ぎるから書いても書いてもアクセスが安定しない。

ユーザーが知りたい事、考えもしなかった事を書いていけば自ずとアクセスが集まる記事になる。

 

 

 

大切なのはユーザーの検索意図を理解する

大切なのは検索ユーザーがどんな意図で検索したかを正確に理解する事です。

どうしてgoogleにそのキーワードを入力するのか?

 

 

そこが大事。

例えばこのブログ記事では

「雑記ブログ 書き方」というキーワードで記事を書いています。

 

 

この書き方について記事で解説する必要があります。

検索ユーザーが満足するところまで書く。

 

 

記事を書くまで

一つの記事を書くまでにしなきゃいけない事は

  • キーワード選定
  • リサーチ
  • マインドマップ
  • 記事を書く

 

 

この手順が鉄板になります。

キーワード選定からリサーチ、設計図の作成をしてから記事を書く。

慣れてくればマインドマップは頭の中で書けるようになりますが、慣れてきても紙に書いた方が良い記事が書けます。

 

 

キーワード選定

ブログにアクセスが集まるかはキーワード選定にかかっています。

検索需要はあるのか?検索結果に表示されるライバルは多いのか少ないのか?

 

 

キーワードによっては1万記事がライバルになる事もあり得ます。

なるべくライバルが少なくある程度の需要がある記事を狙っていくのが雑記ブログの攻略法。

検索需要についてはgoogleのキーワードプランナーというツールを使えばどれくらい検索されたか分かる。

 

 

必ずタイトルにキーワードを入れる事がアクセスアップのコツ

 

リサーチ

検索結果、上位にある記事や知恵袋、Twitterなどでどんな事が求められているかを知る必要があります。

そしてリサーチした競合ブログに負けない記事を書く。

 

 

相手が1万文字を書いていたら1万文字以上、書いておかないとダメ

そのためにはしっかり設計図を書いておく必要がある。

 

 

検索結果上位を狙える記事を探して記事にする。

キーワードプランナーで月間検索数が100~1000くらいあるもの

更に言えば検索結果に表示されるサイト数が2万件以内。

 

 

初心者は検索数だけを意識しましょう、競合まで意識すると難易度が高くなるので

記事が書けるようになったら競合を意識すべし。

 

マインドマップ

マインドマップは紙とペンがあればできるアイデアを出す方法です。

ブログ記事を書く設計図としても使えます。

紙の中心にキーワードを書きます。

 

 

 

この記事の場合であれば[雑記ブログ 書き方]

そこから連想される事を木の枝ように書き連ねていきます。

 

 

 

これを頭が真っ白になるまで続けます。

紙とペンがなくてもスマホアプリでマインドマップアプリがあるのでいつでもどこでもマインドマップが書けます。

 

 

記事を書く

マインドマップが書けたら記事を書きます。

よく文字数は最低でも1500文字など言われますが競合ブログよりも詳しく書く必要があるので文字数はあくまでも目安です。

 

 

 

記事のテンプレートとして

 

 

  • リード文
  • 本文
  • まとめ

 

 

この3構成、本文は細かく見出しをつけたりすると読みやすいです。

リード文というのは書き出しですが
この記事ではこういう事を書いてきますよ
という宣言です。

 

 

 

ここで興味を持つか否かが分かれます。

書き出しはシンプルにテンプレートを作ってしまうくらいがちょうどいい

 

 

リード文をよりキャッチィーに仕上げるには研鑽が必要。

分かりやすいテクニックとしてリード文の中に記事の答えを書いてしまい。

 

 

本文で細かく解説していくという書き方も出来ますし

数学で言うと答えの証明をするみたいな感じですね。

答えがあって式を展開するイメージ。

 

 

 

トレンド記事で例えるなら

 

最初に

 

「私は芸能人の○○さんが嫌いになりました」

 

これが記事の結論でそこから何故嫌いなのかを書いていく事で一つの記事になる。

もしくは

 

「このプラグインを使えば○○は解決する」

 

という風に書いてプラグインの使い方を紹介するみたいな感じ。

 

 

最後に結論というかまとめ?
まとめは自由に何を書いても構わない感じです。

記事の総括した後に自由に書いても良いスペースです。

これが絶対の答えではないです。
記事の内容や物販だったらまた違う書き方をします。

 

スポンサーリンク

 

アイキャッチ画像はどうする?

サムネイル画像として使われるアイキャッチ画像ですが必ずつけた方がいい

ただし、毎回自分で画像を用意するのは大変な場合は

 

いらすとやなどの商用OKなフリー画像を使いましょう。

自前で用意する場合は日常生活であらかじめ写真を撮りためてストックしておきましょう。

 

 

風景や食べ物の写真などは使いまわしが利くので便利。

 

余裕があるなら画像を加工したり、イラストを書いてもいいけど、余程好きじゃないと続かないので

最初はフリー素材や写メを軽く加工したりする程度でOK

 

 

カテゴリを決める時に

特化ブログの場合は書く内容によってカテゴリーは決まってしまう。

例えばレシピのサイトであればレシピ、基礎知識、雑学など

 

 

 

雑記ブログのカテゴリーはその人の得意分野が反映される。

なのであらかじめ自分の得意分野を洗い出してカテゴリーにする。

 

 

 

例えば、今頑張っている事や趣味、人に負けない知識を持っているジャンル

興味のあるジャンルを書き出してカテゴリーにしてしまう。

 

 

自分の頭の中身を品出ししていきます。
マインドマップを使って自分の得意分野や書きたい事を書いていきましょう。

 

 

カテゴリーに入らないジャンルは未分類にしておいてタグをつけておく。

All in One SEOにはタグを効率よく貼る機能もあります。

なので同じタグがたくさんついたらインポートから【カテゴリーとタグの変換ツール】でタグをカテゴリーにする。

 

 

 

スマホのwordpressアプリを入れておく

スマホにワードプレスの記事投稿アプリをインストールしておきましょう。

人って怠けるのが上手いから何となくパソコンの前に行きたくない。

理由はないけど、ブログ記事が書けない時ってあると思います。

 

 

しかし、スマホでブログ更新する事ができるようになるとスキマ時間で400文字くらい書こうかな?

