仕事のやり方を変えるヒント

内定辞退をする内定長者と内定のもらえない大学生の違いは?

更新日:

とにかく内定がもらえる大学生と

何社も面接を受けても内定がもらえない大学生がいる。

両者に大きな差はない

なのに何故か?

 

 

 




 

第一印象が大事

 

それは第一印象だと思う。
人は第一印象で判断するもの。

そいつがどんなに性格が悪くても
第一印象が良けれ合格してしまう。

 

 

 

例え、両者が同じ受け答えをしてもだ。

清潔感があってハキハキと気持ちのいい受け答え

一緒に仕事しやすそうな印象になる。

 

 

 

ポイントは清潔感

内定をもらえるかもらえないか?

 

その違いは見た目の清潔さと誠実さ

オシャレとは違う要素で
爪はちゃんと切ってあるか?

 

 

 

シャツにアイロンがかかっているか?

革靴は磨かれているか?
髪は整っているか?

 

 

などなどそれらを総合して

無意識に判断されるのが第一印象

また、ちゃんと目を見て話しているか?

笑顔が作れるか?

 

 

そういう部分が内定が取れる人ととれない人の違いだ

ささいなことなので普段から意識しておけば第一印象の良い人になれますよ。

 

 



 

清潔感が重要!な理由

人間、外見は大事です。

顔の造形とかスタイルではなくきちんとお風呂に入ってるか

服装に気を使っているか?

 

そういった部分、最低限の身だしなみをきちんとしないと

仕事ができるとか性格がよい以前の問題になります。

 

 

不潔である、不潔に見えるというのはそれだけで大きなマイナス。

例えば、ホームレスを雇いたいとは思わない

それは何故か?外見が不潔だからです。

 

 

風呂に入ってないから臭いし、服はボロボロ

というホームレスの人に近づきたくないと人は思います。

 

不潔というのは本能的に人間は嫌います。

みんなスーツを着て同じような格好をしていても清潔感が足りないのはNG

むしろ、同じような服装をしているから比較されるという。

 

 

きちんとスーツをクリーニングしてパリッとしたYシャツを着ていればOK

なのでそこは意識しましょう。

 

 

内定をもらったらその中で吟味できる!

 

そして内定をたくさんもらった内定長者さんも安心してはいけない

どの企業で働くかは慎重に決めないといけない。

 

 

自分の興味がある分野に勤めるのはもちろんだけど

将来設計がちゃんと組めるかが基本になる。

少なくとも、10年は働けると思う会社を選ぶべきだ

 

 

ブラック企業なんかに勤めると
最初の会社を2〜3年で退職することになるかもしれない。

そうならないためにも将来性のある企業が望ましい。

 

 

内定長者の大学生は贅沢な悩みであるとはいえ

そこはキチンと考えるべき。
10年後はどうしていたいか?

 

 

そこをしっかりイメージできないと
仕事なんて選べない。

 

 

まとめ

 

まあ、いろいろ書いてしまったが
今の世の中、大学卒業して就職した
会社に一生いられるわけじゃない。

 

 

会社の倒産や突然のリストラがありえないわけじゃない。

そう思って、気を楽にして就職活動すれば

いい結果がでるかもね

ではでは(^○^)ノシ

 




 

授業中に寝ない方法! 9つのポイントとは大学生編

 



 

 

-仕事のやり方を変えるヒント
-