健康を保つには

新型コロナウイルスが何故、中国でアウトブレイクしたのか?

2020年1月に新型コロナウイルスが中国でアウトブレイクを起こしたのか?

世界中で感染は確認出来ているけれど、中国、武漢市のような絶望的な状況になっていない

 

 

これには明確な理由があるはず、日本でも新型コロナウイルスに感染した人はいるけど

きちんとした治療をして快復している人もいる。

 

 

もしかしたら新型コロナウイルスのパンデミックは未然に防げてたのではないだろうか?

素人なので病気の事は分からない、しかし中国以外の外国を見るとそこまで深刻な状況になってない。

 

 

 
 

 

情報開示が遅い

インターネットで検索してニュースを漁っていて感じたのは情報開示の遅さが原因ではないだろうか?

 

新型コロナウイルスの最初の患者さんは

 

引用

周先旺市長 12月27日に最初の症例が見つかりました。追跡すると最初の患者は12月12日に入院しました。

 

情報開示がされたのが1月20日だそうです。

中国の国家衛生健康委員会が発表しました。

 

 

 

裏を返せばそれまで何の情報開示もされていない。

なので武漢市の人々は新型コロナウイルスに対して無防備だったのではないだろうか?

 

 

日本の場合、新種のウイルスに限らず、病気が流行しそうになったら注意喚起をします。

インフルエンザしかり、ノロウイルスしかりです。

 

 

手洗いをしましょう、マスクをつけましょう。生モノには気をつけましょう。

などなど、予防方法を国民に教える事でかなり人数が救える。

 

 

武漢肺炎ウイルス(新型コロナウイルス)の場合は海鮮市場で売ってる野生動物の肉を食べないようにという注意喚起や原因が分かったら

即座に販売を中止させればよかった。

 

 


 

世界でパンデミックが起こらない理由

中国と世界の違いは簡単に言ってしまえば情報共有が早い。

中国で新型コロナウイルスが流行しているのはもちろん知ってるし、ウイルスを保菌してたのが武漢市の海鮮市場で販売されていたコウモリとかヘビが原因だってのも知ってる。

ワクチンや特効薬がなくても対症療法で治る事も知ってる。

 

 

 

その条件下で中国人を入国させなかったり、発症した人を迅速に病院へ運び、治療する。

中国の場合は感染した人が感染に気づかずに行動していたり、野生動物からの感染だというに対策しなかった。

 

 

素早く情報開示をして対策を取ったから各国、パンデミックになってない。

 

 

日本で何故、感染が広がらないのか?

日本でも新型コロナウイルスの感染者は出ています。

しかし、しっかりと対策をしています。

一部、なんで武漢市、中国人の入国拒否とかの対策をしないのか?

 

 

 

サーモグラフィーだけでノーチェックじゃないか!

という批判もあるけど、日本ではパンデミックにならない。

 

 

 

発症した人を速やかに入院させているというのもありますが

日本の公衆衛生が非常にきれいでインフルエンザ対策をしている人も多い。

手洗い、うがい、マスク、メガネ、をして咳をしている人の半径2mには近づかないなどの予防法も知っている。

 

 

 

 

まとめ

何故、中国で新型コロナウイルスがパンデミックしたか?

それは中国共産党が情報収集をして情報開示をしなかったからです。

早く知っていればみんながマスクをつけ手洗いをしてジビエを食べるのを控えたはずです。

 

 

 

シンプルな話、国民の一人一人がきちんと予防対策をしていればある程度、防げた。

日本はもちろん、各国もきちんと対応しているからパンデミックしないわけです。

 

 

 

正確な情報を取って適切な行動をする事が大切、無闇矢鱈と怯えるのはダメ。

きちんとした判断をすれば殆ど、感染拡大しないんじゃなかろうか。

ちなみに新型コロナウイルスで死亡した中国人の平均年齢79歳で普通の肺炎でも高齢者が死亡する可能性が高い事もあって

 

 

妥当な数字になっている。

過渡に怯える必要はないけど、きちんと対策しましょう。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

こちらの記事もおすすめ

表現の自由は中国にはない!日本と比較すれば一目瞭然

 

 




 

 

 

 

新型コロナウイルスに関するお医者さんの動画

 

 

 

 

 

-健康を保つには
-,

© 2020 トリビアとノウハウノート