みたいな気分になる。

 

 

 

雑記ブログみたいにいろんな記事を生産していくブログとスマホは相性がいい

検索されるキーワードで記事を書く必要があるんだけど

そのキーワードを見つけたのが電車の中とか街を歩いてきて聞こえてきた言葉

 

 

雑談で登場した素朴な疑問だったりします。

咄嗟にメモ帳とペンを出すのは難しいからスマホでメモしたり写メしたりしておく

 

 

 

そのままキーワードとして使えると思ったらタイトルにキーワードだけ入れて下書き保存しておくのもあり。

iPhoneなら音声入力機能もあって手が離せない時でも声で文章が書けるからすごく便利。

 

 

ワードプレスのアプリをインストールしたらURLとログインID、パスワードがあればブログを登録してすぐに始められますよ。

 

 

収益化はどうすべき?

収益化するにはブログにキャッシュポイントを置く必要がある。

例えば、

 

  • アドセンスなどのクリック型広告
  • ASPで成果報酬型のアフィリエイトをする。
  • Kindleなどの電子書籍
  • noteなど有料note
  • 仕事の依頼フォーム
  • 画像販売サイトへ誘導
  • 音楽や動画の販売
  • ハンドメイド作品の物販
  • 無料オファー
  • 仮想通貨のマイニング

 

やろうと思えばいろいろな事ができます。

アクセスが集まりブログやハンドルネームが認知されてくれば

阿漕な商売しなきゃ手ひどい失敗はないと思います。

 

 

雑記ブログだから特化ブログみたいにターゲットを狙い打ち

購買意欲の高い読者だけを集める事はできないからアクセスアップは必須だけど

裏を返せばアクセスさえ集めればそこそこ収入になる。

 

キャッシュポイントの設置場所は

  • サイドバー
  • 記事内
  • 記事の後
  • グローバルメニュー

 

こんな感じですね。

 

広告の貼り過ぎやリンクの貼り過ぎは要注意

ウザくならないようにバランスを取るべし。

 

 

またアドセンスと成果報酬型のアフィリエイトは混在していてもいいけど

物を売ろうとしている記事でアフィリエイトやアドセンスは入れない。

無料オファーのような記事はアドセンスと一緒にしない

 

 

仮想通貨のマイニングはアフィリエイトやアドセンスと相性が悪いのでマイニングをする時は

プライバシーポリシーにマイニングする事を書いてアフィリエイトなどと混ぜないようにしましょう。

 

 

 

際どいネタで記事を書こうとしているならサイドバーにアドセンスの記事をおかない

表示させないようにするのも忘れないようにしましょう。

 

 

 

アドセンスの審査については別の記事で書いたのでそちらを読んでください。

 

アドセンスの審査を確実に突破する方法

 

ASPについててはこちらの記事を参照してください

 

アフィリエイトで使えるASP、登録は無料

 

 

100記事、ブログを書けばアクセスがそこそこもらえるというのは幻想

100記事書いたからと言ってアクセスが集まって収入もそこそこになる。

・・・・わけではない。

 

 

というのもブログのアクセスが伸びるかはGoogleの評価しだい

狙ったキーワードで検索結果上位に入らないと意味がない

100記事書いても上位表示されるのは10記事なんて事もあり得るし

 

 

逆に狙ったキーワードで4割上位表示が取れる実力のあるブロガーやブログであれば

100記事の意味が違ってきます。

 

全くの0から始めてTwitterなどSNSのブーストも弱い状態だと100記事書いてもアクセスが集まらない可能性はある。

大切なのはしっかりキーワード選定をして読者を納得させるコンテンツを作っていく事が大事になります。

 

 

リライトは定期的に

3ヶ月~半年後に自分の書いた記事を読み直すと未熟さが目立ったり

新たにわかった事などがある場合はリライトします。

より完成度の高い記事を生産していく事でブログの評価が高くなる。

 

 

 

アイキャッチ画像など余裕があるなら本格的なものにしてもいいと思う。

 

リライトは読みやすく改行したり、新たな情報を追加したりしましょう。

 

 

改行について

改行は最低でも2行空ける

 

文字をブロック単位で管理しましょう。

大体4~1行の範囲で

 

改行はこんな感じ

  • 4行の文章
  • 2行改行
  • 2行の文章
  • 2行改行
  • 3行の文章
  • 4行の改行
  • 1行の文章
  • 4行の改行

 

 

 

 

改行を上手く使うと伝えたい事が強調できる!!

 

 

 

まとめ

雑記ブログを書くときは

  • 自分の中身を品出しする。
  • 記事を書く前にキーワード選定⇒マインドマップで設計図を作る
  • アイキャッチは必ずつける、商用フリーの画像サイトを使えばOK
  • 日記的な記事はブログ自体が有名になってから
  • 検索されるかSNSでバズるか

 

2019年現在、自分が意識して記事を書いてる事をまとめたら意外と長くなってしまった。

 

改めて自分のやってる事を形にすると意外と難しい事をやってる気がします。

ではでは(^ω^)ノシ

 

スポンサーリンク

-銭ゲバ
-, ,