生物の雑学

暑いと蚊がいない!?35℃を超えると活動できないというのにお前らときたら

蚊はある程度の気温になると活動せずに休むそうです。

( ´-`).。oO()そう言えば2018年8月現在、まだ蚊に刺されていない。

こんなに暑いのに蚊がいないというのは30うん年、生きてきて初めて

7月~8月になれば必ずと言ってもいいくらい蚊に刺されてきた。

 

 

夏と言えば虫刺されと言っても過言ではなかろう。

夏祭りの時、気がついたら脚がものすごく痒かったりしましたが今年は全然そんな事がない。

やはり異常な暑さが原因か?

 

 

蚊の活動できる気温は31℃まで

 

蚊が血を吸ったり活発に動くのは26℃から31℃の間

35℃を超えると葉っぱの裏とかに隠れて休んでいるらしい。

 

蚊の活動できる気温は?

  • 蚊は気温が15度以上で吸血を始める
  • 26℃〜31℃が一番活発になる。
  • 35℃というのはその範囲外でさすがに暑くて身動きが取れない。 物陰とか落ち葉の裏に身を潜めている。

 

 

 

35℃と言うと直射日光を1〜2時間ずっと浴びていると熱中症になりそうな気温ではあるんだけど 蚊は35℃では活動しない

という事は蚊が活動する時期がズレたりしそう。

 

むしろ避暑地の方が蚊は活発に動いてそうな感じです。

東京とか都会は秋に蚊が発生して田舎の涼しい地域は例年通りとなったら地域によって蚊の活動時期が変わるって事になる。

温暖化の影響がじわじわ来てる気がする。

 

 

更に気温が上がって40℃くらいになると蚊は死んでしまいます。

温暖化の影響で蚊が絶滅する可能性は大いにあり得る気がする。

 

まちゃこ
蚊も休んでいるというのにお前らときたら
けいすけ
未だに根性論を振りかざすよね
まちゃこ
蚊が7月~8月に多かったのって気温がちょうど良かったって事なのね
けいすけ
26℃~31℃は昔の夏って気温だよね、今は26℃って涼しくて快適な気温って認識だけど

 

蚊が活動する期間は?

蚊の活動する期間は4~11月なんだけど

真夏が35℃を超えるとなると初夏とか秋に蚊が猛威を振るう感じになるんじゃなかろうか

秋はもっと爽やかであって欲しいんだけどな~

 

まちゃこ
思ったよりも長いのね。
けいすけ
寒くなると家の押入れとかに身を隠して冬を乗り切るらしい、屋外だと洞窟に身を隠すらしいよ
まちゃこ
意外と暖かい時期が長いから蚊も長く活動しているわよね
けいすけ
これが温暖化の影響ってやつか

 

 

蚊の寿命はどれくらい

 

蚊の寿命は メスで42〜56日、 オスで10日 メスが血を吸って栄養補給をしている。

卵を産むために血の栄養が必要という事らしい。

オスは10日で寿命を終える。

 

 

 

オスの扱いが本当、交尾するためだけに存在してるよな。

メスの方が寿命は長い、多分確実に卵を産むためなんだろうけど

まとめ

35℃を超えると蚊は活動できなくなり、40℃辺になると死んでしまう。

蚊がいなくてある意味、快適・・・・なんですが屋外で活動するのは殆ど無理

暑いというかうっかり熱中症対策しないで外に出たら死ぬレベル。

 

蚊が動けなくなる気温でも活動できる人間、思ってた以上に環境の変化に強いのかもしれません。

個人的な感想を言えば蚊が35℃の気温で動けなくなるというのは意外

 

 

もっとタフなイメージがありました。

熱帯夜に耳元で羽音を鳴らす憎らしいイメージしかありませんが

暑さで動けなくなってしまうと思うと弱っちい生き物に思えてきます。

 

 

虫の構造なんてある意味、環境に完全適応してる気がするからその範囲を超えると死ぬんじゃなかろうか?

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメントやTwitterでリプいただけると心の中でリンボーダンスを踊るくらい喜びます。

 

ではでは(^ω^)ノシ

この記事もおすすめ

暖房の26度と冷房の26度の違い!!

 

アマビエって謎の妖怪がTwiterで流行っているけど何者?

 

 

 

-生物の雑学
-,

© 2020 トリビアとノウハウノート