ブログ検索

ブログ検索

仕事のやり方を変えるヒント

立ち仕事で疲れないコツとは?

更新日:

立ち仕事で疲れないコツは?

立ち仕事をしてると足がジンジンと痺れるような感じになったり足を動かすのも億劫になってしまう。

立ち仕事で疲れないコツを紹介します。

 

足が疲れないようにするには

  • 足を動かす
  • 靴はクッション性のあるものにする
  • クッション性のあるインソールを靴に入れる
  • ストレッチをしたり軽くジャンプする。
  • 足にサポーターをつける
  • 疲れない姿勢を保つ
  • 休憩時間やトイレ休憩の時に座る
まちゃこ
一つ一つは当たり前のようなコツだと思うんだけど?
けいすけ
全部を試す必要はないと思うけど、何個か組み合わせると疲れない、疲れにくくなると思うよ
まちゃこ
どれが重要だと思う
けいすけ
俺は足を動かす、ストレッチ、疲れない姿勢を保つ、座るが大事だと思う。

 

 

脚を動かす

少しでも足を休ませるために足をたまに動かす
ずっと脚を固定していると体重を常に支えているので疲れやすい

足の位置を変えたり、腿上げをして地面から凄い離すだけでもだいぶ違う。

 

足への荷重を一瞬でも無くしてやったりすると大分違う。

ずっと足を動かさないよりも定期的に足の位置を変えてやるといい

 

人によっては立ちっぱなしよりも同じ時間、歩いた方が疲れないって人もいる。

立っているだけだと足のポンプ機能が十全に使えないから疲労物質を効率よく血流に乗せられないためです。

 

まちゃこ
つまり足のポンプ機能を使えるようにした方がいいの?
けいすけ
そういう事、俺みたいなデブはむしろ歩いた方が疲れない
まちゃこ
デブって歩くと膝に負担が・・・・あんた鍛えてるんだっけ?
けいすけ
スクワット100回余裕ですよ
まちゃこ
疲れないためにはこまめに足踏みとかした方がいいのかしら?
けいすけ
そうだね。
まちゃこ
足の筋肉を動かす事が重要なのね
けいすけ
ほんの少しだけでも違ってくるよ

靴はクッション性のあるものにする

スニーカーには踵の部分にエアクッションがついている靴があります。

そういうクッション性のある靴を履くと足が疲れにくくなる。

 

 

営業マンとかは革靴を履かなきゃいけない
スーツにスニーカーは合わないからね

靴が特に指定されていないならエアクッションのついたスニーカーを履きましょう。

まちゃこ
基本よね!
けいすけ
スニーカーでかかとにクッションがついているタイプを選びましょう。
まちゃこ
衝撃を吸収してくれるから楽なのよね。
けいすけ
靴底が固い靴って疲れやすいもんな

 

 

 

クッション性のあるインソールを靴に入れる

インソール、中敷きを追加して足を守る。

革靴や安全靴なんかはクッション性がないのでインソールで足を守ってやる必要がある。

特に安全靴はオーソドックスなタイプだと足への負担が大きいからインソールは必須になるんじゃなかろうか?

 

まちゃこ
革靴とかだとめっちゃ足の裏が痛くなったりするわよね
けいすけ
工場とかだと安全靴を履くのが義務になる事が多いからインソールを入れないと疲れやすい
まちゃこ
固い靴を履いてる時はインソールを入れた方が楽よね
けいすけ
100円ショップで売ってるようなのでも入れておくと違う.

