法律とは簡単に解説

種苗法改正案はなんのために?柴崎コウさんも誤解してたけどあれは盗っ人対策

種苗法改正案(しゅびょうほうかいせいあん)についていろいろ誤解があるようなので簡単に説明したいと思います。

はっきり言って法案を全部しっかり読み込んで反対する人間は売国奴です。

 

 

法案を読み込めば何の問題もない、逆に反対する人の神経を心配するレベル。

 

 

 

女優の柴崎コウさんが
「自家採取禁止。このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます。これは、他人事ではありません。自分たちの食卓に直結することです」

 

 

 

確かに自家採取禁止となると非常に問題だけど果たして真実なのか?

一律禁止なんて阿呆な法改正なら農家の人が黙ってない

農家の人が静観してる時点でなんの問題もない。

 

 

 

 

 


登録した優良品種の保護が目的

[農水省のHP]で解説されていますが登録品種の自家採取禁止なのです。

つまり、新しく品種改良した野菜や果物を外国で勝手に栽培するのを防ぐための法案。

未然に防ぐためにも必要だし、流出してもしっかりロイヤリティを取るための対策ですね。

 

 

そうしないと日本の農家さんが報われない。

 

 

登録した品種は日本の法律で守られる、国際的な手続きもやってくれるだろうし

ピンとこない方は著作権法違反と同じだと考えてもらえば分かりやすい。

新たに作った物をパクるのは法律違反なので裁判で争ったら確実に罰金取れるわけです。

 

 

 

野菜とか果物は種を植えれば取り敢えず同じ果物や野菜が取れる。

トマトの種はトマトになるし、苺の種は苺になる。

 

 

 

植えて育てるだけなら特別な技術は必要ない。

家庭菜園であっても土の状態や適切な水やり、肥料などで同じ物が育つわけです。

 

 

 

しかも種は小さいし、臭いもない。

そして麻薬なんかと違って外国に持ち込んでも罰せられない事が多い。

 

 

 


イチゴとかサツマイモが盗まれてる。

法改正が必要な背景としてイチゴとかサツマイモが韓国に盗まれたからです。

イチゴに関して日本政府は輸入禁止とロイヤリティの請求をしたのですが

韓国は日本産のイチゴを掛け合わせる事で新たな品種「雪香(ソルヒャン)」を作ってロイヤリティを回避したという訳の分からない事になっています。

 

 

 

韓国のイチゴがベトナムなんかではプレミアムフルーツ扱い。

農水省は「220億円の損失」になったと試算している。

サツマイモも糖蜜サツマイモとかいって日本品種の紅はるかの苗を盗んで勝手に売ってるわけです。

植物の種ではありませんが2018年に和牛の受精卵が盗まれそうになっていたりします。

 

 

 

これは中国だそうです。

日本の高級フルーツや野菜、畜産物は狙われています。

これに対抗するための法律が種苗法改正なのです。

 

 

 

これに反対する政治家がいたら売国奴です。

Twitterを調べると反対している人はリベラルな方々で安倍政権批判を繰り返すような人が多い。

柴崎コウさんの記事を共産党のアカウントが称賛していたりと明らかに売国したい人たちが群がっていました。

 

 

 

農家さんの負担が〜とか外国に日本の農業を売り渡すのか!みたいな話になるけど

法律が改正されたら手続きは農協でやるんじゃないかと

日本で農家さんが品種改良したら農協で登録手続きをして終了みたいな話だと思います。

 

 

 

殆どが一般品種になるわけだから農家の負担はどう考えても増えない。

新しい品種を育てたい場合もきちんと品種改良した人にロイヤリティを払えば作れるわけだし

知的財産を守るためには当然の話。

 

 

 

種苗法改正に反対する人は韓国や中国に種や苗を盗まれた方がいいと考えているのだろうか?

 

 

 

まとめ

種苗法改正は海外への不正な流出を防ぐための法案。

日本の作物が盗まれて海外で栽培されないように仮に栽培されたとしてもきちんと罰金なり

ロイヤリティが取れるようにする法律です。

 

 

ちなみに日本の法律が海外で適用されるかと言えば例外的に適用されるようですよ

 

 

何にせよ種苗を守らなきゃせっかくのTPPが意味ないし

日本の果物や野菜は日本国内で殆どが消費されている。

なので海外へのビジネスチャンスがかなりある中で種苗が盗まれるのは目も当てられない。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

この記事もおすすめ

TPP参加国一覧 日本は大丈夫?不安になるかもしんないけど大丈夫?2015年10月06日 TPP大筋合意

 

 

【2018/8/14】言論の自由を語りたい日本第一党!ヘイトスピーチ規制の最前線!川崎での出来事

 

 

 


 

 

 

 

 

 

トップページ

-法律とは簡単に解説
-

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.