オススメ商品

【通販】フィギュアを自作!原型の材料はsdwaxで決まりだ

自作フィギュアの材料

SDWAX楽天
↓↓↓  こちら ↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SDW-002 SDWAX プレートタイプ2個( グリーン)
価格:2178円(税込、送料別) (2021/5/21時点)

楽天で購入

 

 

 

フィギュアを作って見たいと思う方は多いと思います。

でも、粘土とかパテとかスカルピーは難しそう!

実際、粘土とかでコネたり盛ったりして造形物を作ったり彫刻みたいに削ったり彫ったりして作るのは失敗が取り返せない場合が怖い。

 

 

 

僕も昔、銀粘土でアクセサリーを作ってた時期があったけど粘土って乾くともろくなるし崩れやすい。

一度崩れると修正が辛い

そこで出会ったのがワックス。

 

 

 

ワックスは削って形を作る。
失敗しても熱を加えて溶けたワックスを盛ることができる。

失敗したら盛っていけばいい。
低コストで自分の納得が行く形を作れる。

 

 

 

削るのもデザインナイフとカッターナイフがあれば削れる。

盛るのも半田ごてで十分。

専用のワックスペンも売ってたりしますがお試しなら半田ごてとかライターで針を炙って使ってもok

 

 

 

ロストワックスにもハードワックスとかソフトワックスがあるけど一番使いやすいのがSDWAXだろう。

ハードワックス硬いので力を入れても割れない安心感があっていいのですが。

ハードワックスとソフトワックスの中間にあるワックスがSDWAXということです。

 

 

御徒町の鋳造屋さんに行けば現型とゴム型に加工してもらえるから大量生産もできる

 

 

ハンドメイドしてメルカリとかで販売したい人にとってはすごく便利

 

粘土とかだと乾燥したりするから使いづらいけど

 

削りやすくて盛りやすいSDWAXは革命的な素材。

 

 

サクサク削れる

他のワックスと違うのはとにかく手頃な硬さで買ったナイフでサクサク削れる。

一般的なワックスはデザインナイフとかで削りにくいというか慣れないと扱いにくい硬さ。

 

sdwaxはカッターの刃がすっと入っていく、なので思い通りに削れるから

力の入れすぎてで指を怪我したり削りすぎてしまう事が少なくなる。

 

加工が楽というのは大きな美点。

 

ドリルで穴を開けたり整えたりするのも簡単。

 

糸鋸で簡単に切り出せるし鉄の定規やデザインナイフで鉋のように薄く削る事も出来る。

スパチュラなどで加工しやすいので模様を彫ったりするのも楽ちん

 

 

ベンジンをティッシュペーパーにつけて磨けば簡単につるつるになる。

他のワックスだとヤスリで磨いたりしないといけないから結構、手間がかかる。

 

ワックスペンでの加工もしやすい

熱で溶けやすく型に溶けたワックスを流し込むのも簡単にできる。

ワックスの盛り付けもやりやすい

ワックスペンをちょんとつけてワックスをペン先につけて素早く盛り付けていく作業もやりやすい

 

 

模様を描いたり字を書いたりが簡単にできるし、失敗したところの穴埋めなんかもすぐに出来る。

 

割れてしまったワックス同士をくっつけるのもワックスを溶かしてつければすぐです。

 

 

 

 

自作フィギュアの材料

SDWAX楽天
↓↓↓  こちら ↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SDW-002 SDWAX プレートタイプ2個( グリーン)
価格:2178円(税込、送料別) (2021/5/21時点)

楽天で購入

 

 

 

-オススメ商品
-,

© 2021 トリビアとノウハウノート