ストレッチをしたり軽くジャンプする。

ヒマな時間に軽くストレッチしたりジャンプする。

仕事の合間、ちょっとだけできる空白の時間に軽くストレッチ

 

 

膝を屈伸したり、腰を伸ばしたりすると体が楽になる。

太ももの裏側とかをじっくり伸ばしてやると気持ちいい。

まちゃこ
屈伸したりするって事
けいすけ
ずっと立っていると、どうしても体が強張るから定期的にほぐしてやる必要があるんだ
まちゃこ
太ももとかふくらはぎを?
けいすけ
後は腰なんかも伸ばすといいかもね

 

 

足にサポーターをつける

足につけるサポーターが楽天とかAmazonで売ってるからそれを使うのも手

 

サポーターは土踏まずを補助してくれるから足本来が持つクッションを保ってくれる。

 

値段も高くないからおすすめ

 

 

まちゃこ
サポーターってどの部位にもあるのね
けいすけ
足というかふくらはぎのサポーター
まちゃこ
つければ確実に楽になるのかしら?
けいすけ
それは個人差があるんじゃない?ふくらはぎが発達してるような人には効果がないかもだけどあんまりふくらはぎが発達していない人なんかは効果抜群だろうし

疲れない姿勢を保つ

長時間、疲れない姿勢を保つ事が大切

動画を見て専門家の説明を聞いたのでまとめます。

 

正しい立ち方をするポイントは骨盤の位置です。

骨盤を落としてしまうとお腹が出て腰のくびれもなくなってしまいます。

逆に腰を反らしすぎもよくない、

 

正しい立ち方は恥骨を少し下に動かし、腰、背骨に少しカーブができる位置を保つ

股関節、膝、足首が一直線になるように立つ

10本の足の指が真っ直ぐ前を向くようにします。

 

膝・踵・股関節が楽な状態にする、ピンと膝を伸ばしてしまうとお尻が出るか、腹が出る。

股関節、膝、踵をゆるめてが一直線になるようにするのがポイント

 

 

 

足裏の重心はくるぶしの下に体重をかける。

つま先やかかとに体重をかけると立ち続けるのに太ももとかふくらはぎに力を入れる必要がある。

 

くるぶしの下に体重をかけるというのは意外と難しい。

少しでもズレると筋肉に力が入る。
ちょっと動くだけでも崩れてしまうので訓練が必要かも?

 

胸は軽く張る、顔はまっすぐ前を向く

基準は指で鉄砲を作り、親指が鎖骨の高さにある時に人差し指がアゴに当たる高さくらい。

 

 

その高さになると視線がまっすぐよりもやや高めになる。

 

足は肩幅くらいに開いておくと尚良し

大切なのは体に力が余計な力が入らない姿勢を取るのがベスト。

 

  • 重心はくるぶしの下
  • 腰は反り過ぎ、丸め過ぎない
  • 顔はまっすぐ前を向く、

 

まちゃこ
無駄な力が入った姿勢がダメなのね
けいすけ
無駄な力が入ってるから疲れてしまう
まちゃこ
正しい姿勢は楽な姿勢って事ね。
けいすけ
体のパーツを一番、疲れない位置に持っていくわけだからね

休憩時間やトイレ休憩の時に座る

休憩時間やトイレに行った時は必ず座る。

10分休憩、5分休憩の間に少し座っているだけでも足への負担はかなり減ります。

自分のペースで仕事ができるなら、こまめに座る時間を確保すべき

 

まちゃこ
これって工場のLラインとかだと無理じゃない?
けいすけ
流れ作業とかだと難しいかもしれないけど、自分のペースで仕事ができるなら座る時間を増やすべき
まちゃこ
トイレの便座に座るだけでも大分違うって事
けいすけ
足を重力から開放してやると少しの時間でも回復するよ

まとめ

いますぐできるのは足を動かす、ストレッチ、疲れない姿勢を保つ、座るだと思います。

明日からできる方法なので是非、お試しあれ

 

他の人が書いてるブログで同僚の目を盗んでストレッチをみたいな事を書かれている方がいますが

職場にもよりますが屈伸やジャンプを許さないような職場ってなかなかないと思いますけどね

 

こちらの記事もおすすめ

立ちっぱなしだとカロリーはどれくらい消費するの?計算方法を調べてみた。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

 

-仕事のやり方を変えるヒント
-,